teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:85/414 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ペタンクルールを解剖する⑬

 投稿者:Dr.ペッタンコ  投稿日:2019年 6月29日(土)20時03分52秒
  通報 返信・引用
  解剖所見その13  [ビュットの投球時間]について考える。

得点表に間違った記入をして、モタモタしていると、相手チームから「早くビュットを投げないとルール違反」と言われてしまった。

第7条7項では、「ビュットを投げる権利を得たチームは、ビュットを1分以内に投げなければならない。」と有ります。

ペタンクだよりNo.52]のイエローカード対象行為から
ビュットを1分以内に投げなかったときは、イエローカード対象になります。

メーヌが終了(計測が終わり、両チームが納得)したときから1分以内に権利を得たチームは、サークルを描きビュットを投げなくてはなりません。ダブルスの場合、一人が投球準備中に他の選手がポイントを書きに行き、「あれ、何点だっけ? ちょっとー! あんたーこっち来て」とか何とかで、得点記入に時間を取られてしまうと、1分は直ぐ無くなってしまいます

まずは投球担当選手がサークルを描き、チームの好きな投球目標地点にもう一人の選手が立ち、ビュットが投げられたら直ぐにマークして、その足で得点を書きに行く役とボールを投げる役に分かれれば、1分以内に済みます。(ビュットが止まったときから、ボールの投球1分計測が始まります。)

大会に出るときは、得点表の書き方等について理解しておくと、モタモタせずに済みます。スコアカードの記入方法は、「ルールハンドブック」の112頁の「6 スコアカードとして解説されています。参照下さい。

次回は、「投げたビュットが止められた」について考えてみたいと思います。

このメールアドレス(wi2004_2@po9.oninet.ne.jp)に、良い・悪い・違うなど、何んなりとご連絡下さい。ご返答なり訂正をしたいと思います。(Drペッタンコこと友保信行

添付データは、「どうするの⑩」の画面と「ルールハンドブック」です。是非手元に置いて、確認して下さい
 
 
》記事一覧表示

新着順:85/414 《前のページ | 次のページ》
/414