teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/381 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ペタンクルールを解剖する(43)

 投稿者:Dr.ペッタンコ  投稿日:2019年 8月27日(火)13時53分25秒
  通報 返信・引用
  解剖所見その43  「メーヌ終了時の確認」について考える。

時間制限の試合で、両チームが投げ終えたとき終了時間直前だった。自チームは僅かに自玉が近いと思っており、「1点ですね?」というと相手も「そうですね!」と言い、お互いビュットを投げれば次メーヌに入れるとばかりに、玉を取り上げ次のメーヌに入ろうとしたら、あれ、私達にビュット権が有るのに!」と両チームが言った。両チーム共、自分のチームの玉が近いと思い込んでいたらしい。

これは、私達が経験したことです。ばかげた話しですが、確認時に「私達がまたは、貴方チームが」と言っていれば、起こらなかった事です。

この後の処理は、前回に書いた第27条2項により、双方が「この球が得点球だ」と確定計測せず、どちらのチームも取り上げているので、無効球になってしまいます。マークも無く際どい位置ですので、元に戻すにしても、どちらも譲りません。と言う事で、このメーヌはドローとなります。
(この時の私達の終了処理は、1点のポイントだったので私達が「自分達も計測をせず終わったのだから、我慢しよう」と言う事で相手に1点進呈しました。)

急いでいても、双方が納得する得点の確認をしましょう。後の試合に響くことが有りますから。

次回は「計測でビュットまたは、ボールを動かした」について考えたいと思います。

隣のオヤジが命名したペッタンコこと、エキップ西川所属 C級審判員 友保信行です。ご意見は、ここ掲示板か(wi2004_2@po9.oninet.ne.jp)まで。

添付データは、「どうするの(34)」です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/381 《前のページ | 次のページ》
/381