投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(97)
  2. 「論文・詳細スレッド」(61)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


チョイス-羊毛さん 感想

 投稿者:flyfisherメール  投稿日:2019年 5月22日(水)07時31分28秒
  TV見ましたが、私の感想は一般的な事で終始したと感じました。ただ
従来の摘出手術を一押しすると思っていたのが、羊毛さんが言ってるように摘出手術のメリットをあまり与えず、選択の広さを訴えた編集は現状を物語っていると思いました。

ただ時間が無いため、小線源と外部照射の組み合わせ(今までの統計だと、低/中リスクには非再発率が一番低いと思われる)にも言及は無かったし、体幹部定位放射治療の話しも無かったですね・・また全国の施設数ではより多い陽子線の話しも、一切無しでした。
45分枠だとこうなってしまうのは仕方ないのでしょうね。また見る側にとっては、後遺症の比較の話しも欲しかったと感じたと思います。そういう意味で、「摘出手術だけでなくこんな治療がある」という入り口の話しだったですが、これを機に前立腺癌に関心のある者は各自調べるトリガーにはなっていたように思います。
私見的には、重粒子は良い選択の一つですが、すでに混んでいて、放医研も神奈川ガンセンターも初診までが6か月待ちの状態です。

 

治療継続の仮処分の報道について

 投稿者:野美井  投稿日:2019年 5月21日(火)20時41分5秒
  O医師の治療の継続(治療妨害の禁止)の仮処分の申し立てについての報道は、ABC(朝日)放送が一歩踏み込んだところを報道しています。
https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/abc_1868.html

またBBC(びわ湖)放送の報道では、O医師と病院の契約形態についてもふれています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00010001-bbcbiwakov-l25

 

チョイス@病気になったとき

 投稿者:  投稿日:2019年 5月21日(火)13時46分47秒
編集済
  羊毛さんの投稿よりEテレの番組をしり、私も録画していたものを昨日みました。

18日土曜日は学部入学50周年の会というのに参加していてリアルタイムにみることはできませんでした。

といったことはさておき、チョイスの話です。
私の印象に残ったのはまず第一は治療法選択の表です。

手術が高リスクを含むすべてのリスクに対応
小線源は低リスクと中間リスク
外照射はすべてのリスク

これは一般的な泌尿器科医の考え方がどうかわかりませんが、少なくともNHKはこの考え方を放送しました。
解説として出演したN大I病院のT医師泌尿器科部長のお考えでしょう。
教授紹介

TRIP臨床試験参加病院2016年治療数、サイトのTRIP試験登録病院の2016年 小線源治療数を確認してみました。

T医師の勤めている病院の放射線治療の2016年の患者数は以下のとおり
小線源単独 17
小線源と外照射併用 0
外照射 33

このことからも小線源で高リスクを対象とした治療は行っていないことが分かります。
重ねていいますが、このような治療選択の考え方が一般的かどうかはわかりません。

もうひとつは実際の小線源治療の施術の様子を説明していたのですが、リンク シードを使用しての治療のようでした。
もう録画は消してしまっていますので、確認できません。

T教授は講師のとき上皇さまの前立腺がんの手術のチームの一員だったようです。
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/h15/gonyuin-h15.html

最後に患者ファーストさんがYahooニュースのリンクを紹介されていますが、元記事と思われるTV局の記事をリンクします。

「治療続けて」前立腺がん患者の切実な願い認める仮処分決定 - FNN.jpプライムオンライン

http://inves.seesaa.net/

 

私の考える手術のメリット

 投稿者:けん  投稿日:2019年 5月21日(火)13時06分52秒
  あえて言うなら、
・患部を掌に載せてじっくり観察することができることで、予後の見通しに役立つ
・放射線やホルモンに起因する早期・晩期の障害が生じない
くらいだと思います。
 

司法は患者ファーストを守れるか

 投稿者:患者ファースト  投稿日:2019年 5月21日(火)10時08分57秒
  前立腺患者の思いが司法に届きました。

大津地裁は前代未聞の病院が患者の治療を妨害する行為に対し、
患者側の申し立てを正義として「患者の治療妨害禁止」の判断を下しました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-19391103-kantelev-l25

やましいことがなければ、病院側は世間様へちゃんと説明責任を果たすべきです。
 

チョイス

 投稿者:羊毛メール  投稿日:2019年 5月21日(火)09時06分46秒
編集済
  土日忙しかったので、昨日録画を見ました。
いきなり小線源とは驚きました。やっぱり筆頭は手術(ロボット)だと思っていたので。小線源も混むかもしれませんね。

手術・小線源・外照射の比較表で、男女の司会のうち女性の方が「手術のメリットがよくわからない」と言っていたのがいいツッコミでした。
先生は手術後には救済放射線ができることをメリットにあげてましたが、それはひげの父さん始めこの掲示板でも議論されているとおり、どうなのか?という疑問もあります。

私の考える手術のメリットは、
・前立腺肥大の場合はその症状も治る
・晩期障害がない
・薬が不要(放射線は頻尿の薬をしばらく飲んだりする)
といったところですが、そういう細かいメリットデメリットを言うのは45分の枠では無理だったのだろうと思います。

そこまで言うなら倍の90分、さらに今回は転移がんについての説明が少なかったので、それも説明するとすると3倍の135分必要かな~、と思ってしまいました。(笑)

前立腺癌は治療法が多いですね。
さらにHIFUとか入れると、、、何分必要なんだろう、、、。

重粒子線もいいですが、flyfisherさんのやられたSBRTも結構夢の治療法だと思うのですが、TVでは外照射の個々の方式については言及ありませんでした。時間の関係かな?

(PS)
O先生には新天地で頑張って欲しいな、と個人的には思います。
 

チョイス@Eテレ

 投稿者:けん  投稿日:2019年 5月19日(日)10時06分34秒
  これからは、重粒子線治療が混むだろうなという感想です。  

SBRTのVMAT照射

 投稿者:flyfisherメール  投稿日:2019年 5月19日(日)09時05分27秒
  以前トドヨシヤシさんからSBRT治療後の報告がなされましたが、私も36.25Gyの5回照射が終り3週間余が経ちましたが、SBRTはまだ少ないでしょうからその報告をいたします。このSBRTは通常照射で換算すると90gyに相当するようで、その時の状態は、GS(3+4),生検3/14癌、病期T2aでした。
放射線照射の2週間前に、腺友ネットのセミナー講師でもあったO助教授により、OARのスペーサーを挿入してから照射が始まりました。挿入は全くどうという事はなかったですが、挿入後、毎朝トイレでまだ便が残ってる感じがしました。
照射はVMATのSBRTで、月、水、金の一日おきに照射となりました。4回目くらいから肛門の痛み、排尿障害、しぶり腹、血便等が出始めました。私は痔持ちなのでしぶり腹と肛門の痛みはややこたえました。ただ、照射終了後12日目から改善してきて、3週間目を過ぎたらかなり良くなり、今は排尿がやや勢いが無いですが、その他はほとんど問題なくなりました。
来週が第一回目のPSA検査となりますとなりますが、あとはPSAの低安定を祈ってますが、それと晩期の後遺症が関門です。
 

(無題)

 投稿者:野火井  投稿日:2019年 5月18日(土)03時10分45秒
  S医科大付属病院の問題、Yahooニュースにも上がっていましたね。
興味のある方はご覧になってください。
記事の下部にある多くの読者のコメントにも注目です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00010001-asahibc-l25
 

S医科大学のマスコミ報道

 投稿者:通りすがり  投稿日:2019年 5月16日(木)15時31分22秒
  S医科大のマスコミ報道の主なものが、アップされています。TBS JNNニュース
中日新聞、毎日新聞となっています。
このままだと、これからもマスコミ報道は続くと思います。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~dkhtr/index.html
 

TV放送予定

 投稿者:羊毛メール  投稿日:2019年 5月14日(火)01時02分57秒
編集済
  NHK Eテレ
チョイス@病気になったとき


「前立腺がん 最新治療」
5/18(土) 20:00~20:45
5/24(金) 12:00~12:45(再放送)


(引用)
50歳以上の男性に増加している前立腺がん。初期には自覚症状はほとんどない。PSA検査で高い値が出ると、がんが疑われ、精密検査を受ける必要がある。悪性度が高いがんと診断されると、前立腺を摘出する手術、放射線療法、ホルモン療法などを検討する。手術では、ロボット支援手術が増えており、放射線療法には、外照射と組織内照射がある。重粒子線治療も保険適用になった。治療のためのさまざまなチョイスを詳しく紹介する。

(a以外のタグが使えることは知らなかったです^^)

(20190515追記)
TVでの番組詳細を見たら、解説は日大板橋の高橋先生のようです。TVにもよく出ているようですね。日大はロボット手術・IMRT・密封小線源をやっているということです。
 

リンクを張る方法

 投稿者:Ted  投稿日:2019年 5月13日(月)21時20分53秒
編集済
  眞さん

早速のご教示ありがとうございます。
何とか出来たようです。
 

掲示板でリンク張る方法

 投稿者:  投稿日:2019年 5月13日(月)13時28分18秒
編集済
  Ted さん
teacup 掲示板ではHTMLタグを使うことが可能です。
HTMLの<a>タグでリンクしているだけです。
掲示板のFAQを参照してください。
https://orange.ap.teacup.com/rbbs_faq/130.html

こうしてください(タグの書き方)の「ここをクリック!」の例を参照してリンクしたいURLをコピペすればいいです。

簡単です。

http://inves.seesaa.net/

 

小線源施術後1か月検診

 投稿者:Ted  投稿日:2019年 5月13日(月)12時10分40秒
編集済
  「病状説明・自己紹介」見返すと私もMRIもCTもしていますね。
プラス胸腹部レントゲンもしています。
レントゲンはシードが前立腺外に流れ出ていないか見るためとか
聞いたような。。。

No.105
2017/3/15(水)     S医科大 施術後1ヶ月放射線科検診

            血液検査、MRI、胸腹部レントゲン、腰腹部CT
            PSAは施術前 12.888から8.638と下降。
              ¥8,740

眞さん
他の方の投稿を引用(リンク張る)方法を教えてください。
 

Re: S医科大学 泌尿器科の問題

 投稿者:  投稿日:2019年 5月12日(日)16時43分7秒
  1患者 さんは5月11日の投稿S医大を前立腺がん患者が刑事告訴というmBs NEWSの記事を紹介されました。

この日、同じくS医科大のO医師による刑事告訴がABCニュースで報道されました。
https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/abc_1747.html

泌尿器科のK教授に対して「有印私文書偽造」の刑事告訴を大津市警察に行ったとのことです。
(5月10日)
この刑事告訴が受理されたならば、S医科大事件は新たなフェーズに入ったということがいえるかと思います。

http://inves.seesaa.net/

 

S医科大学 泌尿器科の問題

 投稿者:1患者  投稿日:2019年 5月11日(土)16時44分21秒
編集済
  S医科大学 泌尿器科では、倫理規定違反を超えて、私文書偽造の法律違反で、告訴されていたんですね!  患者の人権は無視。 恐ろしいです。

https://www.mbs.jp/news/kansainews/20190511/GE000000000000027708.shtml

 

totomod さん

 投稿者:  投稿日:2019年 5月11日(土)09時14分59秒
編集済
  5月10日の投稿でS医科大で小線源治療後1か月ではMRIとCTを実施したということですね。治療経験の投稿ありがとうございます。

私はABCテレビのキャストでの書き起こしの文をよみ、MRIだけを実施と捉え、そんな病院もあるのだ、MRIだけで線量分布を把握できるのだなということで少し驚いたので投稿した次第です。

疑問が解消されました。CTも行われたということで、多分、番組ではテレビクルーに分かりやすい説明のことでの言だったのでしょう。

http://inves.seesaa.net/

 

Re: 外照射併用の線量

 投稿者:羊毛メール  投稿日:2019年 5月11日(土)08時01分13秒
  小線源治療の日を待つ身ですが、治療法が決まってもうすっかり治った気分で軽やかに過ごしている羊毛です。(笑)

さて、以前、S大学KT病院において小線源+外部照射での小線源の線量が110Gyか130Gyか、という話題が3/18~19頃に出ていました。
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/10857
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/10863
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/10864
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/10866

一昨日、眞さんの投稿埼玉病院の小線源説明PDF(ver3.0)のリンクが掲げられてましたが、この中で明確に130Gyを照射することが書かれているのを発見しました。

> 癌の状態によっては、小線源治療と外部照射を併用することがあります。その場合には
> I-125による線量を110Gyと抑えて、外部照射にて45Gyを追加照射するように計画を
> たてます。悪性度の高い癌には、I-125による線量を130Gy、外部照射にて45Gyを追
> 加照射するように計画を立てることもあります。
>
> 小線源治療(単独および外部照射併用)と外部照射単独治療との比較
>     照射線量              相当する外部照射線量
> 小線源  外部照射(併用)      (通常は70~78Gy)
>  160Gy       0Gy       ⇒       85 Gy
>  110Gy      45Gy       ⇒      100 Gy
>  130Gy      45Gy       ⇒      110 Gy

一方、S大学KT病院のページでは逆に「A;シード治療(110Gy)+外部照射(45Gy、前立腺+精嚢腺)」と書かれていて、3月時の「130Gy」から修正されています。
(ホルモン併用の期間も明示されなくなりましたが、埼玉病院でも期間が範囲で示されてますし、こちらも恐らく個々の症例によって変わってくるのではないかと。私の想像ですが。)

私は小線源単独になってしまったので、このあたりの経緯や詳しい内容をS大学KT病院で聞くことは恐らく無いとは思います...。

 

31ヶ月目検診

 投稿者:けん  投稿日:2019年 5月10日(金)18時56分9秒
  本日、全摘後二年半の検診でした。
PSA値は測定限界以下の 0.01 以下
「排尿は問題ありませんね?」
「ありません」
「ではまた半年後」
以上終了でした。

先生は大学病院退職後、この4月に三鷹に病院を開いたばかりで、「大変ですよ」と笑いながらおっしゃっていたので、そこそこ軌道に乗っているのでしょう。
三鷹まで通えない患者のために、東京駅そばのクリニックに通いで外来を持ってくれています。
 

眞さんへ

 投稿者:totomod  投稿日:2019年 5月10日(金)12時10分57秒
  眞さんへ
「通りすがりさん」の投稿に対するコメントで
>S医科大においては小線源治療1ヶ月後にMRIで確認するのですね。

とありましたが、はて、自分(S医科大で小線源単独治療)の場合どうだったかなと思い、当時の自分の記録を引っ張り出し確認しました。やはり、ポストプラン(1か月後)でCTとMRI両方やっていました。
その記録をそのまま載せます。放射線医の話と私の見解が混じっていますが、あくまでも個人的な記録です。参考としてご覧ください。

『今回ポストプランで前立腺のMRI(今回3テスラ),CT,普通レントゲンを撮りましたが、これらの目的を放射線科のK先生にお伺いしてきました。がんの状態を調べるものではなく、先に行った小線源手術のクオリティを評価するためのものだそうです。手術が狙い通りに行われているか、期待する効果が出ているかを確認するのが目的です。確認の時点は手術直後と一カ月後(今回)です。
前立腺内の小線源による放射線の線量分布を把握するために、CTの情報が必要になる。CTにより前立腺内のどこにシードがあるかがわかるため、この情報を118本分丁寧に拾い、線量分布ソフトにインプットすれば、線量分布が描けるのであろうと思う。ではMRIは何に使うのか。補助情報として使うそうです。CTで完全に得られない情報をMRIでサポートするということです。特にCTの弱点として前立腺の境界が解り難いそうです。境界が解り難いと線源の配置情報も精度が低くなります。その点MRIは前立腺の境界がはっきり解るらしいのです。よって前立腺の境界を明確にして線源配置の精度を上げ、結果的に正確な線源放射線分布が得られるということです。病院によってはCTだけで済ませるところもあるようですが、S医科大学ではきめ細かくやるようです。
これらの一連のプロセスにより、いわば小線源手術の品質を保証し、さらに結果のフィードバックにより更なる技術の向上を目指しているとの説明でした。』
 

小線源単独治療後18カ月診察

 投稿者:totomod  投稿日:2019年 5月10日(金)09時28分10秒
  S医科大学にて受診してきました。PSA値は6.486から治療後12カ月で1.351となりました。放射線医は「平均的な動きであり、今後限りなく0に向かって低下していくでしょう」と仰いました。カルテでは陽性率=3/8、GS:3+4(2本)、3+3(1本)、病期T2c、Highest PSA=7.28でしたが、放射線により癌細胞が死滅し、治癒の方向に進んでいることを実感しています。また、合併症については尿の出が細く頻尿気味ですが、その他は特に問題ありません。
改めて担当医や看護スタッフに感謝すると共に、当時、対応の手順や治療法などいろいろアドバイスを頂いた腺友の方々にも感謝する次第です。
PS: PSA推移を添付します。



 

お知らせ

 投稿者:ひげの父さん  投稿日:2019年 5月10日(金)01時31分57秒
  昨秋、東京で男性がん総合フォーラム「Mo-FESTA CANCER FORUM」を行いましたが、
新聞十数紙に掲載された記事が、このたび共同通信のWEB SITE「医療新世紀」に掲載されました。
https://www.47news.jp/medical/shinseiki/3522807.html
どうぞご覧ください。

今年も同様のセミナーを開催する予定です。
 

前立腺がんセミナー(高松:6/16)のお知らせ

 投稿者:ひげの父さん  投稿日:2019年 5月10日(金)01時17分41秒
  6月16日(日)、高松(香川県)で、三者(CNJ、腺友倶楽部、バイエル薬品 )共催の前立腺がんセミナーを開催します。
現在、申込の受付を行っています。
転移がんに重点をおいたシリーズで、今年は全国3カ所で予定しており、「高松」がそのTOPを切ります。
香川大学 泌尿器科の杉元先生(座長)を中心に、講師の先生方にお集まりをいただきました。

場所:かがわ国際会議場(高松シンボルタワー棟 6階) 14:00より(受付は13:30より)
講演1:三豊総合病院 泌尿器科 上松克利先生
講演2:香川大学 放射線治療科 柴田徹先生
講演3:患者 川崎陽二さん
Q&A ディスカッション:司会 武内務(腺友倶楽部)

詳細はこちらからご覧ください。
https://www.cancernet.jp/zenritsusen190616
チラシのDLはこちらから
https://www.cancernet.jp/wordpress/wp-content/uploads/2019/04/takamatsu_zenritsu_A4_190418-1.pdf
 

Re: キャスト放映

 投稿者:  投稿日:2019年 5月 9日(木)19時51分52秒
編集済
  通りすがり さん
ABCテレビ の番組の書き起こしのページの紹介ありがとうございます。
前立腺がん克服に向けては以前ビートルズ好きさんが2018年 9月30日の投稿で参考としてあげられたものですね。

読ませていただきまして気にかかったことがらを以下に書きます。
それはS医科大の司法判断を仰いでいる問題の内のひとつ医師、患者らが「治療妨害禁止」を求め仮処分申し立てに関する以下の記述です。

O医師による治療が受けられるかどうか大津地裁による判断は今月中
に示される見通しとなっています。

和解案についての話し合いがなされたという記事をよんだことがありますが、最終的に司法判断が5月中になされるということのようです。

6月末で小線源治療終了でフォローが半年要という病院の主張に関するO医師の反論が興味深かったです。

(O医師) 6ヶ月という数字に妥当性はないちゅうこと、1ヶ月後のMRIは、
当院でやらなければならないですけど。仮に私がどこかの でフォロー
アップ出来ればいいわけじゃないですか今の待機患者さんを治療しない
理由にはならないと

S医科大においては小線源治療1ヶ月後にMRIで確認するのですね。
私は慶應義塾大学医学部放射線科学教室の前立腺癌永久刺入密封小線源療法に書かれていますようにCTで確認すると思っていました。

治療後一か月ほど経過した時点で、線源の配置・線量の分布を確認する
ためのCT(ポストプラン)を撮影します。

もっとも、当院での前立腺癌小線源治療の説明パンフレット ver3.0(PDF - 埼玉病院)には以下のように書かれています。

2.退院後の経過について
退院後約1ヶ月目にPSA 採血およびCT などの検査を外来で行います。
MRIを行うこともあります。


ABCテレビのキャストで検索し以下のページをみつけました。
朝日放送ABC キャスト特集 2011.11.25放映を紹介したものです。
http://www.shiga-med.ac.jp/~toruasai/cn15/pg243.html

A医師を特集したTV番組です。
ページの以下の文は示唆的です。

大学を変革といわれているが、組織そのものを変えるのは難しい。
ただ、内部で抵抗勢力となりうる人達を協力勢力として力を合わせ
てゆけるのじゃないかと思ってます。

もちろん、教授という立場での変革ということで今回の場合とは異なりますが、きちんと後継者を養成し、緊急の患者がかつぎこまれたときは弟子が執刀し、ご自身は手術予定の患者を対応するという映像でした。
「3日間の取材からこの特集を制作」ということでテレビマンの機動力にはおそれいました。
通りすがり さんの紹介された番組もきっと同じように短期間の制作期間だったでしょう。
係争中の案件で病院側の取材拒否からか、「オフレコ」という画面表示も言い訳めいています。

http://inves.seesaa.net/

 

キャスト放映

 投稿者:通りすがり  投稿日:2019年 5月 7日(火)19時48分29秒
  5/2日(木)TV朝日系列、関西地区ABCテレビのキャストという番組で滋賀医大問題が
またもや特集で組まれました。キャストでは2/7日に続き2回目の取り上げとなりました。下記のホームページで、くまなくアップされています。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~dkhtr/index.html
 

角投手

 投稿者:ランナー  投稿日:2019年 4月30日(火)10時44分22秒
  3週間前ぐらいから、巨人で活躍した角投手の連載が読売新聞で始まっています。
連載は一週間に一回のようです。

昨日は、4チャンネルで宮本亜門さんの放送をしていましたね。健康食品のSP
の中での放送で、新聞の番組欄には宮本亜門さんのことは一言ものっていませんでした。
 

Re: 宮本亜門、ほか

 投稿者:  投稿日:2019年 4月30日(火)10時02分37秒
編集済
  平成最後の日、羊毛さんの投稿に対する遅ればせながらの返信です。

宮本亜門さんの前立腺がんに関してはブログにいくつか書いています。
1 http://inves.seesaa.net/article/464960074.html
2 http://inves.seesaa.net/article/465048159.html

PSAが高いことが分かっても仕事が多忙なことより放置し、それでも気にはなっていてテレビ企画に対応し出演し、ご自身主演の番組を演出し、演じきったといういささか辛辣な見方でした。
なお2でリンクしたyoutubeの動画はいまはみることができません。

そうして著名人ががん告知をした後の反応について以下の記事を書きました。
宮本亜門氏の前立腺がん公表の反応
このなかで羊毛さんが紹介されました宮本氏のtweet の2をリンクしました。
https://twitter.com/amonmiyamoto/status/1116901713053491200

O医師を勧める人が多くメール アドレス も記載しています。
ただし、HIROさんが 4月19日に書かれていた「O医師とコンタクトできなくなり」という現在の状況はしらなく、善意のtweet も羊毛さんのいわれる「無責任」のものになっています。新患の受付がなされていないという状況で、現在の状況を把握することないtweet はたしかに無責任ですがtweetした人は「いいこと」をしたという気満々でしょう。

ブログではtwitter 以外の反応ということでNPO法人腺友倶楽部理事長の多分、倶楽部内での発信と思われるレポートが転載されているブログをリンクしました。

http://inves.seesaa.net/

 

べるぼさん

 投稿者:トドヨシヤンメール  投稿日:2019年 4月29日(月)17時27分35秒
  「PSAが0.01と検出限界以下に留まっています。」とのこと、素晴らしいですね。また、下血も改善しているのであれば、殆ど完治しているという状態と考えて良いのでしょうか。
 診察は5分程度でしたとのことですが、私もそれ程度でした。診察前はPSA値がどうなったか不安だったので数値をみてほっとして、医師に質問しようと考えていたことも忘れて、チョット話した程度で日程もぱたぱたと決めて、帰ってきてしまいました。次には質問を忘れないようにしようと考えています。
 

半年振りの診察

 投稿者:べるぼメール  投稿日:2019年 4月28日(日)18時26分18秒
    昨年の10月に最後のリュープリン注射をして半年振りの診察が
先週ありました。忙しくて報告が遅れましたが、PSAが0:01と
検出限界以下に留まっています。やっぱり嬉しいものです。
トドヨシヤンさんPSAが低い値でホッとですね。
下血の方はかなり改善しています。という事で診察は5分程度
の短いものでした。
次はまた半年後の10月です。
 

ジムでの腰痛

 投稿者:ランナー  投稿日:2019年 4月28日(日)16時08分19秒
  2週間前にスポーツジムで「すいすいバタフライ」のクラスに久しぶりに参加したら
翌日から腰が痛く・重くなり、4月25日に地元の基幹病院に行きレントゲンを撮って
もらいました。

20年前に東京の整形外科クリニックでは「第5腰椎破裂症」と言われた旨を今回の
主治医に伝えたら「第5腰椎分離症」です、と言われました。

レントゲンを見ながら、癌の転移が有ったら、白い影が見えると言われ、そのような
白い影は見当たらないとも言われ一安心しました。

飲み薬2種類と湿布薬を出してもらいました。

ということで、最近はちょっと腰の調子が普段より思わしくありません。
本日は、5年ぶりぐらいに「まずはこのエアロ」という初心者向けのエアロ
のクラスで30分間動き回りました。上下に動いたり、左右に動いたりの
連続で、腰にちょっとした痛みを感じながらのエアロでした。

今日は、水泳を始めたら、突然と言っても良いぐらい左肩が凝ってしまい
いつもより1時間も早めにスポーツジムを後にしました。

5月30日は、消化器内科の受診です。放射線治療が39回にも及んだため
直腸が傷ついているのです。
 

/296