<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(107)
  2. 「論文・詳細スレッド」(70)
  3. 治療法別 経験者 投稿リスト(14)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


モモトムさん

 投稿者:羊毛メール  投稿日:2021年 3月10日(水)16時04分18秒
  > 生検から時間が経過している理由は、定期的なPSAチェックと年に一度生検を行い、経過を見ながら手術の時期を決める選択でも問題ないとの主治医の見解を受けての時間経過です。

なるほど、モモトムさんは現在のところ監視療法をしている、みたいなもののようですね。
猶予中にいろいろ検討するのは良いことだと思います。

監視療法中のホルモンは、積極的治療に移るタイミング(PSAが上がるなど)が分からなくなるので、行わないと思います。

まあ、今の状況が監視療法なのかどうかよくわかりませんが...。(実質的には監視療法なんでしょうけど)
 

Ted様、大変失礼しました!

 投稿者:KSAD  投稿日:2021年 3月10日(水)15時52分49秒
  最初のTed様の投稿のその後の経過の部分を抜かしてしまい、本当に失礼しました。1ヶ月後のPSAは術前PSA5.7、術後PSA5.6でした。小線源の後は頻尿と尿を出したあとの痛み、尿の切迫感があり、トイレに何度も行きたくなる(1時間おきくらいに行きたくなるとの事)、夜中もトイレで何度も起きて寝不足になっているようです。  

病院名

 投稿者:KSAD  投稿日:2021年 3月10日(水)15時41分22秒
  はい、書こうと思っていたのですが、以前投稿した内容が、医師に対して良いイメージで書いていないような気がして、これからそこで受信される方に不安を煽るような事にならないか、少し躊躇していました。Y市大付属病院です。  

KSADさん

 投稿者:Tedメール  投稿日:2021年 3月10日(水)14時49分41秒
  早速のご確認ありがとうございます。
出来れば病院名情報が欲しいのですが無理にとは言いません。
掲示板既出の病院ならその表記でOKです。
 

書き忘れ

 投稿者:KSAD  投稿日:2021年 3月10日(水)14時40分46秒
  すみません、書き忘れました。治療から1週間目の診察はないです。1ヶ月目が治療後最初の診察になります。  

Ted様

 投稿者:KSAD  投稿日:2021年 3月10日(水)13時34分59秒
  お世話になります!ぜひこれから治療受けられる方への参考になればありがたいです。
日にちは間違いないです。症例数は多く、小線源治療を行っている病院の中でも上位の方に位置する病院ですが、プレプランはありません。中リスク(細かい条件は説明はありませんでした)でも単独治療、処方線量は多ければいいというものではないという医師の考えにより、145グレイ(これも状態によるようですが、160グレイの時もあるようです)。主人の場合はポストプランでもう一度確認しますが、D90は192.2との事でした。他にもお伝えした方が良い情報がありましたら、教えてください。何かお役に立てることがありましたら幸いです。よろしくお願いします。
 

KSADさん

 投稿者:Tedメール  投稿日:2021年 3月10日(水)11時28分57秒
  KSADさん

小線源単独施術後の経過は如何でしょうか。
「治療法別 経験者 投稿リスト」を編集している者です。

KSADさんを「小線源単独リスト」に載せたいと思っています。
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/t3/22

施術月は2021/2月で宜しいですね。

1/18投稿  治療法に迷っている。
1/23投稿 小線源に決定。
2/12投稿 小線源治療を受けた。
     この病院はプレプランがない。
2/13投稿 治療後最初の診察が3月初めにある。

プレプランがなかったとのこと、また、施術後一週間目の診察も
ないのですね。
 

Re: セカンドオピニオン結果です

 投稿者:Tedメール  投稿日:2021年 3月 9日(火)11時06分53秒
  横から失礼します。

眞さんのヒサさん宛投稿中のCoco さんは「治療法別経験者投稿リスト」
では①トリモダリティに記載しています。

https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/t3/23
 

Re: セカンドオピニオン結果です

 投稿者:  投稿日:2021年 3月 9日(火)09時33分27秒
編集済
  ヒサ さん
セカンドオピニオンを受けられて今の病院と同様の診たて、2月3日の投稿で私が書いた「全身治療(抗がん剤)が必要な段階」ということだったのですね。

この2月3日の投稿でヒサ さんは主治医に骨転移が少数でないことを確認して今の病院で継続して治療を受けるのではと書きました。
セカンドオピニオンを受けられたというのは骨転移が少数であることを確認されてのことだと思います。

Y大学付属病院は遠隔転移があっても治療(放射線治療)を行っているということを確認されてのセカンドオピニオンだったのでしょうか。

セカンドオピニオンに納得されたら、今の病院で継続されて治療を受ければいいですし、さらに提示されたPARP阻害剤(前提としての遺伝子検査)が今の病院で行われていないとしたら、転院するということも考えられます。

セカンドオピニオンに納得いかないとしたら、新たな病院を探して再度セカンドオピニオンを受ければいいと思います。

ご主人がT3bN0M1 で骨転移が肋骨1カ所の場合であるCoco さんがオリゴメタという投稿をされています。こう書かれています。

「ホームページで進行がんでも治療はあると記載がある病院を中心に6病院でセカンドオピニオンをききました。うち3病院から同じ治療 ホルモン療法+HDR+IMRT+骨転移部位にも放射線(うち1病院ではドセタキセル早期投与も)を提示されました。」
3病院のうちから一つの病院を選び、治療を行ったとのことです。

治療後の状況としてホルモン治療なしで元気で過ごしているという投稿がありました。
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/11383

 

羊毛様

 投稿者:モモトムメール  投稿日:2021年 3月 9日(火)09時12分41秒
  お気遣いありがとうございます。
生検から時間が経過している理由は、定期的なPSAチェックと年に一度生検を行い、経過を見ながら手術の時期を決める選択でも問題ないとの主治医の見解を受けての時間経過です。ただ、不安が拭えず、自分なりに治療方法の成績を調べたりする中で、もう一度再検討している時に、同年代の知人がこのサイトを参考に治療したと聞き、自分なりの納得のいく治療法の選択を行うために相談させて頂いた次第です。自分自身では迷うばかりで情けないのですが、皆様からの客観的な情報や御意見は本当に参考になり、心強く感謝しております。調べる中での疑問がありましたら、また相談させて下さい。
 

タルト様

 投稿者:モモトムメール  投稿日:2021年 3月 9日(火)08時34分24秒
  詳細な病院の情報提供ありがとうございました。病院に頼りがちになるのではなく、自分自身で自分なりの結論が出せるよう、情報収集したいと思います。  

眞様

 投稿者:モモトムメール  投稿日:2021年 3月 9日(火)08時29分6秒
   返信の言葉が不適切ですみませんでした。改めての御見解ありがとうございました。一つの治療法にこだわる事なく、自分なりに納得できるよう情報を読み解いて方向性を決めたいと思います。  

従来のMRI標的生検

 投稿者:  投稿日:2021年 3月 9日(火)06時41分26秒
  虎豆 さん
質問にお答えします。
先に紹介しました鴨井医師の動画で以下の箇所で説明しています従来のMRI標的生検を行うとしたら、MRIを受けた病院でしたほうがいいのではないかと思っただけです。
https://youtu.be/-CerT9_uaaA?t=284

この従来のMRI標的生検は一般的に行われているものなのか私は知りません。
A病院は行っていないのかもしれません。
 

眞様

 投稿者:虎豆  投稿日:2021年 3月 9日(火)00時14分47秒
  お返事が遅れてしまい申し訳ありません。
りんごさんや複数回生検を受けられた方々のご体験、確実な生検、治療場所がいかに大切なのかわかりました。
MR/US fusion 生検の情報提供ありがとうございます。
本日の診察で今後はPSA経過観察(生検結果からがんは取れず、直前のPSAも1.5と低値であったことMRIも内腺からは偽陽性になりやすいのことで経過観察。PSA急上昇、降下についても炎症、刺激等や内服薬の影響を軽度受けるとのこと)とのことで、PSAが上昇し続ければ再度の生検を行うとのことでしたが、次回はMR/US fusion 生検を実施した病院を探そうと思います。

それとMRIを撮ったA院で生検を受けなかった理由ですが、当人が他疾患でB院通院中であるため、そちらで生検を受けました。B院では超音波画像を基に経直腸式で10本程度の穿刺と聞きましたが、MRIで画像を得たA院での生検を行った方がMR/US fusionでなくとも判定がつきやすかったのでしょうか。。
おかしな聞き返しでしたら、すみません。
知識不足な者に親切なご助言ありがとうございます。
 

セカンドオピニオン結果です

 投稿者:ヒサメール  投稿日:2021年 3月 8日(月)20時22分25秒
編集済
  本日、セカンドオピニオンを受けた結果

未分化ガンであると予想され、CTを確認すると腫瘍か進展しており、PSAは低下しているものの、ホルモン療法の効果が効かなくなっている状態であると認められる。
今後は、抗がん剤ドセタキセル(ホルモン療法併用)が妥当と思われる。
放射線治療については、病状が進行している中、副作用の危険性が高い、腫瘍縮小すれば考慮できるが、長期の生存率を延長するものではなく、病状を遅らせる程度である。
特殊な遺伝子異常が確認されるガンへの薬剤であるPARP阻害剤は、効果が高いと言われているので、今後に向けて組織遺伝子検査を行うことも、選択肢の一つ
と言われ、担当医者の指示どおり抗がん剤治療をすべきと言われてしまいました。
 

病院紹介

 投稿者:羊毛メール  投稿日:2021年 3月 8日(月)12時34分27秒
  > 直接病院紹介はこのサイトではできませんが(←そんな規則はない?)

私がこんなこと書いたこともあるんですかね?
すみません。(^^;

紹介というか、「ここで小線源治療してるよ」といった、事実を伝えるようなことは実名でいいと思います。
ただ、それが行き過ぎて主観的な意見とか多くなってくるとどうかなぁとは思うので、まあ程度問題ってことですかね?

モモトムさん>

生検から半年以上経過してますが、なにか理由があるのでしょうか?
特に書きたくなければ書かなくていいのですが、3+4とかで治療の選択肢が多くある状態でみなさん悩まれると思うので、その悩みの変遷とかお聞きできれば参考になる方もいるのかなあ、なんて思います。
 

岡山の施設情報

 投稿者:タルト  投稿日:2021年 3月 7日(日)23時33分16秒
  Ted様
モモトム様

施設名出してもよろしいのですね。
失礼しました。

川崎医科大学病院は組織内に照射する高線量率小線源療法(HDR)を行っていると書きました。
適応によっては、局所療法として治療を行なっているそうです。

併用するかはわかりませんが、外照射(リニアックによる高精度放射線治療 、IMRTを行なっているようです。
https://h.kawasaki-m.ac.jp/data/dept_031/dept_s_dtl/

豆虎様が書かれている、FUSION生検もやっていました。「より正確な診断ができるので、それぞれの症例に合った適切な治療につなげられる。将来的には前立腺がんに対する局所治療にも応用したい」とあります。
http://medica.sanyonews.jp/sp/article/9890/


倉敷成人病センターは密封小線源療法をスタートするそうです。
HPにはそう書いており、また、新たにさまざまながんに対する根治治療と
がんの痛みを和らげる緩和治療にも広く対応できる高精度放射線治療装置を導入したとありました。
http://fkmc.or.jp/fkmc_lp/

私は詳しいことはわかりません。
写真をみたところ装置にはVARIANのTRUE BEAMと書いてあります。

https://www.varian.com/ja/products/radiotherapy/treatment-delivery/truebeam#
 

中間リスク 小線源外照射併用症例の治療選択

 投稿者:  投稿日:2021年 3月 7日(日)14時31分2秒
編集済
  モモトムさんは私の投稿に対して「御見解ありがとうございます」と書かれています。私は関連する私の投稿の紹介と隣の県の病院の提示をしただけです。

改めて見解を書こうと思います。
その前に広島の病院を提示しましたのは一種の評価ですので、どうして該当病院としたかを以下に書きます。

広島の病院としたのはNMP社のリストにもあることが一つの理由ですが、兵庫県の病院もみてみましたが、次に書く理由で劣るかなと思った次第です。

2016年 病院ごとの小線源治療数(週刊朝日データより)の「外照射併用の数の多い順」の表で兵庫県の患者数の多い病院、26 を確認してみました。
手術実績をみてみますと2018年は5件、2019年は9件となっています。
月1件、小線源治療を実施していない病院はどうかなと思った次第です。
なお2015年は33件、2016年は29件となっていて週刊朝日のアンケート結果をまとめた2016年の件数33件とは異なります。

小線源治療は単独で治療可の場合は数日で治療が終わり、経過観察で通うだけという時間的な点でメリットがあります。

しかし中間リスクで外照射併用で治療を行う必要がある場合、追加される外照射は通常、1.8Gy で25回の治療となり、それなりの時間がかかります。

私は前立腺癌に対するIMRT/IGRT併用寡分割照射法の第II相臨床試験に参加していて、今年中にはその結果が論文として報告されます。
「前立腺癌に対して画像誘導技術を用いた強度変調放射線治療による寡分割照射法70 Gy/28回(1回2.5 Gy)が有効かつ安全であるかを探索的に検討する」ものであり、28回で治療が終了しますので、この寡分割照射が一般的になった場合は小線源の外照射併用の場合とそう回数の差がなくなると思います。
臨床試験の治療成績は良好であり、私が治療受けている放射線科の主治医は早晩、主流になるのではないかといっています。

といったことはさておき、今回、岡山で外照射併用の病院がないということで隣の県で治療可能な病院を調べました。ただ、25回外照射に通う、あるいは入院またはビジネスホテルに宿泊しそこからの通院というのはそれなりに大変かと思います。

中間リスクで外照射併用の小線源治療の治療成績が外照射に勝るということは私は把握していません。 1)

論文、Sci Rep. 2018 Jul 12;8(1):10538.をもとにしたIGRTを用いたIMRTと小線源の比較という記事を書きました。論文では高リスクに対しては小線源のほうがIG-IMRTよりPSA制御に優れているという記述のあと、以下のように書かれています。

「LDR-BTおよびIG-IMRTは、低リスク群および中リスク群において、曖昧な結果を示した。」

ブログでは補足としてIMRTと小線源の比較 その2という記事を書きました。

従って、小線源に拘り、遠方の病院を選ぶ積極的な理由はないと思います。
IGRT可能な放射線治療装置のある近くの病院でIMRTで治療を行うのが好ましいかなと私は思います。
これが私の見解です。

IGRT、放射線治療装置に関するブログ記事は以下のとおり。
http://inves.seesaa.net/article/471040493.html
http://inves.seesaa.net/article/479570447.html

……2021/03/08に注を追記

1) サイトの治療法比較3の比較表をみても中間リスクの場合、小線源が外照射より格段に優れているということはありません。

http://inves.seesaa.net/

 

病院名などの略表記

 投稿者:Tedメール  投稿日:2021年 3月 7日(日)10時01分33秒
  タルトさん、皆さん

タルトさんがモモトムさんに岡山の2つの病院を紹介している次の投稿などは
事例説明ではなく、単に病院の紹介だけなので、あえて略表記をする必要は
ないと思いますが如何でしょうか。

https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/12622

(K医科大学とかK成人病センターのKは県立のことかな~と思ったのですが、倉敷?)

 

タルト様

 投稿者:モモトムメール  投稿日:2021年 3月 6日(土)22時46分26秒
  岡山情報ありがとうございます。高線量については私のタイプに対応できるかどうかはありますが、ぜひ話しを聞いてみたいと思います。Kセンターはとても近いので、環境整えばと思います。情報収集してみます。  

眞 様

 投稿者:モモトムメール  投稿日:2021年 3月 6日(土)22時30分37秒
  御見解ありがとうございます。個別対応可能かどうか、また、私の生検結果からのベストの対応について話をしてみようと思います。とは言え、ここでアドバイス頂ける情報が、病院での説明に折り込まれていないように感じる事が少なくない事は患者として残念に思います。広島の病院のことも踏まえて検討させて頂きたいと思います。  

虎豆 さん

 投稿者:  投稿日:2021年 3月 6日(土)17時59分48秒
  がんの診断精度の高い生検を行うのがいいかと思います。

りんごさんはMRI生検体験という投稿をしています。
最終的には保険適用外の生検を受けたとのことですが、それに至ることが書かれています。

記事のなかで書かれているFUSION生検についてのyoutubeの動画は以下のとおり
MR/US fusion 生検 鴨井 和実

診断精度についての話は以下のところから。
https://youtu.be/-CerT9_uaaA?t=476

MRIで画像上がんの疑いといわれた病院で生検を受けなかったのは何か理由がありますか。そこを狙って生検すればいいと素朴に考えますが。

http://inves.seesaa.net/

 

モモトム様

 投稿者:タルト  投稿日:2021年 3月 6日(土)13時44分36秒
  モモトム 様

岡山の新しい情報を2つ。

お若いですし、GS3+4とのことで、腫瘍の範囲や発生部位によりますが
どの治療が良いのか選択を悩みますね。

小線源療法には2種類あります。

K医科大学は、高線量率小線源療法(HDR)を行っています。
前立腺全体に照射する方法が一般的ですが、適応条件が当てはまればですが
がんの部分だけに照射する部分治療(局所療法)を実施しているようです。
照射範囲を小さくして、周辺臓器への影響を少なくする狙いで、保険適応の治療です。

もし後々、不幸にも再発した場合でも、もう一度同じ治療もできる可能性が高く
ロボット手術や外照射、IMRTなどほかの治療も選択できる余地はあるそうです。

高線量率小線源療法(HDR)の解説
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/report/202001/563765.html


K成人病センターは低線量率小線源療法(LDR)のブラキセラピーを新病院になって4月か5月かわかりませんが近々、治療実績のある先生が赴任して開始するようです。外照射の設備があるかはわかりません。

ご参考まで。
 

がん診断が曖昧な場合

 投稿者:虎豆  投稿日:2021年 3月 6日(土)13時31分33秒
  はじめまして。
まだガンか不明確な段階でこちらに書き込んでいいのかわからないのですが、私では分からないことが多く、情報をお持ちの方ご意見を頂けないでしょうか?

(年齢)64歳 家族
(PSA値 )定期的な郵送検査を受けており2年前PSA値0.33、一年前PSA値3.38、 今年PSA値21.7 と高値であったためA病院受診
(症状)数年前から尿の出が悪い、夜間の頻尿
(既往歴/嗜好)
B病院にて高血圧、慢性皮膚疾患の継続治療、喫煙歴40年以上

1月下旬A病院にてMRIを実施、前立腺底部左側移行域に1.5㎜大の拡散強調画像高信号、ガンと考えられる病変(PI-RADv2.1カテゴリー5)を認める。T2強調画像で低信号、造影で早期濃染、矢状断では精嚢との境界は既ね同定できる。
診察では前立腺肥大は考えにくとのことであった。

2月中旬かかりつけ医B院にて生検実施。直前のPSA値は1に急降下。
現在生検では悪性組織は確認できず、がんに否定的な中、次回診察待ちです。

この結果に腑に落ちず、これからの治療をどのように進めていくべきか悩んでいます。経過観察あるいはセカンドオピニオン利用等、何かご助言頂けないでしょうか。
また答えづらい質問かもしれまんが、
PSA検査の測定値がガン以外の各々の要因でも上がるかと思いますが今回のような急上昇はあるのでしょうか?
短期間で基準値以下に下回るといった事象はPSAの正確性は信頼してよいものでしょうか?
MRIとPSA、生検の信頼度はどの程度の確実性があるのでしょうか。。
よろしくお願い致します。
 

小線源 外照射併用実施病院

 投稿者:  投稿日:2021年 3月 6日(土)10時09分55秒
編集済
  モモトム さん
羊毛さんが小線源単独が可能な病院ということで探す範囲を広げたらという投稿をされました。
私は2月15日に小線源単独治療についてという投稿をしています。
各病院で微妙に適用条件が異なり、投稿のなかで羊毛さんの投稿を参照し、公表されている条件でなくても実施している場合があることを示しました。
さらに中間リスクにおける外照射併用に関してMount Sinai, New York のEmily Schlussel Markovic 氏の論文、Florida Center for Prostate Care のCarlos Varga 氏の論文を紹介しました。

モモトム さん は陽性率について書かれていませんが、多分に外照射併用の条件(陽性率34%以上)かと推察しました。
もしそうだとすると岡山県の近県で外照射併用の実績のある病院ということになるかと思います。

私はサイトで2016年 病院ごとの小線源治療数(週刊朝日データより)という記事を書いています。
『手術数でわかるいい病院 -全国&地方別ランキング-2018』朝日新聞出版をもとにしたものです。最新は2021年版かと思います。

小線源の治療数、単独+併用、単独、併用で多い順に並べた表を作成しました。
外照射併用治療数順の表は画像データではなく、textで表を作成しています。

モモトムさんは岡山で広島よりか兵庫よりか分かりませんが、もし広島よりにお住まいだとするとこの外照射併用治療数順の表での22番の病院がいいのではないかと思います。2016年には年14件の外照射併用治療を実施しています。この数は平均すると月一人以上は治療していることになります。

この病院はNMP社のトリモダリティーを積極的に実施している施設に名前が載っています。
このページからリンクされている放射線治療科のページには診療実績として2019年、「前立腺がん密封小線源治療を45人」と書かれています。週刊朝日のデータでは2016年は単独併用合わせて58 でしたので減少しています。
一部のセンター化した病院を除いて日本において小線源治療は減少傾向ですので、これも致し方がないところです。

2020年版はネットで公開されています。


http://inves.seesaa.net/

 

羊毛様

 投稿者:モモトムメール  投稿日:2021年 3月 6日(土)08時48分16秒
  情報ありがとうございました。環境が整うのであれば、外照射も併用したほうが根治につながるのではと考えたのですが、いずれにしても次回の診察時に放射線療法について、もう一度お聞きしてみます。ただ、そうなると今さらって雰囲気になったり、主治医も変わる事にもなりそうでちょっと気が重いところはありますが、後悔のないようにしたいと思います。  

秋葉様

 投稿者:モモトムメール  投稿日:2021年 3月 6日(土)08時41分22秒
  御助言ありがとうございます。医師からも監視療法(経過観測)で施術による不具合の可能性を先に伸ばしても現状の値なら問題はないとは言われたのですが、進行してしまうのも気になってモヤモヤしておりました。監視療法の期間にホルモン療法を行なうという選択肢はないのでしょうか?   

モモトムさん

 投稿者:羊毛メール  投稿日:2021年 3月 5日(金)21時09分8秒
編集済
  直接病院紹介はこのサイトではできませんが(←そんな規則はない?)、まずはメジフィジックス社のHPで調べるのがいいでしょう。
小線源やってる病院のリストが載ってます。
https://www.nmp.co.jp/seed/index.html

3+4であれば、生検本数の陽性率にもよるかもしれませんが、小線源単独でやる病院も少なくないと思います。

近隣かどうかが気になるのは、週5日通う必要がある外照射だと思いますので、小線源単独であれば仕事してても中国地方とか近畿地方あたりなら何とか通えるかもしれませんね。

私は片道1時間半程度の病院で、今はPSA測って診察室でお話するだけの経過観察ですが、混んでたりすると結局昼過ぎまでかかったりするので、通院の日は仕事は休むことにしています。
それを考えると多少は病院を探す範囲を広げても変わらないような気がします。(外照射なしであれば)
 

青さんへ

 投稿者:甚太郎  投稿日:2021年 3月 5日(金)19時49分27秒
  申し訳ありません。
M1を見落としていました。
 

モモトム様

 投稿者:秋葉  投稿日:2021年 3月 5日(金)12時39分29秒
  横から失礼します。
3+4=7ならば監視療法もあります。
ご参考まで
https://www.findme.life/contents/prostate-cancer/treatment/observation/
http://www.cancerchannel.jp/2020-11-22/02

ちなみに、泌尿器科医は外科医なので手術が好きです。
手術すればお金も入りますし。
また放射線について、十分な知識があるとも限りません。
 

/340