投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(97)
  2. 「論文・詳細スレッド」(61)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: S医科大学 泌尿器科の問題

 投稿者:  投稿日:2019年 5月12日(日)16時43分7秒
  1患者 さんは5月11日の投稿S医大を前立腺がん患者が刑事告訴というmBs NEWSの記事を紹介されました。

この日、同じくS医科大のO医師による刑事告訴がABCニュースで報道されました。
https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/abc_1747.html

泌尿器科のK教授に対して「有印私文書偽造」の刑事告訴を大津市警察に行ったとのことです。
(5月10日)
この刑事告訴が受理されたならば、S医科大事件は新たなフェーズに入ったということがいえるかと思います。

http://inves.seesaa.net/

 

S医科大学 泌尿器科の問題

 投稿者:1患者  投稿日:2019年 5月11日(土)16時44分21秒
編集済
  S医科大学 泌尿器科では、倫理規定違反を超えて、私文書偽造の法律違反で、告訴されていたんですね!  患者の人権は無視。 恐ろしいです。

https://www.mbs.jp/news/kansainews/20190511/GE000000000000027708.shtml

 

totomod さん

 投稿者:  投稿日:2019年 5月11日(土)09時14分59秒
編集済
  5月10日の投稿でS医科大で小線源治療後1か月ではMRIとCTを実施したということですね。治療経験の投稿ありがとうございます。

私はABCテレビのキャストでの書き起こしの文をよみ、MRIだけを実施と捉え、そんな病院もあるのだ、MRIだけで線量分布を把握できるのだなということで少し驚いたので投稿した次第です。

疑問が解消されました。CTも行われたということで、多分、番組ではテレビクルーに分かりやすい説明のことでの言だったのでしょう。

http://inves.seesaa.net/

 

Re: 外照射併用の線量

 投稿者:羊毛メール  投稿日:2019年 5月11日(土)08時01分13秒
  小線源治療の日を待つ身ですが、治療法が決まってもうすっかり治った気分で軽やかに過ごしている羊毛です。(笑)

さて、以前、S大学KT病院において小線源+外部照射での小線源の線量が110Gyか130Gyか、という話題が3/18~19頃に出ていました。
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/10857
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/10863
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/10864
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/10866

一昨日、眞さんの投稿埼玉病院の小線源説明PDF(ver3.0)のリンクが掲げられてましたが、この中で明確に130Gyを照射することが書かれているのを発見しました。

> 癌の状態によっては、小線源治療と外部照射を併用することがあります。その場合には
> I-125による線量を110Gyと抑えて、外部照射にて45Gyを追加照射するように計画を
> たてます。悪性度の高い癌には、I-125による線量を130Gy、外部照射にて45Gyを追
> 加照射するように計画を立てることもあります。
>
> 小線源治療(単独および外部照射併用)と外部照射単独治療との比較
>     照射線量              相当する外部照射線量
> 小線源  外部照射(併用)      (通常は70~78Gy)
>  160Gy       0Gy       ⇒       85 Gy
>  110Gy      45Gy       ⇒      100 Gy
>  130Gy      45Gy       ⇒      110 Gy

一方、S大学KT病院のページでは逆に「A;シード治療(110Gy)+外部照射(45Gy、前立腺+精嚢腺)」と書かれていて、3月時の「130Gy」から修正されています。
(ホルモン併用の期間も明示されなくなりましたが、埼玉病院でも期間が範囲で示されてますし、こちらも恐らく個々の症例によって変わってくるのではないかと。私の想像ですが。)

私は小線源単独になってしまったので、このあたりの経緯や詳しい内容をS大学KT病院で聞くことは恐らく無いとは思います...。

 

31ヶ月目検診

 投稿者:けん  投稿日:2019年 5月10日(金)18時56分9秒
  本日、全摘後二年半の検診でした。
PSA値は測定限界以下の 0.01 以下
「排尿は問題ありませんね?」
「ありません」
「ではまた半年後」
以上終了でした。

先生は大学病院退職後、この4月に三鷹に病院を開いたばかりで、「大変ですよ」と笑いながらおっしゃっていたので、そこそこ軌道に乗っているのでしょう。
三鷹まで通えない患者のために、東京駅そばのクリニックに通いで外来を持ってくれています。
 

眞さんへ

 投稿者:totomod  投稿日:2019年 5月10日(金)12時10分57秒
  眞さんへ
「通りすがりさん」の投稿に対するコメントで
>S医科大においては小線源治療1ヶ月後にMRIで確認するのですね。

とありましたが、はて、自分(S医科大で小線源単独治療)の場合どうだったかなと思い、当時の自分の記録を引っ張り出し確認しました。やはり、ポストプラン(1か月後)でCTとMRI両方やっていました。
その記録をそのまま載せます。放射線医の話と私の見解が混じっていますが、あくまでも個人的な記録です。参考としてご覧ください。

『今回ポストプランで前立腺のMRI(今回3テスラ),CT,普通レントゲンを撮りましたが、これらの目的を放射線科のK先生にお伺いしてきました。がんの状態を調べるものではなく、先に行った小線源手術のクオリティを評価するためのものだそうです。手術が狙い通りに行われているか、期待する効果が出ているかを確認するのが目的です。確認の時点は手術直後と一カ月後(今回)です。
前立腺内の小線源による放射線の線量分布を把握するために、CTの情報が必要になる。CTにより前立腺内のどこにシードがあるかがわかるため、この情報を118本分丁寧に拾い、線量分布ソフトにインプットすれば、線量分布が描けるのであろうと思う。ではMRIは何に使うのか。補助情報として使うそうです。CTで完全に得られない情報をMRIでサポートするということです。特にCTの弱点として前立腺の境界が解り難いそうです。境界が解り難いと線源の配置情報も精度が低くなります。その点MRIは前立腺の境界がはっきり解るらしいのです。よって前立腺の境界を明確にして線源配置の精度を上げ、結果的に正確な線源放射線分布が得られるということです。病院によってはCTだけで済ませるところもあるようですが、S医科大学ではきめ細かくやるようです。
これらの一連のプロセスにより、いわば小線源手術の品質を保証し、さらに結果のフィードバックにより更なる技術の向上を目指しているとの説明でした。』
 

小線源単独治療後18カ月診察

 投稿者:totomod  投稿日:2019年 5月10日(金)09時28分10秒
  S医科大学にて受診してきました。PSA値は6.486から治療後12カ月で1.351となりました。放射線医は「平均的な動きであり、今後限りなく0に向かって低下していくでしょう」と仰いました。カルテでは陽性率=3/8、GS:3+4(2本)、3+3(1本)、病期T2c、Highest PSA=7.28でしたが、放射線により癌細胞が死滅し、治癒の方向に進んでいることを実感しています。また、合併症については尿の出が細く頻尿気味ですが、その他は特に問題ありません。
改めて担当医や看護スタッフに感謝すると共に、当時、対応の手順や治療法などいろいろアドバイスを頂いた腺友の方々にも感謝する次第です。
PS: PSA推移を添付します。



 

お知らせ

 投稿者:ひげの父さん  投稿日:2019年 5月10日(金)01時31分57秒
  昨秋、東京で男性がん総合フォーラム「Mo-FESTA CANCER FORUM」を行いましたが、
新聞十数紙に掲載された記事が、このたび共同通信のWEB SITE「医療新世紀」に掲載されました。
https://www.47news.jp/medical/shinseiki/3522807.html
どうぞご覧ください。

今年も同様のセミナーを開催する予定です。
 

前立腺がんセミナー(高松:6/16)のお知らせ

 投稿者:ひげの父さん  投稿日:2019年 5月10日(金)01時17分41秒
  6月16日(日)、高松(香川県)で、三者(CNJ、腺友倶楽部、バイエル薬品 )共催の前立腺がんセミナーを開催します。
現在、申込の受付を行っています。
転移がんに重点をおいたシリーズで、今年は全国3カ所で予定しており、「高松」がそのTOPを切ります。
香川大学 泌尿器科の杉元先生(座長)を中心に、講師の先生方にお集まりをいただきました。

場所:かがわ国際会議場(高松シンボルタワー棟 6階) 14:00より(受付は13:30より)
講演1:三豊総合病院 泌尿器科 上松克利先生
講演2:香川大学 放射線治療科 柴田徹先生
講演3:患者 川崎陽二さん
Q&A ディスカッション:司会 武内務(腺友倶楽部)

詳細はこちらからご覧ください。
https://www.cancernet.jp/zenritsusen190616
チラシのDLはこちらから
https://www.cancernet.jp/wordpress/wp-content/uploads/2019/04/takamatsu_zenritsu_A4_190418-1.pdf
 

Re: キャスト放映

 投稿者:  投稿日:2019年 5月 9日(木)19時51分52秒
編集済
  通りすがり さん
ABCテレビ の番組の書き起こしのページの紹介ありがとうございます。
前立腺がん克服に向けては以前ビートルズ好きさんが2018年 9月30日の投稿で参考としてあげられたものですね。

読ませていただきまして気にかかったことがらを以下に書きます。
それはS医科大の司法判断を仰いでいる問題の内のひとつ医師、患者らが「治療妨害禁止」を求め仮処分申し立てに関する以下の記述です。

O医師による治療が受けられるかどうか大津地裁による判断は今月中
に示される見通しとなっています。

和解案についての話し合いがなされたという記事をよんだことがありますが、最終的に司法判断が5月中になされるということのようです。

6月末で小線源治療終了でフォローが半年要という病院の主張に関するO医師の反論が興味深かったです。

(O医師) 6ヶ月という数字に妥当性はないちゅうこと、1ヶ月後のMRIは、
当院でやらなければならないですけど。仮に私がどこかの でフォロー
アップ出来ればいいわけじゃないですか今の待機患者さんを治療しない
理由にはならないと

S医科大においては小線源治療1ヶ月後にMRIで確認するのですね。
私は慶應義塾大学医学部放射線科学教室の前立腺癌永久刺入密封小線源療法に書かれていますようにCTで確認すると思っていました。

治療後一か月ほど経過した時点で、線源の配置・線量の分布を確認する
ためのCT(ポストプラン)を撮影します。

もっとも、当院での前立腺癌小線源治療の説明パンフレット ver3.0(PDF - 埼玉病院)には以下のように書かれています。

2.退院後の経過について
退院後約1ヶ月目にPSA 採血およびCT などの検査を外来で行います。
MRIを行うこともあります。


ABCテレビのキャストで検索し以下のページをみつけました。
朝日放送ABC キャスト特集 2011.11.25放映を紹介したものです。
http://www.shiga-med.ac.jp/~toruasai/cn15/pg243.html

A医師を特集したTV番組です。
ページの以下の文は示唆的です。

大学を変革といわれているが、組織そのものを変えるのは難しい。
ただ、内部で抵抗勢力となりうる人達を協力勢力として力を合わせ
てゆけるのじゃないかと思ってます。

もちろん、教授という立場での変革ということで今回の場合とは異なりますが、きちんと後継者を養成し、緊急の患者がかつぎこまれたときは弟子が執刀し、ご自身は手術予定の患者を対応するという映像でした。
「3日間の取材からこの特集を制作」ということでテレビマンの機動力にはおそれいました。
通りすがり さんの紹介された番組もきっと同じように短期間の制作期間だったでしょう。
係争中の案件で病院側の取材拒否からか、「オフレコ」という画面表示も言い訳めいています。

http://inves.seesaa.net/

 

キャスト放映

 投稿者:通りすがり  投稿日:2019年 5月 7日(火)19時48分29秒
  5/2日(木)TV朝日系列、関西地区ABCテレビのキャストという番組で滋賀医大問題が
またもや特集で組まれました。キャストでは2/7日に続き2回目の取り上げとなりました。下記のホームページで、くまなくアップされています。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~dkhtr/index.html
 

角投手

 投稿者:ランナー  投稿日:2019年 4月30日(火)10時44分22秒
  3週間前ぐらいから、巨人で活躍した角投手の連載が読売新聞で始まっています。
連載は一週間に一回のようです。

昨日は、4チャンネルで宮本亜門さんの放送をしていましたね。健康食品のSP
の中での放送で、新聞の番組欄には宮本亜門さんのことは一言ものっていませんでした。
 

Re: 宮本亜門、ほか

 投稿者:  投稿日:2019年 4月30日(火)10時02分37秒
編集済
  平成最後の日、羊毛さんの投稿に対する遅ればせながらの返信です。

宮本亜門さんの前立腺がんに関してはブログにいくつか書いています。
1 http://inves.seesaa.net/article/464960074.html
2 http://inves.seesaa.net/article/465048159.html

PSAが高いことが分かっても仕事が多忙なことより放置し、それでも気にはなっていてテレビ企画に対応し出演し、ご自身主演の番組を演出し、演じきったといういささか辛辣な見方でした。
なお2でリンクしたyoutubeの動画はいまはみることができません。

そうして著名人ががん告知をした後の反応について以下の記事を書きました。
宮本亜門氏の前立腺がん公表の反応
このなかで羊毛さんが紹介されました宮本氏のtweet の2をリンクしました。
https://twitter.com/amonmiyamoto/status/1116901713053491200

O医師を勧める人が多くメール アドレス も記載しています。
ただし、HIROさんが 4月19日に書かれていた「O医師とコンタクトできなくなり」という現在の状況はしらなく、善意のtweet も羊毛さんのいわれる「無責任」のものになっています。新患の受付がなされていないという状況で、現在の状況を把握することないtweet はたしかに無責任ですがtweetした人は「いいこと」をしたという気満々でしょう。

ブログではtwitter 以外の反応ということでNPO法人腺友倶楽部理事長の多分、倶楽部内での発信と思われるレポートが転載されているブログをリンクしました。

http://inves.seesaa.net/

 

べるぼさん

 投稿者:トドヨシヤンメール  投稿日:2019年 4月29日(月)17時27分35秒
  「PSAが0.01と検出限界以下に留まっています。」とのこと、素晴らしいですね。また、下血も改善しているのであれば、殆ど完治しているという状態と考えて良いのでしょうか。
 診察は5分程度でしたとのことですが、私もそれ程度でした。診察前はPSA値がどうなったか不安だったので数値をみてほっとして、医師に質問しようと考えていたことも忘れて、チョット話した程度で日程もぱたぱたと決めて、帰ってきてしまいました。次には質問を忘れないようにしようと考えています。
 

半年振りの診察

 投稿者:べるぼメール  投稿日:2019年 4月28日(日)18時26分18秒
    昨年の10月に最後のリュープリン注射をして半年振りの診察が
先週ありました。忙しくて報告が遅れましたが、PSAが0:01と
検出限界以下に留まっています。やっぱり嬉しいものです。
トドヨシヤンさんPSAが低い値でホッとですね。
下血の方はかなり改善しています。という事で診察は5分程度
の短いものでした。
次はまた半年後の10月です。
 

ジムでの腰痛

 投稿者:ランナー  投稿日:2019年 4月28日(日)16時08分19秒
  2週間前にスポーツジムで「すいすいバタフライ」のクラスに久しぶりに参加したら
翌日から腰が痛く・重くなり、4月25日に地元の基幹病院に行きレントゲンを撮って
もらいました。

20年前に東京の整形外科クリニックでは「第5腰椎破裂症」と言われた旨を今回の
主治医に伝えたら「第5腰椎分離症」です、と言われました。

レントゲンを見ながら、癌の転移が有ったら、白い影が見えると言われ、そのような
白い影は見当たらないとも言われ一安心しました。

飲み薬2種類と湿布薬を出してもらいました。

ということで、最近はちょっと腰の調子が普段より思わしくありません。
本日は、5年ぶりぐらいに「まずはこのエアロ」という初心者向けのエアロ
のクラスで30分間動き回りました。上下に動いたり、左右に動いたりの
連続で、腰にちょっとした痛みを感じながらのエアロでした。

今日は、水泳を始めたら、突然と言っても良いぐらい左肩が凝ってしまい
いつもより1時間も早めにスポーツジムを後にしました。

5月30日は、消化器内科の受診です。放射線治療が39回にも及んだため
直腸が傷ついているのです。
 

べるぼさん

 投稿者:トドヨシヤンメール  投稿日:2019年 4月27日(土)15時44分57秒
   PSA0.2へと初めから下がったことはうれしいです。ありがとうございます。私の夜寝てから体が熱くなる状態、べるぼさんの現在の状態と同じようです。また、ランナーさんの「朝起きると熱はないが熱っぽいという状況が頻繁に有ります」という投稿もありましたし、私の状況はホルモン治療の影響だったのではないかと考え直しています。
 下血が軽くなったのこと、よかったですね、私は、排便排尿共にほぼ照射前に戻りましたので、8月の初めの2回目の血液検査と診療で、経過を報告するつもりです。
 また、ホルモン療法も終わり、放射線治療も終えて、精神的に余裕ができたので、今後の自分に「再燃」を防ぐための予防はどうしたらよいか、「再燃」した場合の対策、などを作る目的で、ホルモン治療前中後の体調状態のチェックや食事や運動や睡眠やストレスなど生活習慣を検証しながらレポート作りを始めました。前立腺ガンレポートは近況報告としてこれまで数度友人や家族関係には配布してきましたが、今後はSNSに公開していければと考えています。
 

TRIP臨床試験参加病院2016年治療数

 投稿者:  投稿日:2019年 4月27日(土)13時26分16秒
編集済
  TRIP臨床試験に関連していくつかの投稿をしてきました。
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/t2/40
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/t2/36
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/t2/7

TRIP臨床試験は小線源と外照射併用の放射線治療実施する場合、放射線治療の前に3カ月間のCAB療法を実施した後、放射線治療実施中もホルモン治療は継続する、放射線治療終了後ホルモン治療を行わない群とホルモン治療を24カ月間受ける群とのランダム化比較試験です。

TRIP試験に参加した医療機関は高リスクに対して小線源、外照射、ホルモン治療の3者併用治療を実際に行っているということがはっきりするので、その病院名を明らかにすることが何等かの参考になるのではないかと思っての投稿でした。

今回、『手術数でわかるいい病院 2018 (週刊朝日ムック)』で外照射併用の治療数が分かりましたので、小中弘之他 進行中の多施設共同オープンラベルランダム化比較試験 (TRIP試験) 泌尿器外科 28(8): 1437 -1440 2015 での医療機関名、TRIP適格登録数を併せて表をつくり、サイトで公開しました。
http://flot.blue.coocan.jp/cure/memo/TRIPBrno.html

この記事を引用する形でブログに感想を書きました。
http://inves.seesaa.net/article/465377608.html

それは2013年 6月10日の投稿でひげの父さんのいわれたリストアップにはならないかとは思います。(技量の観点無しなので)
しかし、TRIP試験の登録が行われた2010年10月~2013年3月まで高リスクの患者を3者併用療法で治療を行った病院の2016年の状況を併せてみることのできる表はそれなりに興味深いかと思います。
TRIP試験の登録を行った病院でも2016年、外照射併用の治療数0の病院は少ないですがあります。
ひげの父さんの2015年 2月26日の投稿ではTRIP試験に関して「必ずしもAクラスばかりが参加した臨床試験でもなさそうです」と書かれています。サイトに外照射併用の数順の表にTRIP登録件数を併せた表を載せていますが、総じて治療数の少ない病院は参加していないか登録件数は0です。

ある程度の人数を2016年には治療しているが、登録件数0の病院は2つあります。
適格な患者がいなかったのか臨床試験が意味ないということでの0なのかはわかりません。

そのうちのひとつはこの掲示板で頻繁に言及される病院であり、ひげの父さんいわれる「Aクラスばかりが参加した」臨床試験ということではない(そもそも多施設のRCTは様々な技量の医療機関が参加することに意味がある)ので、技量を推し量ることにはならないと思います。
ただ、高リスクに対して実施しているということは小線源の技術と外照射のレベルが共に一定の水準に達しているということはいえるかと思う。

さらに患者数が多い病院はそれだけ評判がよく患者が集まっているのかなということはいえるかと思います。
トリモダリティ実施病院は多くないで書いたように高リスクに対して小線源治療を行っている病院は多くなく、その中で治療数が多く治療成績がいい専門外来が閉鎖となることに対して存続の運動が行われているのも理解はできます。

参考までに表の画像データを以下に示します。

http://inves.seesaa.net/

 

切ってすっきり2

 投稿者:コバトン  投稿日:2019年 4月25日(木)14時32分39秒
編集済
  > 羊毛さん
 ご回答頂き有難うです。

 手術を受けても数10%の再発リスクはあるし、また後遺症の懸念もあることは、能天気の患者でも分かっていると思います。その患者に対して「切ってすっきりしましょう。?」と言える能天気な医師が本当にいるのか・・・・。

 若い患者(50-65歳)にはどの治療方法を勧めますか?と主治医(泌尿科医)に質問したことがあります。羊毛さんが聞かれたことと同じ理由で全摘出手術を勧めると言っていました。なお、術後数年後の質問で、私が勧誘された訳ではありません。



 

http://bluekobaton.seesaa.net/

 

宮本亜門、ほか

 投稿者:羊毛メール  投稿日:2019年 4月25日(木)11時56分9秒
  宮本亜門さんのtwitter(4/13)を見ましたので、引用します。twitterは文字数制限があるので2投稿に分かれています。

>①皆様、この度の各報道では個人のことにも関わらずお騒がせし申し訳ありません。
>お陰様で多くの治療の提案などを頂き、ご苦労なさっているが故の言葉など、
>色々と参考になりました。また数々の激励は心に深く沁み入り、感動しました

>②知れば知るほど、治療の選択は患者自身が選ぶものなのですね。
>セカンドオピニオン含め、今後も治療に邁進してまいります。
>本来なら一つ一つ返信すべきですが、失礼ながらまずはこちらでお礼まで。宮本亜門

コメントを見ると例のO医師を勧める人がいるが、新規で受け付けていないところを勧めるのはどうなのか?無責任だと感じました。(twitterなんて無責任なものですが)

でも亜門さんも単純に手術というわけでもないでしょう。思うところはあると思います。ロボット手術でも放射線でも、納得の上で受けてもらいたいなと思いました。


コバトンさん

私は小線源を選択してしまったのでコメントはどうしようかと思いましたが参考までに。
前も書いたかもしれませんが、私の元主治医は「放射線の晩期障害で苦労するかもよ」みたいなことを言ってきました。はっきりとは勧めませんが手術を勧めたいのだろうなあと思いました。
晩期障害は放射線の弱みを突いてるので、なかなか説得力があり、私も悩みました。
 

切ってすっきり

 投稿者:コバトン  投稿日:2019年 4月24日(水)09時10分26秒
   前立腺癌を「切ってすっきり(さっぱり)しましょう。」と言って、ダビンチ手術を勧める医師がいるようですが、ダビンチ手術を受けられた方でこれに近いことを言われた経験をお持ちの方はおられますか?

 これは摘出手術を忌み嫌う方々のプロパガンダかな~?と私は疑っています。

http://bluekobaton.seesaa.net/

 

小線源単独

 投稿者:Ted  投稿日:2019年 4月23日(火)11時56分29秒
  小線源単独リストをUpdateしました。
一番簡単にLibreOfficeからダイレクトでPNGに落とした
そのままなので綺麗でないかも。

小線源単独の投稿が続き小線源単独でない方すみません。


 

小線源単独

 投稿者:Ted  投稿日:2019年 4月22日(月)19時07分8秒
  眞さん

詳しい画像変換方法ありがとうございます。
Excelは高いので持っていません。
LibreOffice(無料)でも機能的には問題ないと思いますので
明日あたりトライしてみます。

羊毛さん

すみません。
リストに自己紹介番号を記載しているのに中身をちゃんと
読んでなかったです。m(__)m
 

Re^2: 小線源単独

 投稿者:羊毛メール  投稿日:2019年 4月22日(月)12時12分55秒
  Tedさん

年齢はKLXさんも私も自己紹介の方に書いています。
「年齢を書くのは野暮」みたいな感じで伏せてもらったのかと思いました。(笑)

JK医大のKは単語の頭文字ではないのでJk医大と書く方がいいのかもしれませんが、それもどうなんでしょ?昔からJK医大と書いてるようですし。
女子医大ってのもあるので、J医大とは書けませんね。
J医大が女子医大なら、JK医大はネットスラングで言うとさしずめ女子高生医大ってことになりそうではあります。

話がどんどん変な方に行くので、このくらいにしておきます。(笑)

Re:は私は手動でやってますが自動でやる方法があるんでしょうか?
 

EXCELデータを画像に変換

 投稿者:  投稿日:2019年 4月22日(月)11時41分28秒
  Ted さん
少し説明端折りました。
EXCELデータを画像に変換するの「1 PDFに変換してから画像として保存」を参考にしての作業でした。

1.Excel の機能を使ってPDF ファイルを作成
2.Acrobat Reader DCを使って ファイルをクリップボードにコピー
3.IrfanView を起動して貼り付け

IrfanViewは画像ソフトですのでクリップボードより画像を張り付ける機能で使用しています。
そうしていらない部分をカットして、必要に応じてresize。

http://inves.seesaa.net/

 

Re:小線源単独

 投稿者:Ted  投稿日:2019年 4月22日(月)09時38分38秒
編集済
  眞さん

KLXさんJK医大、見落としていました。
ありがとうございます。
JK医大って分かる人には分かるのでしょうが分かりにくいですね。(-_-;)
年齢などもちゃんと書いていただければありがたいです。(笑)

今はPDF ⇒ PNGの変換には「PDF-Viewer」というフリーソフトを使っています。
今度、眞さんお使いの「IrfanView」っていうのを使ってみます。
フリーソフトですよね。
LibreOfficeから直接 PNGへ出力できるのですがこの掲示板で見栄え良くするには
どのように編集したら良いのかとか悩んでいます。
皆さんどうしておられるのか知りたかったのです。

眞さんは一度 PDFにエクスポートされているのですね。
またPNGよりJPEGのほうが見栄えが良さそうですね。

また、くれくれですみませんがこの掲示板で自動で題名欄に Re:XXXXX する方法も
教えて下さい。
 

Re: 小線源単独

 投稿者:  投稿日:2019年 4月22日(月)08時02分43秒
編集済
  Ted さん
表を継続して更新しての投稿、参考になります。
早速ですが、KLX さんは状況ご報告によりますと病院はJK医大です。表からもれています。

投稿で「Libre Office ⇒PDF ⇒ PNGの変換」と書かれていましたので、先に2019年 4月19日の投稿でリンクしました私のサイトの記事、2016年 病院ごとの小線源治療数(週刊朝日データより)の小線源単独と外照射併用をあわせた治療数のランキングを「Microsoft Excel ⇒PDF ⇒JPEGへの変換」という工程で画像データを作成し更新しました。若干文字が鮮明になったかと思いよろこんでいます。
なお、画像編集ソフトはIrfanViewを使用しています。

とはいっても画像での表示は鮮明さが限界ありますので外照射併用治療数のランキングはtable で作成しました。手打ち(editor)でのHTML文作成ですのでそれなりに時間かかりました。
このランキングは2016年の小線源治療における外照射併用の数の観点からどの症状までを対象にしているかが鮮明にわかるものになったかと思います。
外照射併用の正確な値が分からないので0と値をいれた2病院を除くと外照射併用の治療数0の病院は29で約37%(29/78)です。低リスクもしくは中間リスクの一部を対象としている病院はそれなりです。

ブログにはブラウザはFirefoxを使用してこのWebのページ全体を画像としてsave しIrfanViewで必要部分をとりだしアップしました。
http://inves.seesaa.net/article/465254912.html

さらに週刊朝日のアンケート結果による78病院は日本で小線源を実施している病院の一部ですのでNMP社の小線源療法を導入している全国病院リストに掲載されている病院のうちどの病院がもれているかを示しました。
http://inves.seesaa.net/article/465272270.html

計34病院を示しました。

なお全国病院リストでは以前無医県(小線源治療に関して)で示した小線源治療を実施している病院がない県(山形県、和歌山県、佐賀県)に関しては「現在登録がありません」という表示がされています。

http://flot.blue.coocan.jp/cure/

 

小線源単独

 投稿者:Ted  投稿日:2019年 4月21日(日)10時44分10秒
編集済
  HIROさん、KLXさん、羊毛さんを加えました。
Libre Office ⇒PDF ⇒ PNGの変換が上手く
行っておれば良いのですが。
無料ソフトばっかりなので手こずります。

訂正、追加などあればご連絡下さい。
 

お返事

 投稿者:羊毛メール  投稿日:2019年 4月19日(金)22時33分40秒
  Tedさん

ステージは聞いてないです。あまり私は重要視してないというか。それよりGS、PSA、陽性本数、浸潤/転移、の方が重要と思ってるというか。
私の場合は、新たな2本目が左右同じ側にあったのかどうか聞き忘れたのですが、同じ側にあったとして、画像に映ってないからT1c、または腫瘍の大きさ的にT2a、といったところでしょうか(たぶん)。
前立腺癌のステージ分類って変な分類だなと前から思ってるのですが、歴史的な理由なんですかね?
T1cかつT2aです、と「かつ」で言えてしまうのが変だなと思ってるんですが。

監視療法やってたんですね。1年半とはちょっと短い?残念でしたが経過は順調そうなので良かったですね。


KLXさん、HIROさん

完治!目指したいですね。
でもまあ私としては、何を頑張ればいいのか?結局のところ「運」なのか?みたいに思ってて、確かに治療法選択はそれなりに頑張ったつもりだけど、結局はなるようになる、としか言えないのかな~、と思ってたりします。
まだ50歳そこそこなので、あと70年くらいは元気に生きていきたいなあと思っていたんですが(笑)、早々に癌なんて病を患うことになり、どうなることやら、といった感じです。


眞さん

もちろん継続して書くつもりですよ~。
直接声をかけていただいた皆さんや、過去に投稿していただいた皆さんの書き込みが、とても参考になりました。私も今後の方のためにも微力ながら書いていきたいと思います。
実際の治療から副作用の経過などなど。
よろしくお願いします。
 

私も小線源受けました

 投稿者:HIRO  投稿日:2019年 4月19日(金)15時52分49秒
  小線源治療単独で1ヵ月検診が終わった所です。昨年、市の検診で、PSA11,3+4、中リスクと診断され、地元の医療センターでは小線源は適応外だと言われていたが、手術はどうしても避けたいので、T地方H県立病院に紹介状を書いてもらいました。放射線医は片側の限定で小さいので、単独で出来ると言われました。ネットの記事でS医大を希望していましたが、途中からO医師とコンタクトできなくなり、外照射ができるところを探し、受けました。地方ですが、ハイドロゲルもしてもらえたし、電車に1時間でもトイレも大丈夫で、今までよりは我慢出来ないかナぐらいで、順調に回復しています。初診の時に賢明な選択ですよといわれたこがうれしかったです。  

/291