teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:11/370 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ペタンクルールを解剖する(33)

 投稿者:Dr.ペッタンコ  投稿日:2019年 8月 2日(金)20時04分3秒
  通報 返信・引用
  解剖所見その33  「ボールの投球時間」について考える。

第21条には、
1項 ビュットの投球後、ボールを投げる時間を1分以内とする。この時間は、ビュットまたは直前に投げられたボールが停止してから計られ、得点の計測が行われた場合は、計測の終了時から計られる。」

2項同様の規定がビュットの投球についても適用される。」と有ります。

この主旨は、競技途中の無駄な時間を省き、試合を時間内に終わらせて、両チームが納得をすることを、目指しているからに他なりません。(もう少し時間が有ったら逆転できたのに!と言う様な言葉をよく聞きますが、この事を解消する目的だと思います)

3項 この規則に違反した場合、第35条罰則が適用される」とあり、

第35条1項1号 には
警告イエローカード
投球時間の違反に対するイエローカードは、違反した選手のチーム全員にも適用される。既にイエローカードを受けている選手は、そのメーヌで1球無効とされる。もし、投げるボールがない場合は、次のメーヌで投げるボールを1球無効とされる。と決められています。

ペタンクだよりNo.52」には、 [イエローカード対象 ★チーム全員に与えられる違反]として、「投球時間の違反に対するイエローカードは、違反した選手のチーム全選手にも適用される。」として、各種の違反状態をどう判定するかについて、5頁に説明が有ります。case1~case5 まで有りますが、覚えきれません。「どうする25」 に書いています。(クリックすると大きくなります)

試合には駆け引きが有りますが、「この点差なら、メーヌを引き延ばしたら、勝てるかも?」との考えで、投球時間を引き延ばすことは、スポーツマンシップに反します。正々堂々相手に挑みたいと思います。

次回は「投球時間や計測のルール」について考えたいと思います。

隣のオヤジが命名したペッタンコこと、エキップ西川所属 C級審判員 友保信行です。ご意見は、ここ掲示板か(wi2004_2@po9.oninet.ne.jp)まで。

添付データは、「どうするの(24)(25)」です。クリックすると拡大します
 
 
》記事一覧表示

新着順:11/370 《前のページ | 次のページ》
/370