teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:22/414 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ペタンクルールを解剖する(61)

 投稿者:Dr.ペッタンコ  投稿日:2019年10月 6日(日)16時50分42秒
  通報 返信・引用
   解剖所見 番外③  「投球時の仲間が立つ位置」について考える。

この件は、解剖所見その29で書いた事に関係しますが、29では主に相手チームの待機姿勢についてでした。

今回は、投球者の仲間チームの位置について、少々苦言を呈したいと思います。

私達も各地方大会に参戦していますが、Eランク以下の大会で時々見かけるのが、仲間が投球するときに残りの選手が投球者の後ろに控えている事が有ります。

この待機位置は、ダブルスの時にはちょっとマズイと思うのです。ビュットの近くには相手チームのみの場合、実際は入ったのに「もうちょっと」と声かけされるかも知れません。(相手チームのマナー違反ですが・・)

投球者の仲間は、コート内のどの位置に居ても構いませんが、投げたボールが停止したときに「はいった!とか、惜しいもう少し!と、確認をし声かけして意思疎通をするべきと思います。

投球者が、一々確認に行くのも一つの方法です。「ここに投げたら、ここで止まったのか」と、投球後の確認も必要な事ですが、見ているとあまり頓着無く相手チームの「もう少し」を聞き、続いて投球される事が多いです。

もう少しチームワークを発揮して、「この試合、勝つぞ!の雰囲気を出してほしいと思う事が有ります。(要らぬ世話でした。済みません。)

次回は「第2条、第2条の2」を考えてみたいと思います。

隣のオヤジが命名したペッタンコこと、エキップ西川所属 C級審判員 友保信行です。ご意見は、ここ掲示板か(wi2004_2@po9.oninet.ne.jp)まで。

追伸 日本選手権の結果が出ました。岡山県勢の女子は「岡山県Cが、Best4」  男子は「岡山県Bが、Best8」です。素晴らしいですね!!
 
 
》記事一覧表示

新着順:22/414 《前のページ | 次のページ》
/414