投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(91)
  2. 「論文・詳細スレッド」(61)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


こんなに大きくなりました

 投稿者:初心者メール  投稿日:2018年 8月11日(土)07時50分2秒
  いつぞやご紹介したアスパラの苗ですが、畑でこんなに大きくなりました。

ついでに晩生のエダマメの花が今盛りです。秘伝豆と言う名で名前からしておいしそうでしょう
 

どうでも良い話2

 投稿者:初心者メール  投稿日:2018年 8月10日(金)11時40分19秒
  私の場合、PSAが高くなって生検を受けるまで事の重大さがわかっておらず情報集めもそう一生懸命しませんでした。
しなかったというのは自分の病状がどの位なのか想像もつかなかったし、自覚症状がないためにそう深刻には考えられませんでした。

がん宣告から手術まで皆様の例よりも短かったので気持ちの余裕がなかったというか腺友ネットの掲示板なども過去ログを隅から隅まで、という訳にはいきませんでした。

手術も終わったいま、次の検査日までなにもすることがないのであちこちの経験者のブログや掲示板を読みあさっています。

告知を受けてからご自分でいろいろと調べて主治医の提案を覆して別の治療を受けられた方の話などは本当に感心してしまいます。自分の場合は生検をしていただいた先生の提案通りの治療を受けたわけですが、皆さんのネットで情報を得て遠く離れた病院の特定の先生にお願いして泊まりがけで診察を受け、治療を受けられる等というのは自分には考えられません。せいぜい主治医から選択肢を示されたのを選択する位が良いところでしょう。

このたび割合身近な方が私と同じような状況で治療法の選択をしなければいけない段階の方がいました。
でもその方の実際の病気の程度や家庭内のこと、いろいろ考えるとこうした方が良い等という事はとても言えません。せいぜい腺友ネットの掲示板や体験者のブログを教えてあげる程度です。

 

どうでも良い話

 投稿者:初心者メール  投稿日:2018年 8月10日(金)11時14分39秒
  以前にも書いたと思うのですが、私には認知症になった母親がいます。自分の身の回りのことはできるのでまだ楽なのですが今の記憶がすぐになくなってしまうのです。幸いまだご飯を食べていないとは言いませんがいつそうなるか心配しています。

私の病気のことも入院も出張でごまかしていたので知りません。

これから先どうしたら良いか自分の病気も心配ですが母親のことも心配です。
 

ツリー表示再

 投稿者:初心者メール  投稿日:2018年 8月10日(金)11時10分18秒
  私は以前ツリー表示について
>掲示板の形式に、ツリー形式というのがありますが、この掲示板がこの形式だったらと感じます。
と書き込みました。

腺友ネットの掲示板ではキーワードを元に検索して目的の書き込みを見つけるのに結構手間がかかります。私は整理整頓が苦手でメモしておいてもそのメモをなくす、ノートなどに書いておいても同じようなノートが何冊もできる。ような状況です。

スマッシュさんの掲示板を最近見させていただくようになりました。
スマッシュさんの「前立腺癌の掲示板(憩いの広場)」はツリー表示ができる仕様になっていますので、あとである発言について参照するともとはどんな書き込みなのか、どこで終わっているか一目瞭然です。

まぁ、それだけのことなのですが。


 

225Ac-PSMA-617 の治療をドイツで受けた方のブログ

 投稿者:  投稿日:2018年 8月 9日(木)11時37分45秒
編集済
  私はかつて225Ac-PSMA-617 について投稿しています。
2017年11月11日
2018年1月22日

2017年11月11日の投稿では角さんのブログのコメント欄 へ投稿した tmy さんのことを紹介しました。ドイツのハイデルベルグ大学で治療したという報告でした。
2017年10月03日の角さんブログへのコメント
2017年05月27日の角さんブログへのコメント

多分、この角さんのブログのコメント欄をみて、ドイツまで治療にいったtenko-10 さんのブログ、 ありがとう3 闘病記を紹介します。

Profileにはこう書かれています。

ありがとう3 57歳です。 54歳の時に精密検査で前立腺がんが判明
してしまいました。 骨転移が広範囲で存在し、色々な治療をするも
PSAはずっと上がり続けています。 遠くにあったお墓も近くに移設
しました。 ケアセンターに登録もしました。 そして、思い切って
ドイツの治療を受けることになりました。

ドイツの治療に関する記事は以下のとおり
カテゴリ:ドイツの治療

PSMA治療 3には「申込日:2017年10月12日」、「ドイツに最初来た時の滞在日数は14日(11月6日~11月19日)」と書かれています。

ドイツの治療にはこう書かれています。

北海道の放射線治療では私の体調が良いので、がんはかなり減っていると
思っていました。しかし、PET検査で他の部分にかなりの転移が見られました。

その後、カミさんが『ドイツで治療したら良くなるかも知れない』と言う事を
言いました。
カミさんが、腺友倶楽部の他のメンバーが運営しているホームページに載って
いたらしいです。

治療実績を確認すると、70パーセントの人に効果が有ると言う事で、かなりの
確率なのでドイツ治療を決心しました。

この二つのブログの記事から角さんブログへのコメントをみての渡独だと思いました。
PSMA治療 1にこう書かれています。

この病院で今までに受けた3回の治療は、ルテチウム(Lutetium-177)
とアクチニウム(Actinium-225)の併用でした。

私はLutetium-177かActinium-225での治療と思っていたのですが、併用での治療もあるのですね。

文体は平明で優しい人柄が窺えるものです。ブログの最後は「最後まで読んでいただきありがとうございました。 」で終わっています。

私は営々とブログ書いていますが、拙い読みにくいブログを最後まで読んでくれた人に対する感謝の念はほとんど持っていませんでした。(反省)

ドイツにおいても標準治療ではないですが、思い切ってドイツまでいき、その治療体験を書かれていること素晴らしいと思います。

なお、tenko-10 さんのブログのブログを知ったのは滋賀医大小線源患者会のリンク 一般・患者さんのページの項のありがとう3 闘病記からでした。
 

リンク先

 投稿者:けん  投稿日:2018年 8月 8日(水)13時11分49秒
  眞さん
はい、眞さんとコバトンさんのブログが並んでるのを見て、つい。

鈴木メソッド
どうやら、私も鈴木メソッドに通っていたらしいのです。
本人は、家で母親に叱られて泣きながらバイオリンを弾いていた記憶しかありません。
もちろん、まったく身につきませんでした。
 

「S医大事件記者会見説明要旨」について

 投稿者:  投稿日:2018年 8月 8日(水)12時47分29秒
編集済
  係争中の事柄に関して特にコメントはしないと書きましたが、S医大事件記者会見説明要旨について一言書きます。

それは以下の医学的な説明の文です。

「小線源治療は、小さなシード線源(S医大病院で使っているシード線源は、直径0.8㎜、長さ4.5㎜の純チタン製)数十本を前立腺に埋め込むものです。」

私が2018年7月29日(日)06時05分の投稿で紹介しました朝日新聞デジタル 2018年7月29日03時43分の記事にはこう書かれています。
「下半身に麻酔をかけ、前立腺内に針を刺し、放射性ヨウ素が密封されたチタン製カプセル(長さ4・5ミリ、直径0・8ミリ)を50~100個挿入する。」

ブログでこのことに関して言及し、記事を書きました。
http://inves.seesaa.net/article/460973547.html

T医療センターの小線源治療案内(第15版)のP.9に書かれている次の文を引用しました。

「症例により異なりますが、全部で40~100個ほどのシード線源が留置されることになります。」

数十本というのは明らかな間違いであり、医学訴訟の説明要旨にこのような間違いを書くのは信じられない。
小線源治療医の監修がなされていないと思われます。
もし100本というのが過大だという判断で数十本という記述になったとしたらそれはそれで問題です。


コバトン さん
2018年 8月 7日(火)17時19分の投稿で「Oメソッド」について触れられています。

同じく私のブログで「Oメソッド」について書いています。私のブログ投稿は 2018年08月07日 19:22 であり、ブログ投稿の後、コバトン さんの投稿をよみ、同じ言葉に反応しているなと思いました。

人の名前を冠するメソッドは例えば、Suzuki methodがあります。

Wikipediaには「音楽を通じて心豊かな人間を育てることを目的とする教育法」と書かれていてスズキ・メソードが育んだ人々ということで以下の人があげられています。

江藤俊哉 - ヴァイオリニスト
小林健次 - ヴァイオリニスト
さだまさし - シンガーソングライター
佐藤康光 - 将棋棋士九段、永世棋聖

メソッド に 教育が含まれていないとするとそれはメソッドといえないと思います。

その他音楽関係では人名ではないですが大学名をつけたBerklee Methodがあります。


けん さん
「ニヤッとしてしまいました」のはS医大小線源患者会に私のブログがリンクされていることをいっているのでしょうか。

気がついたのは8月6日の夜でした。みたときは、戸惑いが正直な感想です。今はどのような書き方であれ、「損害賠償請求訴訟」に関することが拡散されることがいいということでリンクされているという理解です。

http://inves.seesaa.net/

 

患者会HP

 投稿者:けん  投稿日:2018年 8月 8日(水)11時10分41秒
  患者会HPの参考リンク先をみて、ニヤッとしてしまいました。  

前立腺がんセミナー(岡山)のお知らせ

 投稿者:ひげの父さん  投稿日:2018年 8月 8日(水)03時15分0秒
  転移がんに重きを置いた前立腺がんセミナー(岡山)のお知らせです。
福岡でも同様のセミナーを6月に開催しましたが、これはそれと同じシリーズのセミナーです。

「もっと話そう前立腺がん転移のこと」 ~ くらしをまもる早期対応のすすめ ~
◆共催:CNJ・腺友倶楽部・バイエル薬品
◆日時:2018年9月2日(日)14:00~
◆場所:岡山国際交流センター 国際会議場 2F
     岡山市北区奉還町2-2-1
◆講演:
1・「転移について知ってほしいこと」
 荒木元朗 岡山大学医歯薬学総合研究科 泌尿器病態学 講師
2・「転移の早期発見・治療のために放射線でできること」
 藤井邦彰 岡山大学 医歯薬学総合研究科 陽子線治療学 準教授
3・「治療と向き合う上で大切なこと」
 川崎陽二 前立腺がん骨転移経験者
Q&Aディスカッション
 上記の演者+座長:渡邉豊彦+司会:武内務
◆お申込みは こちら から
 https://ws.formzu.net/fgen/S79001925/
◆チラシのダウンロードはこちらから
 http://pros-can.net/00/img/okayama180902.pdf
 

山桜さん 眞さん

 投稿者:べるぼメール  投稿日:2018年 8月 8日(水)00時31分11秒
  山桜さん
別におわびは不要です。この件はこれ以上何も申しません。

眞さん
いつの間にか代弁者のような事をしていただいてありがとうございました。
字が間違って「慎」になっているところがありますが、どのPCで投稿した
のか不明で今のところ直せません。この点は申し訳ありません。


仕事が忙しく掲示板をちらちらと見るのですが、投稿する時間がありませ
ん。お許しあれ。

べるぼ

 

べるぼさんへ:おわび

 投稿者:山桜  投稿日:2018年 8月 7日(火)20時15分47秒
  べるぼさん
 大変失礼いたしました。深くお詫びいたします。
 寡分割外部照射なさったのですね。完治するといいですね。
眞さん
 ありがとうございました。お手間を取らせて済みません。
視力の衰えから誤って「べるぽ」で検索していました。
べるぼさんが、このサイトに「多様な情報が重要」といわれるのは全く異議なしです。
「小線源同窓会」と言われるのは、私ども滋賀医大で小線源を受けたものには・・・何とも・・。小線源以外の方がどんどん投稿されるよう期待するばかりです。
岡本医師を失う事になりかねないとの懸念から「横断幕」の件でお怒りの点、お気持ちはよくわかるのですが、単なる短慮ではなく、そこまでせざるを得ない根の深い事情や時系列の経過(一言でいえば2医師の暴挙と病院の患者無視)があり、今後それが少しずつ表面化し、解っていただけるようになるのではと思います。
おそらく現在の医療供給者と患者の圧倒的な力関係の不均衡に起因し、不心得な医師からこういう事(23人の患者をまるでモルモット感覚で小線源未経験医師が取り込み、治療を開始。患者に傷害を・・・・)が起きる。
病院管理者はひたすらもみ消しをはかり、人事権、組織権をフルに使い、姑息に細工し、逃げを打つ。果ては、患者の被害のよくわかる立場にある、稼ぎ頭の岡本医師の解任をはかる。
法制度は病院や医師に有利。患者はあくまで弱い。
そしてどうやら団結もできない。
悲しい事です。
お二人には
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 

(無題)

 投稿者:たつき  投稿日:2018年 8月 7日(火)17時56分19秒
編集済
  義理の兄が先日亡くなりました、がんの転移によりあっという間でした、先月行ったときは元気で、PSAが高いのでし尿科で経過観察中でしたが、他の臓器にすでにがんがあり肺に転移していて末期だったようです、前立せんがんを心配してましたがそれどころではなかったということです、最後は本当に苦しそうでモルヒネで痛みを和らげていたようです。いつかは旅立つのですが、七転八倒して逝くのは家族にとってもつらいものです、線香をあげてきましたが安らかに眠ってるようでした。人の死を見詰めるたびに日々を大切に生きなければと思います。排尿痛など何でもないと思うようになりました。  

弟子がいない?(2)

 投稿者:コバトン  投稿日:2018年 8月 7日(火)17時19分46秒
  > SANZOKUさん

 「弟子がいない?」についてコメントを頂き有難うございます。
 大学病院は「教育、研究、治療」が主たる使命だと思いますので、大学病院に10年以上在籍して岡本メソッドを習得した医師が育たなかったのは不思議です。(隠れた弟子が活躍している可能性はありますが・・)

 https://siga-kanjakai.syousengen.net/teiso-summary/

http://bluekobaton.seesaa.net/

 

べるぼ さんの照射報告URL

 投稿者:  投稿日:2018年 8月 7日(火)11時08分37秒
編集済
  山桜 さん

自己紹介スレッドにおける治療法の割合でべるぼさんに関して注を書いていますが、さきほど、自己紹介スレッド、本スレッドへのリンクをはりました。ご確認願います。

と書くだけでは不親切ですので、本スレッドにおける2017年4月28日の投稿のURLを示します。
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/8586

べるぼさん は直截な表現をされる方で、投稿の最初に次のように書かれています。

「この板は最近は小線源同窓会の雰囲気ですが、多様な情報が重要と思います。」

小線源同窓会と書かれていますが、正確には多分「S医科大小線源治療患者同窓会」ということでしょう。

 

GetWell さん

 投稿者:  投稿日:2018年 8月 7日(火)09時57分31秒
編集済
  私が自己紹介スレッドにおける治療法の割合で治療法でデータを整理してS医科大で治療をした人を2014年以前と2015年以降の人数の割合を示したのはGetWell さんの以下の文に対しての検証でした。

粛々と特任教授から知識や技術を習得したかったであろう
同院にとって、特任教授がカリスマ的人気を集めてしまった
のは想定外ではなかったか。

「想定外」と書かれていますこの文を寄付講座ができた2015年以降にカリスマ的人気を集めたかどうかをそれより前と比較ということで、「人気」ということを前立腺がん掲示板に自発的に治療を受けたことを書き込み体験談を書いている人数ということで調べたものです。
もちろん、データとして人数少ないことは承知の上です。

その結果、時期の区分ではそう差はなかった、寄付講座ができて絶大に増えたということはなかったことは確認できました。

ただ、自己紹介スレッドにおける治療法の割合 その2 で書きましたように2017年 1月31日以降、小線源治療を受けて自己紹介スレッドを書かれた方すべてがS医科大で治療を受けたことがわかりました。
このことは寄付講座ができて人気が増えたといえるかもしれません。
また、投稿文も比較的長文のものもあります。
気軽に他病院で小線源治療を受けた人が自己紹介スレッドに投稿しにくい状況になっているのかもしれません。

GetWell さんが参照されました前立腺癌小線源治療のこれまで記載されています情報は2015年8月26日~2017年8月31日のデータであり、それ以前の状況は不明です。

GetWell さん の書かれたことに対して捉え方が違うことによる作業、投稿だったかもしれません。

人気というのを施術数という観点でいままで調べてサイトに掲載した以下のページよりS医科大の推移を書きます。
http://flot.blue.coocan.jp/cure/BRC.html
http://flot.blue.coocan.jp/cure/BRno.html
http://flot.blue.coocan.jp/cure/memo/2016EBRTBrno.html

施術数推移
2007年  30件
2013年 102件
2016年 135件

全国施術数順位推移
2007年 18位
2013年  7位
2016年  2位

この数字をみますと2013年、それなりの数字あったのですが、確かに寄付講座となり2年目、3割増となり人気となっていることが分かります。

なお、Japanese Journal of Endourology(2015)28:207-214のFig. 2 をみますと日本全国で小線源の施術数は3376件なので、S医科大はそのうち3%を行っていることがわかります。

 

山桜さん

 投稿者:べるぼメール  投稿日:2018年 8月 7日(火)09時49分40秒
  山桜さんのご質問にこたえます。
この掲示板で「べるぼ」で検索してください。きっと2年以上前からの病状
につての投稿が見つかるでしょう。

輩と言ったのは、O先生に関する横断幕を掲げた行動に対してです。この行
動への非難は前の投稿に示した通りです。S医科大で被害を受けた抗議行動
に対しては、その通りと思いますがそれについては述べていません。

べるぼ
 

RE:弟子がいない?

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2018年 8月 7日(火)09時31分52秒
   ご存じのように、小線源治療は泌尿器科医と放射線科医が協働して行う治療です。
現在、放射線科医にはK先生が太鼓判を押される若手が育っています。
ただし泌尿器科医の方は残念ながら居ません。

 O先生にはおそらく人事権がないので、
泌尿器科がバックアップしないと後継者は育てられないのです。
その泌尿器科が推してきたのが、
後継者にふさわしくない年齢の今回の騒動の発端となった医師でした。

 O先生にも講座で雇う権限はあるのかもしれませんが、
非常勤の身分で応募してくれる人は居ないでしょうね・・・。

 ただし、一子相伝とはいきませんが、
O先生の方法の啓蒙活動には力を入れておられます。
http://www.shiga-med.ac.jp/~hqdbpc/medical.html

 K先生の言葉に寄れば、
全国各地の病院の小線源治療レベルは確実にアップしてきているそうです。
それが目に見える形に現れるのは未だ数年先のことですね。
この治療法が広まり、再発に苦しむ人が少しでも減ればと思います。
 

べるぼさん、ガン体験は??

 投稿者:山桜  投稿日:2018年 8月 7日(火)01時07分36秒
  べるぼさん
差し支えなければ、1点だけお教えいただけますか?
失礼ですが、あなたは、ご自身にガン体験(前立腺以外も含めて)おありでしょうか?(仮になくても投稿は制限されませんが)
8月4日22時19分などにSANZOKUさんが書かれているのは全て事実ですが、スルーされておられ、専ら医師の常識的?世渡りについて私見を述べられ(それはそれで解るのですが)「抗議活動」参加者を「輩」とまで罵っておられるので。
 

暑さに負けず寒さにも負けず

 投稿者:山川メール  投稿日:2018年 8月 6日(月)23時53分13秒
  ”暑さに負けず。寒さにも負けず。そんながん患者に私はなりたい。”
今や、人生の四苦”生病老死”が一緒になった世界に生きていますが、
あくせくしながらも、せっせと朝早くから畑に行ったり、仕事に出かけたり、
ああやこうやと、わけのわからぬ世の中で、酒を飲み憂さを晴らし、たまには、
重い荷物を背負い山の中をさまよい谷間の淵に映る月を眺めたりしております。
 このところ滋賀医科大病院での患者会とのトラブルが話題になっていますが、
国立がん研究センターの予測によると2017年の前立腺がん罹患者数予測は
86100人あります。実際に治療されている患者の割合はどのくらいなのか気になりますl
実際に、小線源治療を受けられている患者さんはどのくらいの数か、私は知りませんが、
どのような治療法を受けるにせよその治療法のプロはおられるわけで、そのようなプロを
探すことが初めて前立腺がん宣告を受けた時には大切なことだと思います。 O先生が、
三つの異なる治療法を組み合わせて最適の治療法を駆使しておられることは間違いないですが、
86100人の患者の仮に1%であっても、一人で治療することは不可能です。癌治療のお医者さんは
それぞれが、専門ばかのようなところがありますが、仲良く協力してもらえるようにするのもがん当事者のこれからの役目のような気がします。
全摘手術からもうすぐ、9か月経過し、尿漏れはほとんどなし。たまに、パンツに少しチョロリ。 振りかえって見ると、手術前は、排便に苦労し、便が細くなっていました。痔のせいかと
思っていましたが、前立腺が肥大して便の通りを悪くしていたようです。手術前は、慢性気管支炎で晩秋から春先までゴホンゴホンしていたのが亡くなりました。また、手術後は風邪をひかなくなりました。がんという余計なものがあるために、身体中の免疫細胞が必死に闘っていたに違いありません。
  朝日新聞その他の記事の横断幕や垂れ幕には違和感があります。行動する側も、なにをどするかが前立腺がん患者(未治療の大多数の患者を含めて)にとって最善なのかを考えてほしいと思います。



 

S医科大付属病院寄付講座中止問題について(その2)

 投稿者:GetWell  投稿日:2018年 8月 6日(月)22時48分1秒
  SANZOKUさん

ご無沙汰しております。

先の私の投稿は、議論を始めるたたき台として、仮にS医科大の主張が事実であれば、という仮定で、あえてS医科大に寄って書いてみました。逆に原告の主張はあえて無視しました。なぜなら原告の主張どおり、未経験である事を隠す、不適切な術前治療をするなどが事実だとしたら、その時点で言語道断ですから。

それにしても、なぜ特任教授の治療を積極的に学ぼうとする若手医師ではなく、寄付講座が開設されて半年もたってから、ようやく小線源治療の講習会に参加しだすような高齢の准教授が寄付講座の担当を任されたのか、どうみても最初から上手くいきそうにないですよね。学内の内部対立や経営上の問題など複雑に絡んでいるのかもしれませんね。


眞さん

>上記の結果をみますと小線源講座が開設されてカリスマ的人気を集めたということはないと思います。

なぜ眞さんは本掲示板の投稿者の中だけに限定して、特任教授は人気があるかないか、という矮小化された話に誘導されるのでしょうか。

特任教授の症例数800例以上、2年間で413名(内59%は県外から)が小線源治療を希望して来院、北は北海道から南は沖縄まで、わざわざ高い交通費を支払って患者が来院、といったS医科大が発表している事実を素直に受け取れば、S医科大付属病院泌尿器科の中で、特任教授にカリスマ的人気があることは否定できないのではありませんか?


皆さん

私が議論を勧めたのは、S医科大と患者のどちらが正しいか、本掲示板で白黒はっきりさせようという理由からではありません。むしろ、自分が被害者にならないように本件から多くのことを学んで今後に役立てようというのが理由です。本件のようなトラブルは多くの病院で起きています。けして他人事ではなく、皆さんの命に直結する話です。

病院はよく「患者さんのために」と言いますが、現実の医療は患者とは関係のない政治的・経済的な力で動かされているのが実態です。日本の医療において、口先だけの「インフォームド・コンセント」「チーム医療」が蔓延し、なかなか改善されないのもそのような実態があるからです。議論しないで実態から目をそらせばそらすほど一番患者が酷い目にあいます。自分が被害にあってから、あの時もっと見識を深めておけばと後悔しても遅いのです。

本件においては、一部の患者が勝手に騒ぎたてているだけ、という意見もあります。逆に患者をあらぬ方向に煽動して利益を得ようとしている者もいるかもしれません。そのような視点を持って冷静に注視していく必要はあると思います。

最後に、医療問題に関するようなカタイ内容の投稿があったとしても、それとは関係がないからといって投稿を自粛しないでください。一方で、自分の意に適わない投稿を排除しないでください。ネット掲示板には様々な情報が上げられます。それがネット掲示板の長所です。いちいち空気を読んだり、すべての投稿を相手にしていたら、誰も投稿できなくなったり、ストレスがたまる一方でしょう。

ネット掲示板を上手に利用する上で、必須とされる能力があります。それは「スルースキル(状況に応じて無視したり、平静に対応する能力)」です。みんなで上手に「スルースキル」を発揮しながら、良い掲示板にしていきましょう。

 

Re: 懸念

 投稿者:  投稿日:2018年 8月 6日(月)18時16分18秒
  kimimiki  さんは2018年 8月 6日(月)13時08分の投稿で次のように書かれています。

ひとつの病院の不祥事について
延々と投稿が続いています。

自己紹介スレッドにおける治療法の割合 その2で示しましたようにここ一年半においてはひとつの病院における体験が延々と書かれてきました。
それを踏まえて、不祥事についての投稿が続くのはごく自然かと思います。

たまに掲示板に投稿していますコバトン さんが本件について「原告側弁護士」、「朝日新聞記者」さらに私も示しました「患者会代表幹事」についての情報をブログに書いています。
http://bluekobaton.seesaa.net/article/460929359.html

「患者側の体制は強力」と書かれています。

患者会はニュースをみる立場ではなく、作る立場になっていると思います。

 

自己紹介スレッドにおける治療法の割合 その2

 投稿者:  投稿日:2018年 8月 6日(月)15時43分47秒
  2017年 1月31日に投稿されましたfujiさん、[63]以降のデータを整理してみました。

治療法を明確に書いています人は22人です。その人数と割合は以下のとおり。

小線源 13(59%)
手術  6(27%)
IMRT  1(5%)
薬物療法 2(9%)

小線源で治療を受けた人が5割を超えているのは変わらないですが、小線源治療を受けた人すべてはS医科大です。ここ一年半ほど少なくとも自己紹介スレッドにおける小線源治療の投稿はS医科大で治療を受けた人によってなされてきたということです。

モズさんが、「放射線治療(IMRT)の投稿が少ない」と書かれていますのも納得です。

 

Re: S医科大の件

 投稿者:  投稿日:2018年 8月 6日(月)14時19分58秒
編集済
  べるぼ さん
「こんな横断幕を掲げていたのでしょうか?」と書かれていますが、1患者 さんの2018年 8月 1日の投稿で示されています以下の mbs の関西のニュースの動画を目をこらしてみたものです。
https://www.mbs.jp/news/kansainews/20180801/GE000000000000023749.shtml

さらにURLが示されています facebook 公開グループの投稿より週刊金曜日 8月23日号のジャーナリスト 山口正紀氏の記事をしりました。表題を再掲します。

"小線源治療学講座打ち切り"の裏で
「説明と同意」放棄した滋賀医大病院

その記事の最後には以下のように書かれています。

「患者会の石黒良治代表幹事は、「この常軌を逸した小線源講座の廃止を
何とかしても阻止したい。今後、文科省や厚労省、多額の補助金を出し
ている県や県議会にも働きかけていく」と話している。」

べるぼ さん
横断幕を掲げた方はこの患者会の代表幹事の石黒良治さんでしょう。多方面に働きかけていくということをジャーナリストの山口さんに話したということでしょう。

その働きかけのときも同様に「横断幕」、「のぼり旗」も登場するでしょう。
その際、どの程度、報道されるか分かりませんが、運動として開始したものは止まらないと思います。

石黒良治さんがS医科大で小線源治療を受けた人なのか分かりませんが、検索してtwitter アカウント 1496_yをみますと所属が分かりました。

べるぼ さん
法廷外の闘争はまだまだこれからでしょう。

 

懸念

 投稿者:kimimiki  投稿日:2018年 8月 6日(月)13時08分57秒
  ひとつの病院の不祥事について
延々と投稿が続いています。
滋賀医大泌尿器科については
Yahoo!で検索すると詳しい記事が載っています。
ひげの父さんの掲示板は
患者達の治療経過報告と副作用等の投稿によって
お互いが参考にし合って 助け合うのが 第一の目的だと思っていました。
他の病院で治療を受けた患者達にとって
現在 気軽に投稿し難い雰囲気になっているのでは?と
懸念しています。
 

けんさん

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2018年 8月 6日(月)12時36分12秒
編集済
   お言葉ありがとうございます。
自分の場合は幸い経過が安定しているので、来年の診察が受けられなくとも、
地元病院で検査を受けて何とか凌げると思っています。

 しかし、治療後の経過がまだ安定していない方や、
これから治療を受けられる方の不安は並大抵ではありません。

 O先生は学長命令で治療に専念した結果、
未経験医師の不手際を数々発見してしまっただけです。
その結果がこのような事態に結びついてしまったので、
大変なご苦労と心労を背負っておられます。

 O先生の治療をどうするのかは、
患者にとってまさしく大問題でありますが、
先生のご心労を考えますと、
当座の診療を続けていただく事が大切なのです。
固唾を呑んで見守っている状況です。
 

S医科大の件

 投稿者:べるぼメール  投稿日:2018年 8月 6日(月)10時45分6秒
   2018年 8月 5日(日)12時10分12秒づけの慎さんの投稿をみてびっくりしましたので私の考えを投稿します。

>そういった意味で提訴の日の記者会見での横断幕の以下の文に違和感を覚えました。

>O先生の小線源治療を残してください

見てびっくりしました。こんな横断幕を掲げていたのでしょうか? これは多分残念なる結果しか残せない確率が高くなります。一般に大学の医者が病院を移るのは普通に行われていて、出す側も受け入れる側も、大きな問題ではありません。きれいごとの表現をすれば、むしろ新天地での活躍を期待され、もまれて成長しキャリアを積んでいくのが普通のコースです。O先生もS医科大の次に別の新天地を求めれば、多分先生ほどの技術があれば引く手あまたであったのではと考えます。

ところがこの横断幕で先生が関わっているか、また意図したかどうかは不明ですが、既にこの様なキャリア体制にたいしてのトラブルメーカーになってしましいました。これが大きな運動になれば次の病院が見つからないと危惧します。トラブルメーカーはどんな腕を持ていても、普通は拒否されます。

普通に先生が次の職場を淡々と探していたら、来年から日本のどこかで「何々病院で診察を開始します」とアナウンス出来た筈です。ところがこの様な運動に関わっている医師をどこの病院が進んで受けいれてくれるでしょうか? S医科大にこだわる必要があったのでしょうか。腺友倶楽部からいえば日本のどこの病院でも良かったはずです。先生が病院を替わったから、患者もついていくというのは普通にある現象です。詳しい事は知らないのでこれ以上の事は申せませんが、横断幕を掲げた方がたは日本から腕の良い医者をつぶそうといているとしか見えません。残念な事です。S医科大もおかしな点は沢山ありそうで、それを糾弾する運動は一般論で賛成ですが、どの点に絞るべきかよく考える事です。慎さんの言うとおりで、べるぼは違和感どころかちょっと怒りがこみ上げました。

横断幕を上げた方への怒りで書いてしまい過激に過ぎたと思いますが、日本の凄腕医師を知らず知らずにつぶすしてしまいそうな輩や運動に我慢できません。S医科大で被害を受けた方への援助運動に、O先生が巻き込まれる事なく新天地をお見つけになり、今後のご活躍されん事をお祈りしています。この方法の選択が多くの患者さんを救える事になります。

べるぼ
 

Re: 自己紹介スレッドの更新

 投稿者:  投稿日:2018年 8月 6日(月)10時19分42秒
編集済
  野美井 さん
自己紹介スレッド、更新ありがとうございます。S医科大で治療を受けた方の中で一人だけ初診の年が分からなかったので、今回の投稿で分ってよかったです。

自己紹介スレッドにおける治療法の割合 を更新しました。

掲示板における自己紹介スレッドで治療法として小線源を選択された方が50%を超えているということは予想したこととはいいながら、やはり多いなと思いました。
日本における治療法の選択した人の割合からはかけ離れたものだと思います。
そうであるからこそ、寄付講座の寄付を単独で行っている会社、NMP社のお役立ちリンク 前立腺がんの小線源療法のページで小線源講座に続き、腺友ネットがリンクされているのも宜なるかなと納得します。

S医科大 寄附講座及び寄附研究部門規程で平成29年7月27日改正の規定について書きました。

サイトの寄付講座でこの改正について追記しました。

野美井さんの投稿[93]を読みますと、初診は2016年4月28日ということでサイトの記事の日付は2016/05/23となっていますので、診察を受けられて約1ヵ月後の記事ということになります。

そもそも記事を書いた動機は寄付を行っている会社名を知りたかったこと、期間、寄付金額もしりたいと思ったからです。
S医科大のサイトでは情報は分散していて調べるのちょっと苦労した記憶あります。その後、サイトの構成が変更になりその対応を行い追記が多くなっています。

記事を書いた当時、期間は規定では最長期間が明記されていなかったので、期間、「2年以上5年以下」となっていましたので、2年は短く5年は長いので多分、3年ではないかと思っていました。
大学と寄付会社との条件があえば、1回の更新(当時は3年と思っていました)があり、計6年は存続するのではないかと思っていました。
もう一回更新して計9年は有り得ないとの認識で病院のお知らせで5年となったことをしったときは予想より1年短くなったと思った次第です。
そのときは旧規定をみてのことでしたが、今回、そのお知らせの前に規定が改訂されていて、規定上も最長期間の設置となったと理解しました。

小線源外来を受診する人はいつまでも存続するものではないことは知っていると思っていました。

また、遠方から受診した人も必ずしも全員継続してフォローをS医科大で行っているのではなく、地元の病院で行っている人も多いのではと私は思っています。
 

自己紹介スレッドの更新

 投稿者:野美井  投稿日:2018年 8月 5日(日)23時10分55秒
  病状説明と自己紹介のスレッド「52」を更新しました。
2016年、家族の協力のもと懸命に調べて辿り着いたのがO医師の治療でした。
その当時「寄附講座である」などという認識など持てるはずもありませんでした。

 

SANZOKUさん

 投稿者:けん  投稿日:2018年 8月 5日(日)20時26分23秒
  検診結果、良好で何よりです。
それにしても次回の予約がとれないとは、困ったものですね。
どうなさるのでしょうか…

そしてまた、O先生の治療を今後どこで診けることができるのかも、大変気になります。
 

自己紹介スレッドにおける治療法の割合

 投稿者:  投稿日:2018年 8月 5日(日)12時10分12秒
編集済
  GetWell さんのS医科大付属病院寄付講座中止問題についてに対してSANZOKU さんが2018年8月4日の投稿でS医科大で治療を受けていて今回のことに関してより情報を得ることができる立場で書かれています。

このことに関して私は先に書きましたように「第三者には分かるはずはない」のでSANZOKUさんの投稿に対してコメントを書くことは控えます。

朝日新聞の記事を読み、2時間少し経っての掲示板への投稿を手始めに連投した経緯はブログにまとめました。

http://inves.seesaa.net/article/460869479.html

そこに書いていますように未経験の医師による治療の問題と寄付講座閉鎖の二つの問題があり、訴訟の対象は前者であり、関連はあるにしろ、私には一緒に扱うのはどうかと思っております。

そういった意味で提訴の日の記者会見での横断幕の以下の文に違和感を覚えました。

O先生の小線源治療を残してください

私のブログの記事の最後は5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)の投稿の紹介で終えています。辛辣な罵詈雑言にも幾ばくかの真実があるのではないかということでの引用でした。

週刊金曜日 8月23日号の次の記事を読みました。

"小線源治療学講座打ち切り"の裏で
「説明と同意」放棄した滋賀医大病院 山口正紀

以下のように書かれています。

O医師は16年5月、塩田学長に、(1)患者への説明と謝罪 (2)泌尿器科・K科長らの処分を進言、学長は調査を約束した。

この記事は二つの問題を密接に関連があるものとして書いています。

2016年5月といえば私がサイトに寄付講座の記事を書いた時期です。この頃から対立は鮮明となっていた模様です。
掲示板ではS医科大のO医師の治療についていろいろ書かれていたころだと思います。
問題があることをO医師の治療を受けた患者がいつ頃しったかということに少し興味あります。
滋賀連絡会で早い時期から情報共有されていたかもしれません。

と前置き長くなりましたが、以下、GetWell さんが書かれていた次のことに関係してしらべたことを書きます。

(4) 特任教授がカリスマ的人気を集めてしまったのは想定外ではなかったか。

寄付講座が開設されたのが2015年1月ですのでそれ以降と前で掲示板における投稿でS医科大に対して書かれていることに違いがあるかどうかということです。
掲示板投稿全部をとても調べることができませんので、自己紹介スレッドをみてみました。

同じ人が何度も投稿している場合がありますが、それを除くと全部で69人です。
治療法を明記していない人を除くと59人です。
以下に人数と割合を示します。べるぼさんSBRTはIMRTとしています。

小線源 31(52.5%)
手術  11(18.6%)
IMRT  9(15.3%)
薬物療法 6(10.2%)
HDR  2(3.4%)

小線源治療におけるS医科大の割合は 20(65%)

この20のうち初診の年をみてみます。

2014年まで 8(40%)
2015年以降 12(60%)

スレッドの初投稿は2014年11月 2日のひげの父さんですので2014年までにS医科大に受診して自己紹介スレッドに投稿していない人もいるかと思います。

上記の結果をみますと小線源講座が開設されてカリスマ的人気を集めたということは必ずしもいえないが、2015年以降は人気が増したということかもしれない。

-----以下2018/08/06に追記
野美井さんが[93]で自己紹介スレッドで以前投稿された[52]を更新されましたので、滋賀医科大の初診時に関する数値を変更しました。

http://inves.seesaa.net/

 

/275