投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(94)
  2. 「論文・詳細スレッド」(61)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


5日間で終わる放射線治療と副作用

 投稿者:Shi sanメール  投稿日:2018年12月21日(金)15時55分29秒
  自宅近くの町の医師、地域を代表する大病院の専門医二人、合わせて三人の
泌尿器医が私には教えてくれなかった五日間の連続通院で終わる放射線治療
についてです。

先月に縁あって紹介された別の三件めの大病院の放射線科での初診の場で、
この治療法につき初めて私は知り、この方法で即治療願うことでお願いしました。
38日間も続けての通院が必要な従来からの治療方法では、自宅からその病院に
通うのは片道三十分とはいえ、私には耐えられそうになかったこと、
大病院の大変経験豊富な医師からのお話で、効果は同じとのことでしたから、
この話は誠に私には朗報でした。 71歳になったとは言え仕事をしている身です。

なお、私の前立腺癌は転移はしていなく、症状はまだ何も出てはいない早期発見。
私には少なくともあと二十年間、元気で九十歳までは生きたい強い願望があります。

、しかし、とても辛い副作用が。頻尿、放尿・排便時の激痛、少しだが血便、、
 私は長年の前立腺肥大でもあるから、らしい。
 あと一週間ぐらいで収まるのであろうか?
 副作用は通常治療後数週間は出るとか説明書に書かれていました。
、治療費は初診料も含め二万円ちょっとで。私は二割負担だがこんなに安いとの話は
 誰からも聞いてはいなかった。計算ミスなのか聞いてみたいくらいです。

続報、後日に書きたいと思っています。
 

個室料金

 投稿者:  投稿日:2018年12月20日(木)18時15分9秒
編集済
  kimimiki さんの12月18日の投稿ではtextを従前のように画像表示しています。
text はどのようなサイトからの引用なのか例によって検索してみました。

画像1、2
https://hoken.rakuten.co.jp/news/article/200/

画像3
https://manetatsu.com/2016/01/57730/

1,2の著者
中川 優也 MAST FP相談所株式会社 代表取締役 CFP
中川優也氏のプロフィール

3の著者
完山 芳男 独立系FP事務所 FPオフィスK 代表
米国公認会計士(ハワイ州)


小線源治療に関して個室料金についてしらべてみました。

NMP社の以下のページには次のように書かれています。
https://www.nmp.co.jp/seed/pamphlet/0302.html

「シード線源費用を含め、治療は保険適用です。個室料金は、実費となります。」

さらに各病院にも個室料金を支払うことを明記している病院もあります。

国立病院機構埼玉病院

「法令により本治療後は個室での療養が定められており(後述)、個室料金の支払をお願いしております。

実際には、患者さんご自身の安楽と周囲の患者さんへの配慮から、治療前から退院までの間(通常4日間)は有料個室の使用をお願いしております。」

国立大学法人 徳島大学

「8.費用
治療費は線源代を含めすべて保険の適応になりますが、個室料金は自費になります(治療当日は必ず個室を使用する必要があります)。」

前立腺密封小線源療法 | 山口県済生会下関総合病院

「個室料金について
この前立腺癌密封小線源療法は、入院中個室となります。入院期間中手術日まで一日あたり5,000-7,000円+消費税の個室料金が別途かかります。 」

事実として小線源治療に関して個室料金をとっている病院があるということです。

HDRに関して個人ブログですが、ガボじいのCANCERノートの記事#26費用 限度額適用認定証には以下のように書かれています。

「(B)保険適用外個室 16,200(税込)×7日= 113,400
寝具賃料1,620食事負担額 5,760合計 120,780
※個室は療養管理料  以前は差額ベッド    どっちも分かり難いから部屋代でいい
16,200が高いか安いかはともかく他に選択肢がないし 状況的に4人部屋という
わけにもいかない」

ガボじいさんは#29をみますと北里大学でHDR治療を受けたようです。

------以下12/21に追記
kimimiki さんの投稿が削除されましたので、12月21日の投稿でkimimiki さんの投稿を転載しました。
 

個室料金

 投稿者:たつき  投稿日:2018年12月20日(木)14時34分23秒
  病院側に確認しましたが同意書にサインありますと言われ返還は無理なようです、まったく無知でした。大きい金額なので納得いきませんがこの先長い付き合いなのでと考えてしまいます。  

個室料金

 投稿者:たつき  投稿日:2018年12月18日(火)17時42分23秒
  kimimiki 様、私の場合K病院では普通に個室料金だったと思います、一般で良いといいましたがこの治療は個室限定とのことで、まあ後から考えれば個室でなければ無理な治療ですね。針が刺さったまま3日寝返りも打てないわけですから、頻尿は相変わらずですが排尿痛は若干ですが弱くなりました。PSAも今のところ安定してます、ホルモン注射はあと2年有ります。  

小線源治療と個室部屋代

 投稿者:Ted  投稿日:2018年12月18日(火)10時39分43秒
  (小線源治療された方はお分かりですが今後治療をされる方々に参考まで)

小線源治療では埋め込まれたシードからの放射線が体外に出る可能性があると
いうことで個室になります。確か家族も入室できません。
(ちょっとやりすぎ? 看護婦さんは確か鉛のエプロンなどなしで出入りしてたと思います。)
要は治療目的なので部屋代差額はかかりません。

退院時は体のまわりの放射線量を測り問題ないことを確認して初めて退室できます。
以上うろ覚えです。


 

Re: S医科大 O先生

 投稿者:Ted  投稿日:2018年12月18日(火)10時19分59秒
  甚太郎さん

フォローありがとうございます。
眞さんに理詰めで質問されるとオドオドしてしまいます。(^^)/

甚太郎さんは僕の小線源単独リストNo.17です。(要らん世話ですが)
 

S医科大O先生

 投稿者:甚太郎  投稿日:2018年12月18日(火)00時29分31秒
  今、S医科大O先生の治療が受けられないと言う事が起きています。
本当に素晴らしい治療で全国から沢山の患者が来られます。
自分も治療を受けた身で患者会にも入っていますので、経緯も充分承知しています。
ただ、治療の受けられない待機患者様の事を思うと、胸が痛いです。
眞様もおっしゃる通り大学病院に転勤はつきものだと思います。
待機患者様の事を思うとS医科大にこだわらず、転院されてからゆっくり別の問題(ここでは深くふれませんが…)を、闘う方向という考えはおかしいでしょうか?
 

密封小線源療法を受けました。

 投稿者:茶柱メール  投稿日:2018年12月17日(月)17時00分4秒
編集済
  茶柱です。

 密封小線源療法+ハイドロゲルスペーサー+金属マーカー留置を受けました。
市内の総合病院で施術日は12月12日、脊椎麻酔で2時間20分程で無事終了。
翌日尿管カテーテルを抜いた後に淡い血尿が有り、会陰部の痛みはそれほど無く
超音波プローブを挿入した肛門部の痛みが気になりました。

3泊4日の入院で個室料金の自己負担は有りませんでした。

 退院後は、血尿も排尿痛も無く肛門部の痛みも今は有りませんが、
治療後1~3カ月をピークに集中して起こるとの事で安心できません。

年明けには外放射治療がスタート、ハイドロゲルスペーサーの効果に期待しています。

https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/t1/97

 

けんさん

 投稿者:初心者メール  投稿日:2018年12月17日(月)14時04分56秒
編集済
  けんさん、お気遣いありがとうございます。

私のPSAは術後1ヶ月であまり下がらず0.026で心配しましたが、その次8月の検診で0.01以下(測定下限以下)と言うことで一安心。次の10月で同じく0.01以下で、次の検診は2019年1月になります。

またご報告いたしますのでよろしくお願いいたします。
 

初心者さん

 投稿者:けん  投稿日:2018年12月17日(月)13時11分49秒
  尿失禁ご苦労されてる由、心中お察し申し上げます。
半年が過ぎて、PSA値はいかが推移していますでしょうか。
 

Re: S医科大 O先生

 投稿者:Ted  投稿日:2018年12月17日(月)11時57分18秒
  眞さん

O医師の小線源治療は来年6月末をもって終了するので
新規患者の受付は終了しました ですので紹介は受け付けません
」とのこと。
は患者会のMLにあったあるメール内の文言の一部をそのままクオートしました。
ですからとのこと。と付け加えました。
自分で確認したわけではありません。
いつから受付しなくなったかは知りません。

尚、患者会のHPはご存知だと思いますが以下です。

https://siga-kanjakai.syousengen.net/

O先生にはS医科大に絶対に残っていただきたいので今S病院への紹介状など
考えもしていません。








 

Re: S医科大 O先生

 投稿者:  投稿日:2018年12月17日(月)10時15分9秒
編集済
  S医科大前立腺癌密封小線源外来のページには寄附講座設置期限は記載されていますが、新規患者の受付の終了のお知らせは書かれていません。

Ted さん
投稿された情報は電話で問い合わせた結果を書かれたのでしょうか。

私は2018年10月28日の投稿MH さんの病状説明のページの待ち期間より「S医科大では現在もう新患の受け入れはやっていないかと思われます」と書きました。Tedさんの情報からはいつから新患受付が終了となったかは分かりませんが、私が書いた10月28日より長い日が経ってのことではないと思います。

改めてTed さんの病状説明を読みました。

2016/10/13(木)   S医大
          検査、小線源治療予約

2017/2/14(火)       小線源施術

ということで、初診から4ヵ月で小線源単独治療を受けられたということですね。
今は6ヵ月毎で来年2月2年経過検診になっているとのこと。

Tedさんは次々回の診察の際に大阪のS病院への紹介状をかいてもらうということになるのでしょうか。

前立腺癌密封小線源外来の患者はすべて2020年1月1日に泌尿器科の患者となると思われます。
紹介状はやはり実際に治療をされていただいた先生に書いてもらうほうが正確なのでそうするのではないかということからの質問です。

http://inves.seesaa.net/

 

S医科大 O先生

 投稿者:Ted  投稿日:2018年12月16日(日)17時28分7秒
  「O医師の小線源治療は来年6月末をもって終了するので
新規患者の受付は終了しました ですので紹介は受け付けません」とのこと。

私のようにO先生の治療を受け完治した者はいいのですがこれからO医師を頼る方のこと
を思うと心が痛みます。
 

お詫び:この掲示板のメール機能

 投稿者:初心者メール  投稿日:2018年12月16日(日)16時08分42秒
編集済
  以前この掲示板のメール機能の話題が出ました。
私はこれまでに数名の方にメールを差し上げましたが一度も返事をいただいたことがなく、掲示板の機能を疑っておりました。

本日たまたまメールソフトの迷惑メールフォルダーを覗いたところお一方からの返信メールが11/29付けでありました。メールの機能は正しく動作していることになります。
メールをいただきました方には届いたというお知らせをせずに大変失礼なことをしてしまったと反省しております。

メールの使用については気をつけるようにいたしますが、せっかくの掲示板に備わった機能ですので今後とも利用させていただきます。

ありがとうございました。
 

大学病院の医師の移籍

 投稿者:  投稿日:2018年12月13日(木)14時44分5秒
編集済
  今回の野口さんの主治医の移籍のはなしを読み、べるぼ さんの2018年8月6日の投稿の次の文を思い起こしました。

「一般に大学の医者が病院を移るのは普通に行われていて、出す側も受け入れる側も、大きな問題ではありません。きれいごとの表現をすれば、むしろ新天地での活躍を期待され、もまれて成長しキャリアを積んでいくのが普通のコースです。」

N医師はG県総合病院では小線源治療が行われていないことは承知していて新天地で活躍ということで移ったと思われます。
うつることで、小線源治療を受けた野口さん含め患者にはそう大きな影響はなかったということのようです。
(すくなくともネット上でそのことに関することは目にしていません)

http://inves.seesaa.net/

 

N県総合病院

 投稿者:野口ひろしメール  投稿日:2018年12月13日(木)11時43分58秒
  眞さん
そうでしたか。N県総合病院は放射線内照射はやってないのですか。詳しく読まずにタイトルだけ見てやってると思ってしまいました。N医師はそれでも転勤したわけですね。10月に転勤したばかりなのでダヴインチ手術の実績は無いと思います。
 

放射線内照射(ブラキセラピー)

 投稿者:  投稿日:2018年12月12日(水)19時25分50秒
  野口 さん
投稿ありがとうございます。書かれていたN医師の役職より当方のおもっていた病院、医師であることが確認できました。そのスタッフの紹介がされています泌尿器科のページには以下のように書かれています。

「放射線内照射(ブラキセラピー):
当院では設備がなく施行しておりません。ご希望があれば、適切な医療機関に紹介させていただいております。」

全国で小線源治療を行っている病院の一覧(NMP社のページ)にも見当たりません。
https://www.nmp.co.jp/seed/map/list.html

「今までの小線源治療の実績を捨てて」と書かれていますが、設備がないところでは腕をふるいようがありません。

週刊朝日2018/3/9号に載った2016年の治療全国ランキングの記事より表にしたものをサイトに載せました。
http://flot.blue.coocan.jp/cure/memo/2016EBRTBrno.html

N医師の勤めている病院は2016年はロボット支援下根治的前立腺全摘除術の件数は102件でした。
件数的にはベスト20に入っています。
ただし、週刊誌のデータは「がん診療連携拠点病院と日本泌尿器科学会認定施設1245病院を対象」とのことですので、そのなかに入っていないかと思いますので名前はでていません。

 

N県総合病院

 投稿者:野口ひろしメール  投稿日:2018年12月12日(水)14時49分13秒
  眞さん
改めてG県総合病院のホームページを見たところ、G県総合病院はダヴインチ手術もやっていますが、放射線内照射(ブラキセラピー)もやっているようです。N医師の役職は泌尿器内視鏡部長となっていました。私がびっくりしたのは、今までの小線源治療の実績を捨てて新たにダヴインチ手術に取り組むとはと思ったものですから。
 

ダヴインチ手術

 投稿者:  投稿日:2018年12月11日(火)20時06分52秒
  野口 さん以下のように書かれています。

「眞さん
G大病院で小線源治療を担当していたN主治医が、今はG県総合病院でダヴインチ手術をやっているのでしょうかね?本当だとしたらびっくりですが。」

N医師が移られたと私が想定しました病院ではダヴィンチ手術を年間100件ほど実施していましてそれはとても一人の医師の施術ではないと思ったこと、さらにその病院では小線源治療を行っていないことからの推定でした。

野口さんは主治医のうつった病院のダヴィンチ手術の実績あるいは小線源治療の実績を調べられていて、「びっくり」という言葉を使われているのでしょうか。

私の推測がとんだ勘違いという可能性はおおいにありますが。
 

けんさん

 投稿者:初心者メール  投稿日:2018年12月11日(火)19時13分0秒
  けんさん、私の手術前にアドバイスをいただきありがとうございました。

尿漏れも1週間とか聞くと、はぁ~、私はもうすぐ7ヶ月になりますがまだまだオムツがとれません。

断端陽性もあったし、再度はぁ~。
 

ホルモン治療併用のIMRTでのテストステロンの回復

 投稿者:  投稿日:2018年12月11日(火)17時54分36秒
編集済
  べるぼ さん
コメント ありがとうございます。

PSA不安、昨今減少したかとはいえ、やはり診察の前は緊張します。今回は予測よりPSA値低かったので、きっと主治医の前でも顔がほころんでいたことでしょう。

外照射とホルモン治療を併用した場合、その影響がどの程度かということについて以下の投稿をしています。
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/8878

山口大学の松本洋明氏の論文を参照し次のように書きました。
「松本氏はホルモン治療2年の場合はホルモン治療の影響が減少するのはホルモン治療終了後、1年といっています。」

今回そのことに関連して、AUA2018における大阪国際がんセンター の泌尿器科の西村和郎氏の発表をみいだしましたので、ブログで紹介しました。
http://inves.seesaa.net/article/463164921.html

The Journal of Urology に載った記事は以下のとおり
https://www.jurology.com/doi/full/10.1016/j.juro.2018.02.1537

結論として以下のように書かれています。

「約3分の1の患者は、IMTを併用したADTの中止後にテストステロンの回復を達成しなかった。 ADT期間および年齢は、テストステロンの回復と有意に関連していた。」

結論自体は特に目新しいといえるものではないともいえますが、グラフが興味深いです。

ホルモン治療と回復の割合のグラフを以下に示します。
なおテストステロンの回復を テストステロン値 > 200 ng/dl と定義

http://inves.seesaa.net/

 

6ヶ月検診

 投稿者:けん  投稿日:2018年12月11日(火)15時52分47秒
  主治医がT医科大を退職したためジプシー状態で初めてのクリニックへ、術後2年2ヶ月目の検診に本日行ってきました。
受付に来る患者のほとんどは、私と同じく主治医を追ってやってきたご同輩。
T医科大病院で引き続き検診を受けるという選択肢もあったわけですが、やはり執刀してくれた先生の顔を見たいということと、大学病院の待ち時間の長さに辟易として…というところです。

半年前の別のクリニックでの検査結果は0.1未満ということで、再度の血液検査。
「40分くらい待てば結果が出ますが、どうしますか?」と訊かれて、待つことに。
やっぱり半年後に結果を聞くのはムズムズするところですから。

本日の検査結果は0.01未満。ほっとして6ヵ月後の予約を取る。
これで半年は忘れて過ごすことができます。
 

返信ありがとうございます。

 投稿者:野口ひろしメール  投稿日:2018年12月11日(火)15時28分21秒
  さかなさん、kimimikiさん
アクセス方法を教えていただき有難うございます。
これで自分の過去の投稿を見直してみたいと思います。
眞さん
G大病院で小線源治療を担当していたN主治医が、今はG県総合病院でダヴインチ手術をやっているのでしょうかね?本当だとしたらびっくりですが。 
 

眞さん

 投稿者:べるぼメール  投稿日:2018年12月11日(火)10時45分53秒
  遅ればせながらのコメントですが、眞さんよかったですね。

小生とは外部照射仲間と記憶しています。ただ、当方はGSが8と高リスクなのでホルモン剤(リュープリン)の注射を3ヵ月毎に打っておりました。過去形です。この10月に2年間のホルモン注射が終わりました。あとは半年毎のPSA検査になります。PSA経緯をグラフにしてみましたが、リュープリンがよく効いてこの病院検査のPSA検出限界以下になっていますので、意味のある情報はほとんどありません。今後は変化に一喜一憂するようになるのでしょうね。

ホルモン療法の副作用は色々と出ています。
 一番大きな変化は「禁煙」です。煙草を吸うと本当に体が重くなって階段が辛くなり辞めざるを得ませんでした。S医科大のO先生のHPでは「禁煙していただきます」と明言されていたので、選択肢から外させていただいたのですが、結局は禁煙してしまいました。禁煙1年以上たちますが、未だに喫煙を夢に見ます。喫煙所の近くを通るといい匂いと思ったりします。体が重く感じるのは禁煙しても変わりません。
 次が下血です。これは照射の副作用ですが、今は1カ月に1度くらいの頻度で大きな奴に見舞われます。昨日も家で大きな「おなら」をしたら一緒に血の塊がでて、ズボンと椅子を汚してしましました。大きな「おなら」かどうかは出てみないと判らないので、家以外では放屁しないようにしています。
 その次がバネ指でしょうか。近所迷惑なへたくそバイオリンを10年ほど前に始めましたが、バネ指の症状が1カ月ほど前から出てきて、弾けなくなりました。長く弾いて多少でも疲れてくると現象が現れるようです。
 あとはズボンが今まで88㎝でしたが94㎝になりました。体重は変化していませんが、どうなっとるのかと思います。これは禁煙の効果と重なっているのかもしれません。
 

野口 さん

 投稿者:  投稿日:2018年12月11日(火)10時33分21秒
  私より治療の時期は少し後ですが、掲示板でやりとりした人が治療後、順調に推移しているという投稿を拝見しますとうれしくなります。
野口 さんのGSが7 ということで、4+3ということを確認させていただいたこともありましたね。

実は最近掲示板にときどき投稿されるコバトンさんのブログを読んだことを契機に野口さんの投稿をみていました。

掲示板でS医科大に受診したが、結局G大で治療をうけた人がいたことを思い出しましたが名前がでてきませんでした。
そこで、掲示板内の検索で「S医科大 G大」というキーワードで検索し次のページにたどりつき、野口さんだということがわかりました。
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/7316

さらに「野口 G大」で検索しみつけた以下の投稿もよみました。
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/6254

転院の理由が待ちの長さだということを確認しましたが、別の病院で治療を受けたほうがいいという柔らかな助言によるものだと間違った記憶をもっていました。

野口さんの主治医は総合病院に移られたということですが、G大では継続して小線源治療は実施されているかと思います。
総合病院勤務となった先生は小線源治療ではなく、ダヴィンチでの手術を行っているのではないかと推察しています。

http://inves.seesaa.net/

 

お久しぶりです

 投稿者:野口ひろしメール  投稿日:2018年12月10日(月)15時12分7秒
  お久しぶりです。4年の眞さんには及びませんが、私はG医大で小線源治療を受けて以来、3年になりました。4ケ月毎の先日のPSA値は0.065でした。先日、予約通り、血液検査、尿検査、骨盤部単純MRI検査、尿流量検査を経て診察を受けて初めて分かったのですが、N主治医師はG県総合病院に転勤しておりました。前回の診察時、今回の診察以降、最寄りの病院での診察で良いと言われており、後任の医師より最寄りの病院への紹介状を出して貰いました。今後は6ケ月毎の診察で良いとのことでした。しかし、MRI等の検査結果については何もコメントが無かったので、結果を聞いたところ問題なかったとの一言でした。渡してくれた血液検査結果の表を見たら、尿素窒素やLDLコレステロールが機銃値より高く、γーグルタミントランスペプチターゼが基準値より低かったので聞いたところ、放置しておいてよいとのことでした。折角ここまで順調に来たのにG医大での最後はすっきりしない形で終わりました。ところで、過去の自分の投稿を見るにはどうすれば良かったですかね?  

コメント 感謝

 投稿者:  投稿日:2018年12月 5日(水)15時42分30秒
編集済
  けん さん、コバトン さん、山川 さん
コメントありがとうございます。

今回、ブログにも書いたのですが、PSAが下がるだろうことは予想していたのですが、予想より下がったので、単純にうれしくて、掲示板にも長文の報告をしてしまいました。

私と同じ外照射前にだけホルモン治療を行った病期など私とそう違いがない神谷さんのサイトのPSAの推移を記述よりフォローしています。
http://flot.blue.coocan.jp/cure/memo/IMRTPSA.html

私も0.3~0.4で安定していればいいかなと思っていたのですが、今回の値で少し違う推移をたどるかなと思ったりしています。

もちろん、半年後、0.3に戻る可能性も大いにあると思いますが、とりあえず、次回の診察まで心穏やかに過ごせそうです。

http://inves.seesaa.net/

 

真さん、まずは、おめでとうございます

 投稿者:山川メール  投稿日:2018年12月 5日(水)12時54分20秒
    ともあれ、良かったですね。何をもって完治とか寛解というのか、ええ加減ですね。
  医学上の尺度はないのではないでしょうか。本人が治ったと思うかどうかの
  問題に最後はなると思います。 IMRTや全摘後4年以上経ってもPSAが減り続けたり、
  検出限界の近くで変わらないということは、再発の可能性が、
  限りなく小さいということですから、他の病気にならないように注意する方が
  大事なような気がします。
  
 

よかったね

 投稿者:コバトン  投稿日:2018年12月 5日(水)10時07分19秒
  > 眞さん

 結果がよくてよかったです。

 私の主治医も、摘出手術後5年を経過しPSA値0.015で略横ばい状態ですが、完治とか寛解とかは全く言ってくれません。
「10年を経過してPSA値が上がり出すケースはあるのですか?」の私の質問に「無いと言えば嘘になります。」だって。

 半年や数年で完治と言ってくれる医師もいるようですが?・・・・私の主治医F先生は手術の腕は一流でも、馬鹿正直だ。



http://bluekobaton.seesaa.net/

 

RE: IMRT治療後4年を過ぎての診察

 投稿者:けん  投稿日:2018年12月 4日(火)23時11分44秒
  眞さん、つつがなく何よりです。
眞さんの書き込みで、自分の半年の定期検診を思い出しました。
私の主治医は9月に大学病院を退職されて自身の病院を建ててる最中。
いくつかのクリニックに居候しているようなので、訪ねて行かねばなりません。
予約が必要ないのは気楽ですが。
 

/282