teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:17/414 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ペタンクルールを解剖する(63)

 投稿者:Dr.ペッタンコ  投稿日:2019年10月 9日(水)19時19分47秒
  通報 返信・引用 編集済
  解剖所見 番外④  「第2条、第2条の2」について考える。

日本選手権に参加された皆様、本当にご苦労様でした。参加さえ出来ない私から見ると、素晴らしいの一言です。 さて、ルールに戻りますと、

ご存じの通り、2条はボールに対する規定です。

第2条 [公認ボールの特性]
第1項 ペタンクは、国際ペタンク・プロバンサル連盟(F.I.P.J.P)が公認した、次の規格に適合するボールであること。(1号~3号は、ボールの規格にて省略)
4号 鉛も砂も詰めてはならない。公認の製造業者による加工後は、ボールに変造、変形、変容を施してはならない。製造業者が定めた硬度を変えるため焼きなましする事を、堅く禁じる。ただし、ボールの製造規格書に従い、選手の姓や名(またはイニシャル)、同じく多様なロゴや略号を刻むことはできる

第2条の2 [不適格ボールに対する罰則]
1項 前条第4号の規定に違反選手は、そのチーム(1人または複数)とともに、直ちに大会失格となる

ボールを、変造する人が日本に居るのか?と思いますが、もしかするとペタンクが盛んな国では、優勝賞金が相当な額になり、勝つために変造をするのかも知れませんね。(想像の話しです)

でも、[ルールハンドブック]の2条関係解説で、ペタンクのボールには、競技用レジャー用の2種類があり大会と銘打った時は、レジャー用を使用できないとあります
また、ボールを永年使用すると製造者のマークや重量の刻印がすり減って、確認できなくなるとか、刻印された重量を下回ることも有るので注意が必要と書いています。国内でAランクの試合では、この辺りがチェックされることも有るのでは無いかと、推察するばかりです。
(出る技量が無い、残念)

刻印が、全て判別出来ないくらいの摩耗したボールは、上ランクの試合では使用できません。重量は、刻印の重量値との差が15g以内であれば、使用できます。(下位ランクでは、そこまで厳しく言っておりませんが、ルールとして有ることは知っておきたいと思います。)

次回は、「ビュット」について考えてみたいと思います。

隣のオヤジが命名したペッタンコこと、エキップ西川所属 C級審判員 友保信行です。ご意見は、ここ掲示板か(wi2004_2@po9.oninet.ne.jp)まで

追伸  兵庫 新村 様、「11月のプロムナードは参加します。V2狙い!」と言う事は、昨年は[V]ですか!! なんと・・・そんな強豪チームに勝てたのは、あのときラッキーだったと言うほか有りませんね。プロムナードでは同じ組になりませんように!

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:17/414 《前のページ | 次のページ》
/414