投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(94)
  2. 「論文・詳細スレッド」(61)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


N県総合病院

 投稿者:野口ひろしメール  投稿日:2018年12月12日(水)14時49分13秒
  眞さん
改めてG県総合病院のホームページを見たところ、G県総合病院はダヴインチ手術もやっていますが、放射線内照射(ブラキセラピー)もやっているようです。N医師の役職は泌尿器内視鏡部長となっていました。私がびっくりしたのは、今までの小線源治療の実績を捨てて新たにダヴインチ手術に取り組むとはと思ったものですから。
 

ダヴインチ手術

 投稿者:  投稿日:2018年12月11日(火)20時06分52秒
  野口 さん以下のように書かれています。

「眞さん
G大病院で小線源治療を担当していたN主治医が、今はG県総合病院でダヴインチ手術をやっているのでしょうかね?本当だとしたらびっくりですが。」

N医師が移られたと私が想定しました病院ではダヴィンチ手術を年間100件ほど実施していましてそれはとても一人の医師の施術ではないと思ったこと、さらにその病院では小線源治療を行っていないことからの推定でした。

野口さんは主治医のうつった病院のダヴィンチ手術の実績あるいは小線源治療の実績を調べられていて、「びっくり」という言葉を使われているのでしょうか。

私の推測がとんだ勘違いという可能性はおおいにありますが。
 

けんさん

 投稿者:初心者メール  投稿日:2018年12月11日(火)19時13分0秒
  けんさん、私の手術前にアドバイスをいただきありがとうございました。

尿漏れも1週間とか聞くと、はぁ~、私はもうすぐ7ヶ月になりますがまだまだオムツがとれません。

断端陽性もあったし、再度はぁ~。
 

ホルモン治療併用のIMRTでのテストステロンの回復

 投稿者:  投稿日:2018年12月11日(火)17時54分36秒
編集済
  べるぼ さん
コメント ありがとうございます。

PSA不安、昨今減少したかとはいえ、やはり診察の前は緊張します。今回は予測よりPSA値低かったので、きっと主治医の前でも顔がほころんでいたことでしょう。

外照射とホルモン治療を併用した場合、その影響がどの程度かということについて以下の投稿をしています。
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/8878

山口大学の松本洋明氏の論文を参照し次のように書きました。
「松本氏はホルモン治療2年の場合はホルモン治療の影響が減少するのはホルモン治療終了後、1年といっています。」

今回そのことに関連して、AUA2018における大阪国際がんセンター の泌尿器科の西村和郎氏の発表をみいだしましたので、ブログで紹介しました。
http://inves.seesaa.net/article/463164921.html

The Journal of Urology に載った記事は以下のとおり
https://www.jurology.com/doi/full/10.1016/j.juro.2018.02.1537

結論として以下のように書かれています。

「約3分の1の患者は、IMTを併用したADTの中止後にテストステロンの回復を達成しなかった。 ADT期間および年齢は、テストステロンの回復と有意に関連していた。」

結論自体は特に目新しいといえるものではないともいえますが、グラフが興味深いです。

ホルモン治療と回復の割合のグラフを以下に示します。
なおテストステロンの回復を テストステロン値 > 200 ng/dl と定義

http://inves.seesaa.net/

 

6ヶ月検診

 投稿者:けん  投稿日:2018年12月11日(火)15時52分47秒
  主治医がT医科大を退職したためジプシー状態で初めてのクリニックへ、術後2年2ヶ月目の検診に本日行ってきました。
受付に来る患者のほとんどは、私と同じく主治医を追ってやってきたご同輩。
T医科大病院で引き続き検診を受けるという選択肢もあったわけですが、やはり執刀してくれた先生の顔を見たいということと、大学病院の待ち時間の長さに辟易として…というところです。

半年前の別のクリニックでの検査結果は0.1未満ということで、再度の血液検査。
「40分くらい待てば結果が出ますが、どうしますか?」と訊かれて、待つことに。
やっぱり半年後に結果を聞くのはムズムズするところですから。

本日の検査結果は0.01未満。ほっとして6ヵ月後の予約を取る。
これで半年は忘れて過ごすことができます。
 

返信ありがとうございます。

 投稿者:野口ひろしメール  投稿日:2018年12月11日(火)15時28分21秒
  さかなさん、kimimikiさん
アクセス方法を教えていただき有難うございます。
これで自分の過去の投稿を見直してみたいと思います。
眞さん
G大病院で小線源治療を担当していたN主治医が、今はG県総合病院でダヴインチ手術をやっているのでしょうかね?本当だとしたらびっくりですが。 
 

眞さん

 投稿者:べるぼメール  投稿日:2018年12月11日(火)10時45分53秒
  遅ればせながらのコメントですが、眞さんよかったですね。

小生とは外部照射仲間と記憶しています。ただ、当方はGSが8と高リスクなのでホルモン剤(リュープリン)の注射を3ヵ月毎に打っておりました。過去形です。この10月に2年間のホルモン注射が終わりました。あとは半年毎のPSA検査になります。PSA経緯をグラフにしてみましたが、リュープリンがよく効いてこの病院検査のPSA検出限界以下になっていますので、意味のある情報はほとんどありません。今後は変化に一喜一憂するようになるのでしょうね。

ホルモン療法の副作用は色々と出ています。
 一番大きな変化は「禁煙」です。煙草を吸うと本当に体が重くなって階段が辛くなり辞めざるを得ませんでした。S医科大のO先生のHPでは「禁煙していただきます」と明言されていたので、選択肢から外させていただいたのですが、結局は禁煙してしまいました。禁煙1年以上たちますが、未だに喫煙を夢に見ます。喫煙所の近くを通るといい匂いと思ったりします。体が重く感じるのは禁煙しても変わりません。
 次が下血です。これは照射の副作用ですが、今は1カ月に1度くらいの頻度で大きな奴に見舞われます。昨日も家で大きな「おなら」をしたら一緒に血の塊がでて、ズボンと椅子を汚してしましました。大きな「おなら」かどうかは出てみないと判らないので、家以外では放屁しないようにしています。
 その次がバネ指でしょうか。近所迷惑なへたくそバイオリンを10年ほど前に始めましたが、バネ指の症状が1カ月ほど前から出てきて、弾けなくなりました。長く弾いて多少でも疲れてくると現象が現れるようです。
 あとはズボンが今まで88㎝でしたが94㎝になりました。体重は変化していませんが、どうなっとるのかと思います。これは禁煙の効果と重なっているのかもしれません。
 

野口 さん

 投稿者:  投稿日:2018年12月11日(火)10時33分21秒
  私より治療の時期は少し後ですが、掲示板でやりとりした人が治療後、順調に推移しているという投稿を拝見しますとうれしくなります。
野口 さんのGSが7 ということで、4+3ということを確認させていただいたこともありましたね。

実は最近掲示板にときどき投稿されるコバトンさんのブログを読んだことを契機に野口さんの投稿をみていました。

掲示板でS医科大に受診したが、結局G大で治療をうけた人がいたことを思い出しましたが名前がでてきませんでした。
そこで、掲示板内の検索で「S医科大 G大」というキーワードで検索し次のページにたどりつき、野口さんだということがわかりました。
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/7316

さらに「野口 G大」で検索しみつけた以下の投稿もよみました。
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/6254

転院の理由が待ちの長さだということを確認しましたが、別の病院で治療を受けたほうがいいという柔らかな助言によるものだと間違った記憶をもっていました。

野口さんの主治医は総合病院に移られたということですが、G大では継続して小線源治療は実施されているかと思います。
総合病院勤務となった先生は小線源治療ではなく、ダヴィンチでの手術を行っているのではないかと推察しています。

http://inves.seesaa.net/

 

お久しぶりです

 投稿者:野口ひろしメール  投稿日:2018年12月10日(月)15時12分7秒
  お久しぶりです。4年の眞さんには及びませんが、私はG医大で小線源治療を受けて以来、3年になりました。4ケ月毎の先日のPSA値は0.065でした。先日、予約通り、血液検査、尿検査、骨盤部単純MRI検査、尿流量検査を経て診察を受けて初めて分かったのですが、N主治医師はG県総合病院に転勤しておりました。前回の診察時、今回の診察以降、最寄りの病院での診察で良いと言われており、後任の医師より最寄りの病院への紹介状を出して貰いました。今後は6ケ月毎の診察で良いとのことでした。しかし、MRI等の検査結果については何もコメントが無かったので、結果を聞いたところ問題なかったとの一言でした。渡してくれた血液検査結果の表を見たら、尿素窒素やLDLコレステロールが機銃値より高く、γーグルタミントランスペプチターゼが基準値より低かったので聞いたところ、放置しておいてよいとのことでした。折角ここまで順調に来たのにG医大での最後はすっきりしない形で終わりました。ところで、過去の自分の投稿を見るにはどうすれば良かったですかね?  

コメント 感謝

 投稿者:  投稿日:2018年12月 5日(水)15時42分30秒
編集済
  けん さん、コバトン さん、山川 さん
コメントありがとうございます。

今回、ブログにも書いたのですが、PSAが下がるだろうことは予想していたのですが、予想より下がったので、単純にうれしくて、掲示板にも長文の報告をしてしまいました。

私と同じ外照射前にだけホルモン治療を行った病期など私とそう違いがない神谷さんのサイトのPSAの推移を記述よりフォローしています。
http://flot.blue.coocan.jp/cure/memo/IMRTPSA.html

私も0.3~0.4で安定していればいいかなと思っていたのですが、今回の値で少し違う推移をたどるかなと思ったりしています。

もちろん、半年後、0.3に戻る可能性も大いにあると思いますが、とりあえず、次回の診察まで心穏やかに過ごせそうです。

http://inves.seesaa.net/

 

真さん、まずは、おめでとうございます

 投稿者:山川メール  投稿日:2018年12月 5日(水)12時54分20秒
    ともあれ、良かったですね。何をもって完治とか寛解というのか、ええ加減ですね。
  医学上の尺度はないのではないでしょうか。本人が治ったと思うかどうかの
  問題に最後はなると思います。 IMRTや全摘後4年以上経ってもPSAが減り続けたり、
  検出限界の近くで変わらないということは、再発の可能性が、
  限りなく小さいということですから、他の病気にならないように注意する方が
  大事なような気がします。
  
 

よかったね

 投稿者:コバトン  投稿日:2018年12月 5日(水)10時07分19秒
  > 眞さん

 結果がよくてよかったです。

 私の主治医も、摘出手術後5年を経過しPSA値0.015で略横ばい状態ですが、完治とか寛解とかは全く言ってくれません。
「10年を経過してPSA値が上がり出すケースはあるのですか?」の私の質問に「無いと言えば嘘になります。」だって。

 半年や数年で完治と言ってくれる医師もいるようですが?・・・・私の主治医F先生は手術の腕は一流でも、馬鹿正直だ。



http://bluekobaton.seesaa.net/

 

RE: IMRT治療後4年を過ぎての診察

 投稿者:けん  投稿日:2018年12月 4日(火)23時11分44秒
  眞さん、つつがなく何よりです。
眞さんの書き込みで、自分の半年の定期検診を思い出しました。
私の主治医は9月に大学病院を退職されて自身の病院を建ててる最中。
いくつかのクリニックに居候しているようなので、訪ねて行かねばなりません。
予約が必要ないのは気楽ですが。
 

IMRT治療後4年を過ぎての診察

 投稿者:  投稿日:2018年12月 4日(火)20時34分53秒
編集済
  本日、IMRT治療を受けて4年が過ぎ、診察を受けてきました。
PSAが予想以上に下がっていて、ひとり喜んでいます。
本日 0.20 前回、6月 0.301

この値はIMRT終了後半年経っての値、0.191に匹敵しホルモン治療が終わって半年後でそろそろホルモン治療の影響が少なくなるころと同じ値と同じになったことに少し驚きました。
推移のグラフはサイトの以下のページ
http://flot.blue.coocan.jp/cure/psa.html

IMRT後のPSA値で紹介しました名古屋市立大学のHayashi氏他の論文、MRT治療を行った患者116人をPSA非再発の場合及びPSA再発にグループ分けし、考察したものの非再発のグループに関する以下の記述を改めて確認し些か安堵しました。

PSA levels never increased by > 1 ng/mL from the nadir during a median of 37 months (range, 10-55 months).

PSAレベルは決して中央値37カ月(範囲 10-55カ月)の間で最下点から1ng / mL を越えて増加しなかった。

4年経って、PSAが 1.0 より遥かに低い値ということは少しの安心材料かなという思いです。

小線源治療を受けた方は時間が経つと0.1以下になるようですが、外照射、IMRTの場合は必ずしもそういう推移を辿りませんが、4年過ぎての0.20 という値は上出来だと思いました。

但し、主治医は「安定しています」の一言で5年過ぎると年1回でいいのですね。半年毎は後2回、そうして10年まで来なければいけないのですねと確認しますと、「そういうことになっています」というお言葉、先生は完治の宣言はとてもしてくれない模様。
後7回、通う必要あります。

http://inves.seesaa.net/

 

冬本番

 投稿者:ほっかいどう  投稿日:2018年12月 1日(土)06時38分6秒
  十勝岳望岳台まで行ってきました。氷点下11度でした。寒くて長い冬が始まりました。  

Kimikimiさん:メールを送る方法がわかりました。

 投稿者:山川  投稿日:2018年11月29日(木)20時26分49秒
  投稿者名の横にある封筒マークを押したらよいということですね。これにたどり着くのに
半日かかりました。 それに、メールに直接返信しても届かないようになっていると
いうことも知りました。 時代遅れのおじいさんになっているようです。
気まぐれに33ヵ所観音さんめぐりをしています。 第20番札所芳峰寺の紅葉がきれいでした。
 

山川さん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2018年11月28日(水)20時53分58秒
  掲示板の投稿者にメールを送る方法について
これは 私が初心者さんの投稿メールアドレスを
クリックしました。  以下の表示が出ました。
試して みてください。
 

掲示板の投稿者にメールを送る方法? 陽はまた昇る

 投稿者:山川メール  投稿日:2018年11月28日(水)19時56分58秒
    掲示板の投稿者にメールを送る方法を教えてくださいませんか。
ひょっとしたら私にもメールが来ていたのかもしれません。
  翔鵬さんの投稿に一月120km以上歩けば、がんの再発やら転移が防げるという
記事がありましたが、同感です。 がん細胞は正常細胞に比べて増殖能力が高いので、
放射線によりDNA1が傷つけられたり、
栄養状態が悪くなれば、正常細胞よりも先に参ってしまうだろうというのが、
私の勝手仮説です。 実際のところ、放射線治療もこの原理で行われています。
 この一カ月で、山中も含めて約140kmほど歩きましたが、果たしてその結果が
次回のPSA検査でどうなるか。もしも大きく上昇していたら、上の仮説は間違いといいうことに
なります。   ともあれ、自然は素晴らしく、その再生の力に驚かされています。
”老兵は死なず。ただ消え去るのみ”と思いつつ、“陽はまた昇る The sun arises again" の世界です。

 
 

あやしいメール

 投稿者:初心者メール  投稿日:2018年11月28日(水)14時40分57秒
  続いた話題に便乗して、

いままでにここの投稿者の方にメールを差し上げたことが何度かあります。
一通も返信をいただいたことがありません。

不審なメールと思われたのでしょうね。
 

ランナーさん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2018年11月28日(水)11時02分12秒
  ありがとうございます。
3年間のホルモン療法で 日常生活に支障がある事は
お辛いでしょうが 先に 希望を持って!
どうぞ ご自愛くださいませ。
 

怪しいメール

 投稿者:ランナー  投稿日:2018年11月28日(水)09時50分28秒
  ガラ携帯電話に、この一年間で、大手企業の名前が掲載されたメールが6通来ました。入会手続きをしてください、再登録をしてくださいとのこと。これらの内容に心当たりがないので、URLをクリックしていません。クリックした瞬間に被害に遭う可能性もありますからね。心当たりがないメールは即削除した方が良いと思っています。

また、パソコのメールも、毎日、アカウントの更新手続きをしてください、との内容が送られてきて困っています。大手企業の名前が掲載されています。こちらも、無視の状態。ULRをクリックしたらとんでもない目に遭うかもしれませんから。

先日、テレビで某アナウンサーが言っていました。心当たりのないメールは絶対にULRをクリックしないと、怖いから。

4年前に、パソコンの右下に、無数のウイルスに感染していますと表示されたことが有りました。業者に頼んで、処理してもらったのですが、偽のウイルスだったそうです。業者には9,000円支払いましたね。

kimimiki様、5年間、お疲れさまでした.kimimiki様のアドバイスで、画像を載せることが出来るようになったのは大きな進歩でした。

どうぞ、風邪に気を付けて肺炎にはならないよう気をつけてあげてください。
 

怪しい投稿2

 投稿者:べるぼメール  投稿日:2018年11月27日(火)11時05分13秒
  初心者さん 確かに遅かったですね。多分さかなさんは問題ない方とは思いますが、このような「無題」、「初めての方」、「URL」だけの方の投稿は怪しいですね。その気になれば怪しくない振りをする事は技術的に簡単で、それに引っかかって怪しいサイトに飛ばされるとウイルスに感染して悲劇を受けます。

すべてのクリックは注意と覚悟が必要です。

クリックとは関係ないですが小生の仕事用メールには1日百通以上のスパムメールが来ます。どういうわけか土日は600通を超す時もあります。私の場合はメールアドレスがどこかに漏れたのでしょう。うっとおしいです。メールの中にURLがあっても絶対にクリックしません。
 

山城の人さん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2018年11月27日(火)10時13分5秒
  お久しぶりですね!
ありがとうございます。
お元気そうで  嬉しいです。(^-^)
どうぞ ご自愛くださいませ。
 

RE区切り

 投稿者:山城の人  投稿日:2018年11月27日(火)07時10分22秒
  kimimiki様 ご苦労さまでした。  

もう遅い

 投稿者:初心者メール  投稿日:2018年11月27日(火)06時38分8秒
  べるぼさん、もう手遅れです。みなさんクリックしたでしょう。  

怪しい投稿

 投稿者:べるぼメール  投稿日:2018年11月26日(月)23時23分34秒
  「さかな」という方の投稿は怪しすぎますのでクリックしないようにしてください。
とんでもないサイトに導かれる恐れが大です。
 

また再びの Google での「トリモダリティ」検索

 投稿者:  投稿日:2018年11月24日(土)13時58分27秒
編集済
  本日、午前8時Google でトリモダリティで検索した結果をブログにGoogle で「トリモダリティ」を検索 その3と題して書きました。

検索結果のTOP10のうち、二つの掲示板への投稿記事、さらに前立腺がんガイドブックの記事が載っていましたので、現在も腺友ネットが トリモダリティ という言葉を広める役割をしているということを書きました。

なお、現時点の検索結果はブログで示した結果のとおりではありません。

以前に書きましたGoogle で「トリモダリティ」を検索 その2でTOP10に入っていましたトリモダリティ考は残念ながら今回はTOP10の圏外でした。


検索結果の2014年 1月 4日のKTじーさん の投稿、興味深く読みました。
KTじーさんは高リスクで2009年4月にS医科大で小線源の治療を受けました。

論文、Okamoto K, Wada A, Kohno N. High biologically effective dose radiation therapy using brachytherapy in combination with external beam radiotherapy for high-risk prostate cancer. J Contemp Brachytherapy. 2017;9:1-6では2005年から2013年に治療を受けた患者143人が対象ですので、KTじーさん は論文での患者に入っています。

KTじーさん
2018年11月現在の状況を掲示板に投稿していただけますと、論文に書かれた人の経験として興味あるところですし、情報共有になるかと思います。
もっとも現在は治療後、9年経っていますので、もう掲示板はご覧になっていないかもしれませんが。

http://inves.seesaa.net/

 

山川さんがうらやましい

 投稿者:初心者メール  投稿日:2018年11月24日(土)07時33分35秒
  しばらくリードオンリーでした、初心者です。

山川さんのご報告うらやましく拝見しています。わたしの尿漏れがひどくまもなく半年ですがなかなか改善しません。でも減ってきているのは確実なので現実を受け入れるしかありません。
 

全摘手術から一周年:現状報告

 投稿者:山川メール  投稿日:2018年11月20日(火)20時43分57秒
  ハイリスクの全摘手術から一年経ちました。10月末から、長年の悲願である大峰奥駈けに3回目の挑戦をしてきました。残っているであろうがん細胞をとことん痛めつけて免疫細胞を活性化するというのも目的の一つでした。残念ながら、吉野山出発後、目的地の熊野本宮直前で道迷いをしてしまい、未完成に終わりましたが、20kg超のバックパックを背負い、12日間で、120kmを歩きました。がん持ちも修行やスポーツをして楽しく生きられることを実感しました。山中ではタチション自由ですので、尿漏れを気にせずにすみました。山中で使っていた尿漏れパッドを3枚帰宅後検量しましたが、無視できる程度(一日5cc以下)の尿漏れでした。山歩きでは、汗と尿の区別がなくなり、勝手に蒸発していたようです。今のところNDのPSA値が次回の検査でどうなるか気になりますが、結果を気にせず、残りの人生を一日一日力いっぱい生きていこうと思っています。今は、留守中に大きくなった玉ねぎやらカリフラワーの植え替え、えんどうの支柱つくりに汗を流しています。  

IG-IMRT による治療(愛知県がんセンター)

 投稿者:  投稿日:2018年11月19日(月)11時05分2秒
編集済
  昨日、久々に検索し、愛知県ガンセンターのIG-IMRT(Image-Guided Intensity-Modulated Radiation Therapy)の治療成績(10年)の論文をみつけましたので、サイトに紹介記事をアップしました。
http://flot.blue.coocan.jp/cure/memo/Aichi2.html

論文はAsia Pac J Clin Oncol. 2018 Nov 8.

筆頭著者の富田夏夫氏の論文をはじめてみいだしたのはガンセンターのサイトの記事からでした。IMRTの治療が始まってすぐの時期であり、私が治療を受けたのと同じ装置、トモセラピーによる治療成績に関心をもち、掲示板でよく言及されている小線源との比較の記事を書きました。(2014/10/22)
http://flot.blue.coocan.jp/cure/IMRT.html

4年以上経って同じ病院での治療成績の論文の紹介記事を書くというのはそう意味あるわけではないですが、少し想いを感じます。

比較表のページに愛知のデータを追記し更新しました。
http://flot.blue.coocan.jp/cure/memo/outcome3.html

この表の中、10年PSA非再発率を以下に抜き書きします。

1.東京医療センター 小線源 治療後5年以上経過 1036人
低リスク  98.2%
中間リスク 87.8%
高リスク  78.6%

2.北里大学 HDR 2003~2012 283人
T3a 79%
T3b 64%

3.がん研有明病院  手術 1994~2003 189人
高リスク  48.5%

4.大阪府立成人病センター 手術 1995~2011 44人
高リスク(全てcT3N0M0) 51%

5.愛知県がんセンター IMRT 2006~2010 208人
低リスク 100%
中間リスク 84%
高リスク  90%
超高リスク 72%

10年となるとさすがに長いのでそう多くはない。

漂流さんは論文の差異で愛知県がんセンタ-の富田氏らの論文と滋賀医大岡本氏らの論文を比較しています。

参考
愛知県がんセンタ-の富田らの論文の図1

現状では滋賀医科大では10年PSA非再発率を報告する論文は発表される可能性が低いので今回私のあげた論文との比較するのは難しいと思われます。

なお、富田夏夫氏は富田 夏夫(医学研究科放射線医学分野)によると、2007年10月 - 2018年06月まで愛知県がんセンターに勤務され、2018年07月 - 現在, 名古屋市立大学, 大学院医学研究科 放射線医学分野, 准教授 とのことです。
富田 夏夫 - 研究者 - researchmapで確認しますと、「論文」の項にも上記の論文が掲載されています。掲載の形式をみますと名古屋市立大学の研究者データベースの内容が転載されている模様だ。

http://flot.blue.coocan.jp/cure/

 

/281