teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:10/370 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ペタンクルールを解剖する(34)

 投稿者:Dr.ペッタンコ  投稿日:2019年 8月 4日(日)19時27分19秒
  通報 返信・引用
  解剖所見その34  「投球時間や計測のルール」について考える

投球順になり、一投目を終わっても味方チームから「入った!」の声が無いので、二投目を投げた。次に、相手チームが、最終投球してメーヌ終了した。計測の結果、自分の一投目が得点球だった

前回の所見(33)の通り、第21条1項で、投球をして次の投球まで1分の時間(大会により、その時間を短縮される事は有るが)を与えられています。

この事例では、投球後に「あそこに落として何故入らなかった?」とか考えて、ビュットの近くに行って「入ってない?」と仲間に聞いていません。仲間も「入ったまたはもう少しだ!」の回答をしていません。(何となく、チームプレーが出来ていないようですね

投球後に際どい場合は、チームで寄って「次の投球は、どうしよう」と、作戦をねる時間は充分有るので、実践したい。

時々、「順番を間違えたから、このボールは無効」などと言われることが有りますが、この選手の記憶が間違っており、「ビュットとの遠近を誤り、近いチームが投げてしまった場合は、投球違反とは見なさないので、投げられたボールは全て有効となります。この場合、気付いた時点で正しい投球順に戻します。」と、[ルールハンドブック]の52頁の上から9行に記述されています。

また、うっかりして「うちは投球を終わりました」と言って、相手チームが投球を終了して、球数を数えたら11球で「1球足りない」と言われ、「済みません、コートの外に置いていたのを、うっかり忘れていました」となりますが、この球も無効球には成りません。上記と同じく、投球順を間違えたので、最後に投げます。(恥ずかしいことですので、投球が済んだら直ぐ残りボールを持って、待機したい

試合をスムースに進めるのが当たり前ですが、投球結果を見に行くこと、際どければ計測を許されているので、「投げたら、1分ルールを利用」しましょう。

次回は「移動中にボールを蹴った」について考えたいと思います。

隣のオヤジが命名したペッタンコこと、エキップ西川所属 C級審判員 友保信行です。ご意見は、ここ掲示板か(wi2004_2@po9.oninet.ne.jp)まで。

添付データは、「どうするの(26)」です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/370 《前のページ | 次のページ》
/370