teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:32/414 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ペタンクルールを解剖する(51)

 投稿者:Dr.ペッタンコ  投稿日:2019年 9月18日(水)21時04分11秒
  通報 返信・引用 編集済
  解剖所見その51  「仲間がトイレに行って不在」について考える。

試合開始の合図があったのに、チームの仲間がトイレに行っていて揃わない」とか、「試合中に腹調子が悪くなり、試合を抜けてトイレに駆け込む」ことは、時々発生します。

第32条6項で、「・・、いかなる場合も選手の不在が試合の進行を妨げてはならず、同チームの選手は、規定の時間内でボールを投球する義務を負う。・・」と、規定されています。

午後の開始時間を確認せず、「なんか、始まるらしいよ」と仲間に言われ「ちょっとトイレに行ってくるわ」とこの時間にトイレに行く事は、スポーツマンシップ上好ましい事では有りません。たとえ地方大会でも、大会は真剣勝負です。時間管理はしっかりとしたいものです

早めに指定コートで待っていたチームは、相手チームに「選手が揃わなくても始められるので、(第32条5項選手の揃わないチームは、不在選手を待つ事無く試合を始める事が出来る。ただし、不在選手のボールを使用する事は出来ない」を持ち出されて)ビュット権を決めコート取りをして、試合開始の合図と共に始めましょう」と、言ってくるかも分かりません。

この場合、不在選手が居るチームは考えます。{トイレに行った仲間は、小用と言っていた。試合開始の合図から考えて、5分を超える事は無いはず}との事で、「済みません、少し待って下さい」と相手チームにお願いしましょう。

もしも、トイレに行った仲間が「昼食に食べた物が良くなかったみたい」と言った場合、長引く場合が有り、考え所です。通常の地方大会では、時間制限が掛けられる事が多く、第32条3項により「・・、コートに居ないチームには罰則が課され、5分に1点が与えられる」事になり、同条5項(上記の通り)を持ち出される事が有ります。

この場合、5分に1点を覚悟するか、試合を始めるかの判断をしなければ成りません。ダブルスの場合、3個対6個で1メーヌを戦うのは何々無理があります。(第33条1項で「メーヌ開始後に不在選手が到着した場合、進行中のメーヌには参加する事が出来ない」により)不在選手を待たず始めたメーヌには、「遅くなりました」と遅れてきた選手は、そのメーヌには参加できないため、相手チームに得点を許す事となります。10分遅れで2点を差し上げるか、3 : 6球の試合で何点差し上げるかの判断が必要ですね。

とにもかくにも、試合開始時間は常に注意して、試合前に用は済ませておく必要が有ります。特に冬場の試合では、トイレが近くなりがちなので、試合の合間に充分済ませておき、試合の流れを乱さない事が重要となります。

次回は「悪質な言動」について考えたいと思います。

隣のオヤジが命名したペッタンコこと、エキップ西川所属 C級審判員 友保信行です。ご意見は、ここ掲示板か(wi2004_2@po9.oninet.ne.jp)まで。

添付データは、「どうするの(40)(41)」です。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:32/414 《前のページ | 次のページ》
/414