投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(97)
  2. 「論文・詳細スレッド」(61)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ありがとうございます

 投稿者:mo  投稿日:2019年 1月11日(金)11時52分52秒
  べるぼさん kimimiki さん

背中を押していただきありがとうございます。
経験者の方の過去のご投稿を参考にいたします。
すでに生検の予定は決まっているのですが、
症状の悪化を考え、躊躇してしまいました。


 

moさん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2019年 1月11日(金)10時29分54秒
編集済
  べるぼさんの おっしゃる通りだと思います。
過去のご投稿で 前立腺癌の治療後に
前立線炎が自然消滅した数人の ご報告がありました。
一石二鳥ですね。
 

moさん

 投稿者:べるぼメール  投稿日:2019年 1月11日(金)10時07分51秒
  MRIで前立腺癌の疑いがあるなら、即刻生検をすべきです。前立腺炎の悪化を心配している段階ではないと思います。通常は前立腺炎と前立腺癌を比べると、癌は命を縮める可能性は比較にならないくらい高いはずです。私ならその比較で進めます。何が重要かを考えてください。moさんは命より前立腺炎を悪化させないことが重要のように思えます。

生険で悪化して、また癌でなかった場合は、無責任のようですが、がんでなくて良かったと考えるほかありません。

癌が確定して全摘手術を選ばれると、前立腺炎は自然消滅です。医者でないので判りませんが、放射腺を選ばれても同じ結果になるかもしれません。

いずれにしても人生は計算づくで進めないことが沢山あります。
 

生検の影響

 投稿者:mo  投稿日:2019年 1月11日(金)04時26分32秒
  再度、経験された方にお伺いします。現在、会陰部や陰茎の痛みに悩んでいます。
慢性前立腺炎と診断されているのですが、この様な状態で会陰部からの生検をされた方おられるでしょうか。
前立腺炎の症状が悪化しないか悩んでおります。
 

転院について

 投稿者:ランナー  投稿日:2019年 1月 9日(水)16時46分43秒
  2012年、がん告知を受けた病院の泌尿器科の主治医に侮辱されました。
侮辱発言を受けたその日に、病院を変わりたいとの旨をその病院に電話で
伝えました。弁護士に伝えたら、その主治医の発言は侮辱罪に該当すると
の返答でした。変なことを口にする先生には診てもらいたくありませんね。

神社でおみくじを引いたら、大吉でした。病気は「叶う」の文字が。

まだ、ホルモン療法の副作用が自分としては抜けきっていないと思っている
ので、少しずつ副作用が無くなっていくことを願っています。

2年後には、週2~3日、半日パートの仕事が出来たら良いなー。
 

一番目かな

 投稿者:けん  投稿日:2019年 1月 7日(月)21時33分50秒
  KLXさん

情報だけを頼りにいきなり転院するのは怖いものです。
セカンドオピニオンにかこつけて、主治医になるであろう先生の人となりや病院の雰囲気を確認してから転院したいものです。
気に入らなければ、サードオピニオン。

もちろんセカンドオピニオン制度の趣旨からは逸脱していますが、O先生のところならいざ知らず、いきなりの転院は賛成しかねます。

私も、このパターンだったりします。
 

みなさまありがとうございます

 投稿者:KLXメール  投稿日:2019年 1月 7日(月)20時58分56秒
  けんさん kimimikiさん 野火井さん

ありがとうございます。
今の病院で追加の検査を受け、病期をはじめはっきりと今の自分の状況を理解することを
最優先に、可能な治療法を把握した上で病院選びを考えます。

現在の病院で治療するつもりがない場合(というかつもりが無いので)、以下のどの
タイミングで転院のアクションを起こすかを考えてました。

1.セカンドオピニオン~転院~そこで治療。
2.転院~そこで治療。
3.転院~セカンドオピニオン~場合によって再転院~そこで治療。

 

KLXさん

 投稿者:野火井  投稿日:2019年 1月 7日(月)14時48分54秒
  けんさんのおしゃるとおり、セカンドオピニオンでは検査はしませんから、初めの病院で必要な検査を全て済まされて、そこでファーストオピニオンをちゃんと聞いてから、検査結果等資料一式そろえて、セカンドオピニオンを実施している病院に行くことになります。
セカンドオピニオンではあくまで意見を聞くだけで、元の病院に戻るの事が原則になっています。
保険も適応外です。
 

KLX さん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2019年 1月 7日(月)13時39分5秒
  ( セカンド  オピニオン )
Yahoo!JAPAN で 検索すると 沢山の情報が あります。
 

KLXさん

 投稿者:けん  投稿日:2019年 1月 7日(月)12時15分24秒
  まずは、今の病院でCTや骨シンチを行い、病期判断をもらった上で、資料一式を持ってセカンドオピニオンを受けることをお薦めします。
プレパラートだけ持ってセカンドオピニオンを受けても、オピニオンに困ります。セカンドオピニオンでは、検査もできませんから。
また、今の段階で転院することもおすすめしません。
転院後、画像診断で万が一にも転移が見つかった場合、別の治療法を選択しなければならなくなるからです。

限局だったらこの病院、もし転移してたらこの病院という腹積もりを固めつつ、さっさと残りの検査を受けて下さい。
 

けんさん

 投稿者:KLXメール  投稿日:2019年 1月 6日(日)15時15分21秒
  アドバイスありがとうございます。
外部照射も種類によって、期間、副作用に差があるようですので考えて
おく必要があると思いました。
次回受診時に現在の病院で病期の件、治療法についての意見もよく聞いてから、
最終的な治療法と病院を決めていく方向ですが、ずるずると時間もかかってしまい
そうなので次回受診時にセカンドオピニオン先への紹介を依頼しようかと思ってます。
今の病院でCT、骨シンチを行なってからがいいでしょうか?

それとも今の病院で治療するつもりが無いのであれば、セカンドオピニオンという
形ではなく早めに転院を申し出た方がいいでしょうか?

その場合、想定している治療法での実績の高い病院を選ぶことを急がないと
いけないと考えています。

kimimikiさん

詳細経緯、参考になります。ちなみに私は下記のような経緯です。

2016年:8月検診でPSA  9.847(初めてのPSA)→放置
2017年:8月検診でPSA 10.550→12月クリニックでMRI(疑い無し)
2018年:8月検診でPSA 10.964→10月クリニックでMRI(疑いほぼ無し)
生検を前提として紹介された今の病院で11月にMRI(疑い有りの所見)
12月に生検→告知

 

夫の記録

 投稿者:kimimiki  投稿日:2019年 1月 6日(日)14時04分19秒
  生検の前年に MRI 検査を受けましたが
癌らしき怪しい影は ありませんでした。
生検の直前に MRI検査は受けていません。
以下は 治療記録です。
 

治療法選択

 投稿者:けん  投稿日:2019年 1月 6日(日)10時35分12秒
  KLXさん

ご希望の優先順位からすると、KLXさんの状況で小線源(+外部照射)をやってくれそうな病院を探すことが先決でしょうか。
小線源は低リスク患者にしかやらない病院が多いイメージです。
あと、小線源をメインに据えるなら、追加の外部照射の方式はその病院の流儀に任せることになると思いますので、あまり悩まなくても良いかと。
 

病期など

 投稿者:KLXメール  投稿日:2019年 1月 6日(日)09時56分2秒
  みなさま、kimimikiさん

病期の件、コメントありがとうございます。
生検1ヶ月前にMRIを撮影したのと、生検自体をMRI融合型で実施したと聞いてますので、
それと生検結果を踏まえて、転移リスクは少ないと判断されたのかもしれません。
とはいえ正確に把握するためにはCT・骨シンチで病期判定が必要と認識しましたので
次回受診時に確認してみます。

眞さんのハイドロゲルスペーサーの情報、大変参考になります。
現在、GS7の中期リスクのため、転移が無ければ小線源単独、もしくは小線源+外照射
の線を候補に考えています。一定の線量を照射することによる直腸への影響を減らせる
手法として有効とのことですが
、実施している病院が少ないのかなと思ってました。
特にJ医大、Tセンターで実績があるという情報はありがたいです。

いろいろ調べていますが小線源+外照射になった場合、外照射にさまざまな種類があり
理解して選択するのが大変です。(IMRT、IGRT、VMAT、SBRT、サイバーナイフ・・・)
小線源にしてもLDRとHDRの選択が必要ですね。

引き続き検討を進めますのでアドバイスいただけたら幸いです。
 

KLXさん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2019年 1月 4日(金)10時57分45秒
編集済
  生検を受けた地元病院の医師は 夫のPSA 5.7の場合
今迄に 骨転移している患者は いません との事でした。
依って 生検結果後の範囲内で治療法を調べていました。
その後 CT と骨シンチ検査を受けました。
結果が出るまでは心配しましたが転移は無しでした。
正確には ( CT と 骨シンチの検査結果 ) で 病期が判明します。
訂正とお詫びを申しあげます。
 

初心者さん

 投稿者:mo  投稿日:2019年 1月 4日(金)09時39分33秒
  早速のご意見ありがとうございます。
ご指摘のように、ネット情報等であれこれ心配しております。
 

moさん

 投稿者:初心者メール  投稿日:2019年 1月 4日(金)06時36分17秒
  ご心配ですね。
私もPSAが高くてかかりつけの先生から大きな病院に紹介状を書いていただき行きましたが、やはり同じようにMRIであやしい、となり生検を勧められましたがしばらく逃げていました。

結果的に少し病気が進んでしまった?かと反省しています。

生検は太い針を10ヶ所以上も刺しますので私の場合数日は痛みや出血、尿の出が悪くなるなどがありました。

生検を遅らすのは良くないと考えます。あれこれ無駄な心配を長期間することになります。
先生が勧めるのなら思い切って受けられた方がよいと私は考えます。
 

生検は慢性前立腺炎に影響しますか

 投稿者:mo  投稿日:2019年 1月 4日(金)03時19分7秒
編集済
  69歳男です。ここ3ヶ月、頻尿、陰茎違和感、痛みに悩まされており、慢性前立腺炎と診断されております。
この間、PSA検査が5.02であったため、MRIを実施、画像より前立腺ガンの可能性が認められました。生検を勧められていますが、検査により頻尿、陰茎の痛みなどの現在の症状が増幅するのではないか、生検を迷っております。
同様の経験された方がおられたら、生検後の症状の変化等について教えてください。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:けん  投稿日:2019年 1月 2日(水)15時22分23秒
  今年も、腺友の皆さまにとって、心豊かな一年となりますように。  

小線源治療におけるハイドロゲルスペーサー 使用病院、前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会

 投稿者:  投稿日:2018年12月30日(日)14時39分57秒
編集済
  掲示板における小線源でハイドロゲルスペーサーを使用されている病院で治療した例をよみ、少し調べてみました。掲示板であげられた病院含め6つみつかりました。
ブログに小線源治療におけるハイドロゲルスペーサー の使用と題して書きました。興味ある方は参照してください。
保険適用となったので、今後使用する病院は増えていくかと思います。

この検索の際、資料として第十五回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会 (2019年1月20日)のプログラムを参照しました。

なかでシンポジウム 「ハイリスクの高線量治療」
2.高リスク前立腺癌に対する高線量治療:昭和大学でのTrimodality therapyの治療成績と最近のトピックス
昭和大学江東豊洲病院 泌尿器科 深貝隆志

その発表内容、是非しりたいと思いますが、一般人がしることはできません。
同様な医学誌の記事を待つしかないです。

サイトではTrimodality therapyという記事で「泌尿器外科 28巻 8号」の第30回 前立腺シンポジウム記録から昭和大学の治療成績を紹介しました。
9年PSA非再発率、高リスク124人というデータでしたが、研究会の発表はきっと10年PSA非再発率があきらかになり、対象患者数も増えていることだろう。

http://inves.seesaa.net/

 

たつきさん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2018年12月30日(日)09時54分34秒
  個室料金について 説明を求めた事は
決して クレイマー行為には ならないと思います。
気になる様でしたら
次回の受診日に 謝るのではなくて
「 お答え頂いて ありがとうございました 」 の方が
印象が良いのでは? と思います。
 

個室料金

 投稿者:たつき  投稿日:2018年12月30日(日)08時42分12秒
  個室料金については、医師から治療の選択の説明により本人が選んだ事、他の理由により適正に請求しているとの事で
した。年末で大きな金額だったので早急にアクション起こしたため、クレイマーの様な悪い印象を病院側に与えてしまいました。眞さんの投稿を見てから行動は慎むべきでした、後悔しきりです。来年の受診日に謝って来ようと思います。今年は義理兄が腎臓ガンで他界したり、あまり良い年では有りませんでしたが来年は皆様方にも良い年であります様願っております。
 

PSA非再発率による比較

 投稿者:  投稿日:2018年12月28日(金)17時52分5秒
編集済
  私は2018年12月25日の投稿で「PSA非再発率の値といってもある信頼区間内の値であるから数パーセントの違いに拘っても仕方がない」と書きました。そうして特異な私の経験を書き、PSA非再発率に関する私のスタンスを示しました。

2018年12月23日の投稿で信頼区間の値の例としてした京都大学、溝脇尚志氏の論文に載っている値を示しました。
2018年も終わろうとしている日、久々にサイトを更新しました。
HDRとトモセラピーの比較

京都府立医科大学の山崎秀哉氏を筆頭著者とする論文であり、HDR単独療法(HDR-BT)と画像誘導 強度変調放射線療法(IG-IMRT):トモセラピーを比較したものです。
リスク毎の詳しいPSA非再発率は煩雑になりますので、ここには書きませんが、もうひとつ信頼区間の値を明記したものとして紹介します。

全体のPSA非再発率
HDR-BT 92.9% (95% confidential interval (CI) = 90.1-95.6%)
IG-IMRT 89.2% (95% CI = 85.9-92.9%)

さらに注目したのはabstract の次の文です。
HDR-BT and IG-IMRT showed equivalent outcomes in low-, intermediate-, and very-high-risk groups. For high-risk patients, HDR-BT showed potential to improve prostate-specific antigen (PSA) control rate compared to IG-IMRT.

高リスクの5年PSA非再発率、HDR-BT 90.4%、IG-IMRT  84.9%で、この場合は違いがあり「HDR-BTがIG-IMRTよりPSA管理率を改善する可能性を示した」ということで、私のいう数パーセントの違いはあまり意味ない(equivalent outcomes)という一つの証かと思いました。
もちろん、これは上記論文での統計上のはなしであり、5%ならば違いありといちがいにはいえないかと思います。

PSA非再発率のグラフ
(a) total population; (b) low-risk group; (c) intermediate-risk group; (d) high-risk group; (e) very-high-risk group.

http://inves.seesaa.net/

 

病期診断

 投稿者:  投稿日:2018年12月27日(木)13時38分54秒
編集済
  病期診断についていろいろ投稿がありました。
前立腺癌診療ガイドライン 2016年版をみてみました。

P.80
CQ 4 原発巣の評価(T-病期診断)にはどのような検査が推奨されるか?

原発巣の評価(T-病期診断)は画像診断による。特に3テスラMRIを用いて,T2強調画像にダイナミック造影,拡散強調画像を加えたmultiparametric MRIを施行することにより,診断能向上が認められる。 推奨グレード B

解説には以下のように書かれています。

生検所見は考慮しないという解釈が一般的である。

MRIは前立腺癌の局所病期診断において,客観的で信頼性の高い画像診断検査として位置付けられる。

生検に伴う出血が診断能を低下させるため,可能ならば生検前に施行すべきであるが,生検後に撮像する場合は少なくとも3週間以上の間隔を空けることが望ましい。


ちなみに私は生検は2014年4月3日であり、MRIは4月23日でした。
3週間以上の間隔はあけていなかったが、病院側の都合からだろう。


P.82
CQ5 転移巣の評価(NおよびM-病期診断)にはどのような検査が推奨されるか?

リンパ節評価にはリンパ節郭清術が最も優れるが,閉鎖リンパ節のみを対象とした郭清では不十分である。 推奨グレード B

リンパ節の評価においては,CT やMRI は感度,特異度ともに十分ではない。 推奨グレード C1

未治療症例でPSA≧10.0ng/mL,かつ直腸診陽性またはGleasonスコア≧8の症例,および骨転移を示唆する症状のある症例においては,骨シンチグラフィーが有用である。 推奨グレード B


さらにもっと知ってほしい前立腺がんのこと | NPO法人キャンサーネットジャパンよりPDFをダウンロードしました。
順天堂大の堀江 重郎氏が監修されたものだ。

P.5にこう書かれています。

まずPSA検査を行い、その値によって直腸診やMRI検査を行うのが一般的な検査の流れです(図表3)。

「図表3 前立腺がんの標準的な診断方法」 には生検でがん細胞が検出された場合、必要に応じて CT検査/骨CT検査と書かれています。
図表3は(「前立腺癌診療ガイドライン 2016年版」日本泌尿器科学会編、メディカルレビュー社を参考に作成)と書かれています。

http://inves.seesaa.net/

 

Ted さん 小線源治療 室料差額、生検での病期決定

 投稿者:  投稿日:2018年12月26日(水)08時35分40秒
編集済
  Ted さん わざわざ電話でS医大に確認し、当方の推定が正しかったことを確認していただき、恐縮です。治療上の必要からの個室使用は差額は徴収せず、治療前日の個室使用は患者に負担という運営なのですね。

Ted さんの2018年12月25日の投稿をよみ、自己紹介スレッドの[91] をみてみました。

「根治(放射線or手術)か監視か決めてくれ」と生検をした泌尿器科の医師からいわれたのは事前に別の病院でのMRIのCDがわたっていて生検とMRIの情報をあわせての発言かと思います。

その後、CT,骨シンチの結果を受け「骨シンチ、CT共異常なし、次回までに治療方針決めましょう」と言われたということですね。
TNM分類による病期はきいていなかったので、後で確認したという流れということですね。

決して生検の情報だけで病期をはっきりといわれたというわけではなく、生検とMRIの情報より「監視」が可能な症状ということで治療を決めてくれという話で調べる時間を与えてくれたと解釈することはできるかと思います。

私の場合は生検の後はMRIと骨シンチで最終的にがんは確定し、その後、CTもとっています。最終的に遠隔転移がないのはCTの結果によるかと思いますが、転移がないことの確認のためにCTをとりますといわれたかと思います。CT検査は少し時間おいていますが、多分検査機器の稼働状況のせいでしょう。

がん告知の際、妻といっしょにききました。椅子に浅く腰掛け、今は相撲界から去った貴乃花が理事会で理事長の前での座り方のようで不遜ととられても仕方がない姿勢だったようで、診察の後、妻に注意されました。
がん告知の際の主治医の話の内容は動揺してはっきり覚えていませんが、このことははっきりと覚えています。

http://inves.seesaa.net/

 

RE: 生検と病期

 投稿者:けん  投稿日:2018年12月26日(水)00時27分59秒
  野火井さんが整理して下さったので蛇足ですが、コバトンさんのおっしゃるように、生検のみで病期は判定できません。
Tedさんも微妙な言い回しながら、

勿論、生検の前後に、尿検査、血液検査、触診、エコー、MRI、骨シンチ、胸腹部造影CTなどの検査はあります。

とおっしゃっていますので、画像診断と併せての病期判定だと思います。

ということで、KLXさん、まずは必要な検査を受けて、その結果を確認して下さいね。
 

生検と病期

 投稿者:野火井  投稿日:2018年12月25日(火)23時38分58秒
  あえて、初歩的な事を大雑把に書きます。
生検
生検で分かるのは、「グリソンスコア」で、これは生検で採取した細胞を顕微鏡で見て「癌細胞の悪性度」を判定します。
私の場合、組織を何本取るかや組織を取る位置(右葉・左葉)はMRIの画像によって決めました。

TNM分類
Tは癌の大きさや進展度(浸潤の有無)を表します。MRIかCTの画像で判定。
Nは、所属リンパ節への転移の有無の判定で、CT等の画像で判定。私の場合は、先のMRIで判定。
Mは、遠隔転移、骨転移の有無の判定で、CTと骨シンチグラフィーで検査します。

グリソンスコア(SG)、TNM分類、PSAの数値を総合的に診て初めて治療方針が決められると思います。

2016年、総合病院でMIRを撮った結果癌らしき影が出たので生検を受けました。
生検の結果により、悪性度の高い前立腺癌であるという告知を受けました。

その後にCTと骨シンチを撮って遠隔転移、骨転移がないと判定され、先のMRI画像で被膜外浸潤が認められ外部照射を勧められました。
PSA 4.4 グリソンスコア9 T3aN0M0

自身で調べて、紹介状を書いていただきS大付属病院小線源外来を受診。
小線源外部照射併用で治療後、2年経っています。
 

Re: 小線源治療 室料差額

 投稿者:Ted  投稿日:2018年12月25日(火)14時00分7秒
  眞さん

S医大 会計担当の方に電話確認できました。
全て眞さんのご推測通りです。
3泊4日中、治療前日(入院日)の1日分は自己負担です。
また、1日分室料差額が発生する旨の同意書は提出されている
とのことです。
 

Re:生検での病期決定

 投稿者:Ted  投稿日:2018年12月25日(火)13時46分30秒
  病状説明・自己紹介スレNo.91参照

2015/6/17 生検結果聴取
医師から生検の診断報告提示され左葉に1本GS 3+3=6 の腺癌と説明。
(診断報告添付)
根治(放射線or手術)か監視か決めてくれと。

この掲示板見るにもっと詳細知るべきと思い
7/22再聴取、医師の判定は、

T2aN0M0 B1 と。
 

生検での病期決定

 投稿者:コバトン  投稿日:2018年12月25日(火)11時13分21秒
  > Tedさん

 早速、教えて頂き有難うございます。
 選挙速報(統計的な予測)みたいなものでしょうか?・・・医師からすればその後の検査で違っていたら訂正すればよいと思っているのでしょう。

http://bluekobaton.seesaa.net/

 

/287