投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(97)
  2. 「論文・詳細スレッド」(61)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


羊毛 様

 投稿者:鎌倉市Uenoメール  投稿日:2019年 3月10日(日)22時48分26秒
  こんばんは。

O中央病院放射線治療センターは、私が行った日も混んでたことが多かったですが、それほど待たされることなくスムースでした。予約時間が毎回早い時間帯だったこともあると思います。

放射線治療の説明の内容は、先ず放射線治療にはこんな方法がありますよ、そして貴方の進行期や悪性度ならこの治療法がよいのでは、、、といった話の流れです。基本的には最初は我々がネットで調べれば分かる内容です。そして自身の分からないことや不安に思うことに対して詳しく丁寧に話をしてくれます。その時には小腺源治療で使うチップ(実物)も見せて頂きました。

私の場合は、O中央病院に初めて行った時にはほぼSBRT に決めて伺ったので、SBRT については特に詳しく聞きましたし、その質問に丁寧に答えて頂きました。
羊毛 様が聞きたいことを伝えれば、その事に関しても詳しく答えてくれるはずです。

それと当センターは確かに外照射(IMRT)によるSBRT に対応しているので、特に忙しい人は身体や病院に行く負担が少ないこの治療を選ぶのだと思います。勿論、小腺源の施術例もありますが、当センターのHPに載っているようにSBRT の約3分の1ですね。当センターの小腺源に関する技術的なところは、すみませんが私には全く分かりません。
 

flyfisher様

 投稿者:鎌倉市Uenoメール  投稿日:2019年 3月10日(日)21時33分52秒
編集済
  こんばんは。

私はSBRT の治療を終了したのが2/26なので、明日で2週間になるというところです。
副作用はだいぶ和らいできた感じですが、頻尿と残尿感はもう少し時間が掛かりそうに感じているところです。特に仕事で外に出ている時は、近くにトイレがないと不安になります。
 

眞 様

 投稿者:鎌倉市Uenoメール  投稿日:2019年 3月10日(日)21時23分36秒
  こんばんは。
今回も参考になる投稿を頂き有難うございます。

はい、ホルモン療法始めることにしました。私の場合はSBRT の効果はかなりあるというO中央病院の先生の見解ですが、ホルモン治療をすることによって僅かながらでも更に効果があると言うお話だったので、やらないよりも…と思い決めました。
S会YN病院には今後1回/月のペースで通院し、採血と診察をする予定です。今後のPSA値の推移で使う薬を変えていくものと思われます。
期間は、先ず3ヶ月をめどにカソデックスを始めていきましょうとの事でした。

眞 様は2014年を境にPSA値が一気に下がってますね。治療方法を変えた等による変化でしょうか?

眞様をはじめホルモン治療をされてきた方々の経験を参考にしながら、私も根治を目指していきたいと思います。
 

Uenoさん&まーさん

 投稿者:羊毛  投稿日:2019年 3月10日(日)01時40分55秒
  Uenoさん

わざわざありがとうございます。そこまですぐでなくても大丈夫です。ありがとうございます。


まーさん

不安ですよね。私も生検前は不安でした。不安なのでネットでいろいろ調べたり。

そうだ、生検前に遅い初詣に行ったのですが、そこで凶を引いてしまったもんですから、プチパニック。普段買わない御守りをついつい
買ってしまいました(笑)。カミさんの冷静さが頼もしく思えました。

PSAが高いのは前立腺肥大とか前立腺炎とか体質とかあるかもしれませんから、運を天に任せて受けられたらよいと思います。

私は生検前に比べたら何故か癌告知の時は意外に冷静でした。先生の説明もだいたいネットで調べたような内容だったし。でもこれでもし転移があったらショックかもしれないですね。
 

返信遅くなりすみません

 投稿者:鎌倉市Uenoメール  投稿日:2019年 3月 9日(土)23時15分58秒
  こんばんは。
私宛に投稿いただいているのに、なかなか返信せずにすみません。時間的に不規則な仕事をしてますもので。
順次返信させて頂きますよで、よろしくお願い致します。
 

自己紹介&Uenoさんへ

 投稿者:羊毛  投稿日:2019年 3月 9日(土)22時23分15秒
  みなさん、こんにちは。
まずはちょっと自己紹介というか、私の状況を書きます。

2018/11 健診にてPSA測定、4.4。要再検査の指示。
2019/01 PSA再検査、4.2。若いこともあり(51歳)生検を勧められる。
2019/02 MRI検査。特に影は無し。
2019/02 2泊3日で生検。経会陰式、下半身腰椎麻酔。
2019/03 生検結果説明。12本中1本に見つかる。GS7(4+3)。即日CT撮影。

来週に骨シンチの予定です。今は治療方法(小線源に傾いてます)と病院の検討(今の所はほぼ手術しかやってないので)をしています。


というところで、鎌倉市Uenoさんにお聞きしたいのですが。

O中央病院で一通り各種放射線治療の説明を受けたとのことですが、小線源について先生は何か言ってたでしょうか?

実はO中央病院は私のところからも行きやすいので、ちょっと気になっています。HPには待ち時間がほとんどないと書いてあったように思いますし、ちょっと魅力的。有名どころは半年待ちもあるとかネット情報(患者のブログとかです)にも書いてあったりするので。半年くらい待っても前立腺癌は進行したりしないのかもしれませんが、精神的につらいものがあります。ただ、O中央病院はやはり外照射に力を入れてる印象があって小線源はどうなのかな、と思ったりもします。

他にはT医療センターか(混んでそう)、S会YT病院(Uenoさんのとは多分別)も考えています。どちらもSpaceOAR使ってるし(使えるものは使いたい)。O病院は使ってないとのことですが。
 

うえのさん

 投稿者:flyfisherメール  投稿日:2019年 3月 9日(土)19時38分27秒
  Tamaki です。

治療後~1か月に出た副作用の程度は、普通の日常生活に支障をきたすようなもの
でしたでしょうか?
 

ホルモン治療後のPSA推移

 投稿者:  投稿日:2019年 3月 9日(土)08時05分49秒
  鎌倉市Ueno さん
詳細なSBRT治療体験の投稿ありがとうございます。

結局、ホルモン治療はされるのですね。予定の期間は書かれていませんが、短期(4ヵ月~6ヵ月)だろうと推察します。

私の場合はホルモン治療の期間は6ヵ月半で最初一か月はカソデックス、その後はゾラデックスでした。
開始後4ヵ月でPSAは0.022、6ヵ月半で0.006 となりました。
http://flot.blue.coocan.jp/cure/psa.html

藤野氏の著書、『前立腺ガン最善医療のすすめ』に書かれている
低リスク群と中リスク群の患者でホルモン療法が6ヶ月以内にPSAが0.2未満になる患者、高反応群にはいることに安堵しました。

その後調べ、以下の記事を書きました。
http://flot.blue.coocan.jp/cure/horm.html

紹介した論文には以下のように書かれています。
「Gleasonスコア7以下,治療前 PSA値20ng/ml以下,nadir PSAへの到達期間が6ヵ月以内,の3つの条件を満たす症例(グループA)では,10年癌特異生存率が99.0%であり,CAB療法を行った症例では10年経過しても前立腺癌で死亡する症例を認めなかった。」

nadir 最下点

ただし、この金沢大学の並木氏、溝上氏の知見は一次治療としてホルモン治療を選択した限局がん患者に対するものであることに注意する必要があります。

転移している場合については以下のブログ記事を書きました。
http://inves.seesaa.net/article/463917299.html

奈良県立医科大 泌尿器科の冨岡厚志氏を筆頭著者とする論文を紹介しました。

結論にはこう書かれています。

「Nadir PSAとPADTからNadirまでの期間は、転移性前立腺癌患者のコホートにおいて、CRPCと全生存期間の両方に影響を及ぼす要因であった。より低いNadir PSAレベルおよびより長いPADTからNadirまでの時間は生存および進行にとって良好であった。」


PADT: primary androgen deprivation therapy 第一のアンドロゲン除去療法
CRPC: castration resistant prostate cancer 去勢抵抗性前立腺がん

http://inves.seesaa.net/

 

SBRT …終了しました

 投稿者:鎌倉市Uenoメール  投稿日:2019年 3月 8日(金)00時58分51秒
編集済
  O中央病院放射線治療センターにて SBRT を受けてきました。今後この治療を検討される方々に何かの参考になればと思い、経過をお話しいたします。

○1/24? 予約
S会某病院にO中央病院での放射線治療 希望を伝え、その場で初診予約して頂く。紹介状等は郵送。

○1/31 初診(T先生)
1)各種放射線治療について説明頂き、予定通りSBRTを選択。私の場合も5日間照射でした。
2)治療計画をたてる為、MRIとCT検査を受けることとなる。この日は空いていたMRIを受けました。
3)5日間の治療時、同じ体勢になるよう患者に合わせた固定具(膝から下)を作成。治療が終了するまで使います。
4)気になっていたハイドロゲルスペーサーについては、当病院の技師の技術が優れているので必要ないとのお話があり、私もそれを受け入れました。

○2/12 10:00~ CT検査
1)SBRT による治療時と同じ流れ同じ体勢でCTを撮ります。次の流れで行いました。
→前日就寝前に下剤(ピコスルファートナトリウム内容液0.75%)を服用→当日朝、自宅と病院到着時に排便排尿(タイミングは個人差が出ると思います)→受付後、担当技師の声掛けで排尿後に水分300cc摂取→45分後に治療室へ→技師の指示に従い治療台に乗り、前回作成した固定具に足を入れ、身体全体の位置の調整を行う→CT撮影
2)正確に同じ部位に治療するため皮膚に印をつけます。私は3箇所でした。
※ 撮影前いかに排便排尿をしっかり行い、その後一定量の水分を摂取することにより、前立腺の位置を毎回同じにすることが、正確に照射するためのポイントのようです。

○2/20~2/26(土日を除く) 治療
1)前記したCT検査と同じ流れで、照射装置の治療台に乗ります。
2)技師2名で身体の位置の調整。技師が退室後に装置が一度回転 後に、治療台が自動で1cm程度動く時があります。その時の前立腺の位置を画像で確認し、正確に照射するための微調整と思われます。
3)治療室にいる時間は約30~40分程度です。
4)治療初日と最終日にはT先生の診察があり、その場で確認したいこと等を聞くことができます。そのほかの日でも相談は可能とのことでした。安心に繋がりました。
5)照射線量 36.25Gy (7.25Gy×5日)
6)副作用 :
排尿症状→照射3日目から軽い頻尿。照射終了後は頻尿、尿がでづらい、尿が出る時の尿道が締めつけられてるような軽い痛み、切迫感。
排便症状→排便の回数が増えた。通常1~2回/日が多い日は3~4回/日。
7)今後のホルモン療法について
私の場合グレーゾーンとのこと。今回のSBRT による治療効果が85とすれば、ホルモン療法をやっても90になるかどうかという微妙なお話でした。
であればホルモン治療を受けないより受けた方が良いと判断し、3/1よりカソデックスを飲み始めています。
よって、放射線治療の効果(PSA値の推移)は分かりづらくなりますが。

○3/7 照射終了1週間後の定期診察
先に述べた副作用の症状を報告。症状の内容や強さは想定内との事で、あと1週間程度で症状は軽くなるそうです。次の診察は3ヶ月後ですが、その間に何かあれば診察は可能です。

長くなりましたが、以上が今日までの経緯です。

私の場合2つの病院にかかるのも大変なので、当初O中央病院への転院も考えましたが、偶然主治医の先生同士が面識あるとのこと。情報も共有して頂けるので、このままの状態で治療を進めることに致しました。
カソデックスはS会某病院で処方して頂きました。今後はS会某病院のほうでホルモン治療と月1回ペースでの診察及びPSA値の確認をしていく予定です。
 

便失禁

 投稿者:ランナー  投稿日:2019年 3月 7日(木)21時13分17秒
  過去3回の便失禁の内、少なくとも2回はジムでランニング&ウォーキングをして
いる時です。ランニングをしている時に、小さいガスが出たりしますが、たぶん、
その時に便失禁しているのではないかと思います。残りの1回は、記憶が不鮮明な
のですが、ジムに到着してロッカー室で着替えている時に便臭がしたので、パンツ
を見たら便が付いていたということですね。

毎日、朝食後は必ず便を出してジムに行っています。朝食後の排便は習慣になっていま
す。朝は、コーヒー1、2杯にトースト2枚の日が多いです。コーヒーを飲んでいるだ
けでも便意は催してくることが度々あります。

3月5日、消化器内科の先生からは、直腸内を焼くこともできますと言われましたが、
これまでどうり、3か月分の座薬を選択しました。

本日は、アカデミー賞作品賞を受賞した「グリーンブック」をなんばで観て来ました。
この10年間で一番心に残る作品でした。
 

psaが上がった

 投稿者:まーさんメール  投稿日:2019年 3月 7日(木)20時19分25秒
  初めまして
PSAが10カ月前は4・25でした
今回は5.0になりました。
今度は?RIと針生検します
不安でたまりません
 

ランナーさん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2019年 3月 7日(木)16時46分2秒
  便失禁については 検索すると色々な原因が載っています。
便失禁は ジムにいる時だけですか?
朝食後に排便をする習慣はありますか?
排便の時間は訓練で調整出来ます。
ジムで運動をする前に 排便を習慣づけると良いかもしれませんね。
 

SBRTにおけるホルモン治療開始時期

 投稿者:  投稿日:2019年 3月 7日(木)09時49分38秒
編集済
  鎌倉市Ueno さんは2019年 2月18日の投稿SBRTの治療を2月20日から開始し2月26日に終了予定でSBRTをO中央病院で受けると書かれていました。
その後のホルモン治療のことを書かれそのことに関して私は投稿しました。
SBRT治療は無事終えられたのでしょうか。ホルモン治療は開始されたのでしょうか。

今日投稿しましたのは2018年 6月 6日のよしぼうさんの投稿を私の掲示板の投稿の整理の際、みいだしましたので若干蒸し返しとなりますが、投稿します。
よしぼうさんは以下のように書かれています。

「5月23,24,25日+28,29日(土日休み)の5日間のSBRTが終了しました。23日からはホルモン治療も開始しました。某中央病院です。」

某中央病院がO中央病院と同じがどうかわかりませんが、照射前にホルモン治療を開始ということではなく、照射と同時に開始ということだったようです。
病院によってやり方があるということでしょう。

http://inves.seesaa.net/

 

便漏れ

 投稿者:ランナー  投稿日:2019年 3月 6日(水)16時16分17秒
  本日、午前中にランニングマシーンを使ってウォーキング&ランニングをして
いたところ、突然、大便の臭いがかすかにしてきました。

ロッカー室に戻ると、やはり、便の臭いが。ランニングパンツを脱いで、パンツの臭い
を嗅いだら、においました。急いで、トイレに駆け込み、トイレットペーパーでおしりを
拭いたら、便が大量に付いていました。

放射線治療をしたのが2013年ですので、今回で3回目の便漏れを体験したことに
なります。便漏れはいつかは治るでしょうか???
 

受診

 投稿者:ランナー  投稿日:2019年 3月 5日(火)22時02分12秒
編集済
  前回、消化器内科を受診してから3カ月が経ちましたので、本日、受診してきました。
この3か月間は便失禁は一度も有りませんでした。便を出した時は、いつも確認
するわけではありませんが、この3か月間で5回ぐらい血便が有りました。
今回も3か月分の座薬をもらいました。あと、私はいぼ痔が有り、毎夜、布団の中で
肛門が痒くなって掻いてしまうので、この分もペンタサ坐剤を3か月分もらいました。

自分としては、二つのいぼ痔を手術して取り除きたいと思っているのですが、手術する
こともないでしょうとの返事。

来月は、半年ぶり、泌尿器科&放射線科の受診です。

ジムでは、3月から、30分間のウォーキング&ランニング距離を4キロ越えに設定し、
毎回、達成しています。それまでは、30分間で3.8キロぐらいまででした。
今年に入って、2キロ痩せ。今年中に70キロ突破を絶対に実現させたいです。

水泳も、今までは、25メートル泳いでは休憩したり、ウォーキングしたりしていましたが、
クロール&平泳ぎは一気に50メートル泳いで休憩することにしました。水中でも、体が
温まっていく実感が有ります。
 

べるぼさん

 投稿者:flyfisherメール  投稿日:2019年 3月 5日(火)21時19分16秒
  べるぼさん

情報ありがとうございます。
参考になります。
 

fliyfisherさん

 投稿者:べるぼメール  投稿日:2019年 3月 4日(月)13時13分58秒
   もう一つ思い出しました。 急性になると思いますが、
5回の照射中、3回目か4回目に2時間の畜尿に耐えら
れなかった話は書きましたが、多分膀胱が尿意に対して
過敏になり何かのきっかけで耐えられなくなったと思い
ます。それ以後確かに過敏気味ですかね。でもだんだんと
収まったと思います。

べるぼ
 

flyfisherさん

 投稿者:べるぼメール  投稿日:2019年 3月 3日(日)20時21分13秒
  はい、小生の場合はゲルスペーサーはありませんでしたので、
X線照射のために腸と膀胱の状態を決めるための処置です。
浣腸で便を出した後は、そこから2時間の蓄尿でした。

浣腸は肛門に管を入れますが下手だとなかなか入りません。
看護婦さんだとすっと入りました。素人がマゴマゴしていると
肛門付近を無駄に突いたりしますので、それで痛くなります。
ちゃんと入りますと後は便を出すだけで、不快なことはなかった
と記憶しています。

急性の障害は特になかったように思います。 頻尿とかはありませ
んでした。むしろホルモン治療でその副作用がありました。
 

SBRT

 投稿者:flyfisherメール  投稿日:2019年 3月 3日(日)12時11分22秒
編集済
  べるぼさんへ

私もT病院のY医師とコンタクトしてここの病院に決めたのですが、ここで浣腸の事を書かれてましたが、それはスペーサー挿入前のものでなく、SBRTの5回照射の前に行う大腸洗浄のための浣腸でしょうか? またそのためのつらさが書かれてましたが、浣腸後の腹痛、不快感によるつらさをいわれてるのでしょうか? 教えてください。
また照射後の初期後遺症はいかでしたでしょうか?

 

(無題)

 投稿者:さかな  投稿日:2019年 3月 1日(金)16時28分13秒
  これ
http://zyukuzyoderi.livedoor.blog/archives/14857156.html
 

Re: 新刊「前立腺がん」の紹介

 投稿者:  投稿日:2019年 3月 1日(金)07時49分41秒
編集済
  ひげの父さんの2019年1月20日の投稿により赤倉功一郎『前立腺がん』主婦の友社の改訂版がでたことを教えていただき、早速旧版と2冊図書館より借り出しました。
新版(2019年版)を一読したところ、そんなに変わっていないなという印象だったのでどこが変わったのか読み比べてみようと思いました。
とはいってもそのまま手にとることもなく、貸出期限到達の間近になって確認し、一昨日ブログに記事を書きました。
赤倉功一郎『前立腺がん』 2019年版

違いを網羅したつもりですが、抜けている部分も多分あるでしょう。
ブログ記事にGoogle の試し読みを両版ともリンクしましたが、読んでいただくと分かりますが試し読みができる40ページまででは統計のデータに基づく以外の違いは2か所です。

赤倉功一郎『前立腺がん』については上記のブログを書く前にサイト、ブログに書いています。
http://flot.blue.coocan.jp/cure/Akakura.html
http://inves.seesaa.net/article/441445683.html

今回、最新の情報で改訂されたのはよかったと思います。アパルタミドも申請中ということで記述されています。コンパクトに纏まったページレイアウトも工夫され分かりやすく構成された良書が改訂され情報が新しくなり新たな読者の元に届くのはとてもいいことです。

残念ながら保険適用になったSBRT、所定点数に増加加算(1回の線量が2.5Gy以上)となった寡分割照射に関する記述はありません。
もっとも、高リスクに対する小線源、外照射、ホルモン療法の3者併用療法の記述もありませんので、特別な照射に基づく治療は書かれてないのでしょう。

サイトの前立腺がん 赤倉氏の本では「前立腺がんの情報を調べるときの注意点」、「病院選びの目安」から引用しました。今回再読して興味ひかれたのはP.51「主治医にこれだけは聞いておこう」(新版で特に変更なし)です。
以下に引用します。

    ・今の体の状態や検査結果について
    ・どのくらい進行しているか、病期は? 悪性度は?
    ・どのような治療の選択があるか
    ・治療法により、成績が違うか?
    ・治療の副作用や後遺症について
    ・治る確率は?
    ・治療後の生活は、治療前と同じに戻るか
    ・予想される再発率や生存率は?

http://inves.seesaa.net/

 

kimimiki さん

 投稿者:茶柱メール  投稿日:2019年 2月28日(木)19時52分30秒
編集済
  kimimikiさん ありがとうございます。

ホルモン療法中なので治療成果はまだ判りませんが、とりあえず一段落つきました。
 

茶柱さん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2019年 2月28日(木)11時45分15秒
  無事に 放射線治療が終了して ホッとなさいましたね。
一年後の再検査と 今後は かかりつけ医での
定期検診とホルモン療法は気持ちが楽ですね。
どうぞ ご自愛くださいませ。
 

トドヨシヤンさん

 投稿者:べるぼメール  投稿日:2019年 2月27日(水)13時09分32秒
   小生もY医師です。トドヨシヤンさんはY医師に直接メールをしたのでしょうか。小生は泌尿器の先生に転院という形を認めていただき、その後放射線治療を始めました。 初めの3ヵ月は泌尿器と放射線の先生にそれぞれ見ていただいております。直接メールだと、患者には別の病院の主治医がいて、そこでできない放射線治療を施術するというスタンスではないでしょうか。そうするとトドヨシヤンさんは主治医はどなたになるのでしょうか? もしいないとなると主治医を探す必要があると思うのですが。やはり患者が一人で治療法を探るのは大変です。

 ところで余計なことですが、放射線の影響(放射能という言葉を使ておられますが、今の場合は放射線です)は何を食べても影響はないと思います。良質のタンパク質をちゃんとバランスよく接収するのが一番と思います。影響を下げるためのスペーサーゲルです。小生の母親は数年前に90歳で亡くなりましたが、広島で爆心地から1Kmほどのところで原爆を受けました。多分全身に数グレイの放射線量のはずです。その母からは何を食べればいいのかは聞いたことがありません。何カ月かは生死をさまよったらしいですが、その後は普通に結構して子供をもうけて(私と妹)平和に暮らしました。食べ物を気にするよりストレスの無い生活を送る方が、免疫力を高める効果があるはずです。
 

べるぼさん

 投稿者:トドヨシヤンメール  投稿日:2019年 2月26日(火)22時32分11秒
   23日から「照射」が終わる3月8日まで毎食後、酸化マグネシウム錠とモサプリドクエン酸錠を飲むことと、MRI検査CT撮影の前3日前からも同様に同剤を飲むことを書き忘れていました。申し訳ありません、浣腸のことばかり考えていて、正確に事実を伝えなくて。また、前回の投稿で「S医科歯科大学」と書いてますが「S医科大学」でしたので訂正します。
 不正確なことが多くて申し訳ありません。
 

茶柱さん

 投稿者:  投稿日:2019年 2月26日(火)08時51分2秒
  回答ありがとうございます。

放射線治療4週間たち、MRI検査したのどうしてなのかちょっと疑問になったのですが、きいていないということですね。
検査の結果は書かれていませんが、がんは特に進展せず存在しているという状態だったのでしょうか。ホルモン治療の期間が短いので、トドヨシヤン さんのように「前立腺がんは発見されず」(映像としてはみえず)といった状態ではなかったと思います。

高リスク(リスク因子3)でハイドロゲルスペーサーをいれて小線源、外照射、ホルモン療法の3者併用療法で治療された経験は後に続く前立腺患者におおいに参考になると思いますので是非ブログの継続そうしてこの掲示板への投稿の継続をお願いします。

世の中には前立腺がん体験を書かれているブログ、サイトはたくさんありますが、継続してPSA推移を書いているものは少ないです。

私の幾分か細かい質問に対して速やかな回答、本当にありがとうございました。


 

べるぼさん

 投稿者:トドヨシヤンメール  投稿日:2019年 2月26日(火)00時51分6秒
   べるぼさん情報ありがとうございます。さて、「照射」は初めから午後を希望しましたが、最初の照射は午後3時に指定されました。2回目以降は実際には担当者と話し合って決めることになるとのことですので、27日の1回目当日に交渉することになっています。もし、どうしても午前中になった場合ですが、ホテルはじゃらんネットで最安値で素泊まり7800円位でしたので、チョット高いし病院近辺にはホテルそのものが少ないです。上野近辺なら少し遠くなるが、もう少し安いかなと考えていたところです。また、車で1時間チョットの距離なので、時間によっては車も選択に入れて考えていました。というように、私は当初から入院の選択肢はありませんでしたが、入院を選択しなかったい理由は、「主夫」をやっていることとか食事療法もやっているとか・・いろいろありますが、浣腸の件ですが、最初に渡されたのがイチジク浣腸の大人用30グラムでしたので、一人で問題なく、しかも病院のトイレでこっそりできた・・・というのが大きかったかなと思います。ともあれ、べるぼさんの御意見を参考にしながら担当者と交渉してみます。
 しかし、べるぼさんは私より病院が大部遠いようですし、また、浣腸も私と比べると倍位大きいようですので、入院を選択された理由はわかりますし、私より大変でしたね。
 ホルモン治療の件ですが、診療前に担当医師とはメールのをやり取りして「方向性」は決めました。その際メールで「放射線科ではホルモン治療はやりませんが、いいですか?」と聞かれたので、私自身ホルモン治療は止めるつもりだったので「再発の場合にも救済放射線治療しか考えていません」とメールで返事をしました(実際の頭の中には将来の選択肢は他にもあるのですが)。検査結果が出たときには「癌が無いですが、どうします」と医師から直接聞かれたので「やります」と答えました。病院の選択もネットで自分で選択してきましたのでここまでは順調・・・S医科歯科大学からはO医師の治療を妨害されましたが・・・だと考えています。また、ここでホルモン治療を打ち切ろうと考えた理由は沢山ありますが、チョット纏めきれません。
 ところで、同じ病院で、殆ど同じ治療なのに、違いが大きすぎるような気がします。担当医師は、ネットでメールを公開しているY医師でしたか?
 最後に、治療を始める際の準備として、放射能の害を防ぐ食品がないかとネットを検索していたら、広島の原爆で被災された方々への治療で味噌汁が使われて大きな成果を上げたという記事があったので、一時中断していた豆乳ヨーグルト作りを始めることにしました。現在は、毎食スープ(トマト、ゴーヤ、玉葱、ニンニク、人参、カボチャ・・・)食べているので十分かなと考えていたのですが、「スペーサー」を設置するとはいえ、腸への放射能による負担は当然あるので、免疫低下を防ぐには、発酵食品がよいだろうと思いましたので、「照射」するときには病院に持ち込んで「照射」前後に、こっそり豆乳ヨーグルトを飲もうと考えているからです。もちろん、味噌汁も家で少し増やそうとは考えています。
 治療への応援ありがとうございます。
 

トドヨシヤンさん

 投稿者:べるぼメール  投稿日:2019年 2月25日(月)13時01分41秒
   近所のホテルに泊まられるなら入院の方が安くなると思います。 途中からでも先生にお願いすれば手配は可能かも知れません。ダメもとです。別の理由で入院したくないのであれば余計なお世話でした。小生は自家用車、JR、京王線、地下鉄、バスといくつも乗り継いで病院まで2時間くらいかかります。また、浣腸を家内にやってもらったのですが、へたくそで肛門の周りが痛て悲鳴を上げてい居ました。まあ普段目にするイチジク浣腸と違って、60ccのびっくりするほど大きな浣腸でした。で、看護師さんにやってもらう方が安全と考えて入院をお願いしました。 途中から新米看護師さんの練習台になりましたが、熟練さんがついていたので安心でした。

ホルモン治療ですが、小生はハイリスクという理由で照射後も2年間はホルモン治療を放射線治療部門で受けました。主治医の方針で、患者にどうしますか?という問い掛けはありませんでした。照射前には半年間のホルモン治療でしたから合計2年半です。ドドヨシヤンさんはすでに2年間くらいホルモン治療をされていたので、どうなるかは主治医の判断でしょうが、最低でも半年くらいつまり合計2年半くらいのホルモン治療があっても不思議ではありません。半年はさておき、きっとあると思います。

27日からの治療の成功をお祈りしています。

べるぼ
 

べるぼさん

 投稿者:トドヨシヤンメール  投稿日:2019年 2月25日(月)00時36分31秒
   治療へのご声援ありがとうございます。私の治療先の病院はべるぼさんと同じ病院だと思います。先日にはやはり同じ病院で、まだ「スペーサー」が無いときにIMRTで治療された方とお会いしました。その方からは詳しい話は聞けませんでしたが、現在はないそうですが、治療後10ヶ月くらいで腸から出血があったそうです。私の場合はどうなるかわかりませんが経過は投稿します。
 さて、入院は全然考えていませんでした。照射が午後の場合は早く行って病院のトイレで浣腸、午前になってしまったら近くのホテルに泊まります。バスと西武線と地下鉄と乗り継いで1時間半くらい掛かるのでラッシュにあったら漏れてしまいます。蓄尿は余り溜まっていなくても大丈夫でしたので心配していませんでしたが・・・少し不安になってきました。
「去勢抵抗性」は医師の検査への送り状に記載されていました。診断書に記載されたわけではありません。読んだときに「いつから?」と私も疑問に思いましたが・・・放射線治療が終わったら医師に聞いてみます。ちなみに、ホルモン治療でPSAの最低値は1年チョット前の0.036で検知できないレベルまで行かなかったわけですから、余り効果あったとは言えないかもしれませんが、さりとて現在の0.8が高いとは言えない・・・前立腺が存在しているわけですから・・・また、検査では前立腺癌は痕跡は残っているが癌そのものは発見できないわけなので、何を根拠に「去勢抵抗性」というのか私にもわかりません。
 ホルモン治療は止めました。現在の所は再開するつもりはありません。診療前の医師とのメール交換でも再発した場合は救済放射線治療(外部照射、小線源治療)を考えているといいました。もっとも、放射線科なのでホルモン治療はやりませんと言ってましたが。
 これまで、食事や運動や睡眠など生活習慣の改善に取り組んできましたが、これからも一層取り組んで、病院での治療と合わせて「完治」を目指そうと思います。これからも投稿しますのでよろしくお願いします。
 
 

Re2: 放射線治療が終わりました。

 投稿者:茶柱メール  投稿日:2019年 2月24日(日)22時52分21秒
編集済
  眞さん 茶柱です。

>大きな副作用なく外照射終了し、よかったですね。
ありがとうございます、25回無事に通えて今はホッとしています。

簡単ですがご質問への返信です。
>・ホルモン治療はいつまで続くのでしょうか。照射前とあわせて期間は計どれぐらいになる予定でしょうか。

 紹介元、紹介先の泌尿器科の主治医に質問しましたが共に2年のホルモン治療を勧めらました。

>・放射線治療科の主治医は高リスクに対する3者併用療法の治療成績についてなにか説明されていましたでしょうか。
>陽にPSA非再発率の数値などをいうことはあまりないかと思いますが、
>xx割は完治しますとかPSA再発した人はxx人ですといったいったお話はあったのでしょうか。

 治療成績の説明は受けておりません、高リスクの私には再発を防ぐ為には初期の治療が大切ですと
 この併用治療を勧められました。

>・このMRI検査は何を目的としたものなのでしょうか。撮影の結果はどうでしたか。

 治療の一環として受けたので特に目的は聞いていませんでした。
 

/291