teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/381 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ペタンクルールを解剖する(46)

 投稿者:Dr.ペッタンコ  投稿日:2019年 9月 3日(火)19時46分53秒
  通報 返信・引用 編集済
  昨日、NHKのキョエちゃんに「お前のバーカ」と言われそうな事が有りました。携帯電話が行方不明、警察に届けて方々を探す1日でした。
今は携帯の位置情報の確認ができる事を知り、契約会社に探して貰ったところ、「基地局から1㎞の範囲(自宅か車庫当たり)で反応」と返事有り。妻と話している時に、1週間程前に呼出音を変更した事に気づき、再度慎重に呼出しながら家中を探したところ、クローゼットの中のズボンのポケットから、振動音が聞こえました。
 たった1週間前の行動も「記憶にござんせん」状態です。ましてや、とてもややこしい「ペタンク競技規則」の全てを、記憶しておく事は私にはできません。よって、[こんなときどうする]の携帯用小冊子を作りました。(PRになってしまうかな?)

解剖所見その46  「計測時の付着物除去」について考える。

降雨の大会で、相手チームの投球した球に泥が付いて止まった。 最終投球で自チームの投球がきわどい距離になったので、計測を始めたら「その計測は、良くない!」と言われた

第30条では、「ボールまたはビュットに付着したものは、得点の計測を行う前に取り除かなければならない。」となっており

ペタンクだよりNo.52]の(22)では、「ボールまたはビュットの付着物を取り除かずに計測したとき」は、イエローカード対象となると有ります。

雨天以外の試合では、付着物が付くという環境ではありませんが、時として指の怪我などで、キズテープを貼っていて、それがボールに移りそのまま投げるというアクシデントがありますが、これは16条6項イエローカード対象となっており、投球者の意識の問題です。

雨天の大会では、ボールに泥が付着します。投げる前に洗ってウエスで拭き投球しますが、着地したテランの状況により泥まみれになる事が有ります。 この状態で計測しようにも、30条の条文から一度取り上げ洗浄・ぬぐいをしなければ成りません。
 一目瞭然なら、両チームが納得し次メーヌに移れますが、際どい場合は審判員を呼び、計測を任せましょう。(無理をすると、次メーヌに響きます。)

次回は「抗議の仕方」について考えたいと思います。

隣のオヤジが命名したペッタンコこと、エキップ西川所属 C級審判員 友保信行です。ご意見は、ここ掲示板か(wi2004_2@po9.oninet.ne.jp)まで。

添付データは、「どうするの(37)」です。(どの画像も、クリックすると大きくなります。)

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:6/381 《前のページ | 次のページ》
/381