投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [59]
  • トリモダリティの外照射終了後2年

  • 投稿者:SANZOKU
  • 投稿日:2017年 7月27日(木)23時14分29秒
  • 編集済
 
概要

自分には、この病が発覚する前から前立腺周辺にいろいろ症状がありました。
http://6307.teacup.com/cap87090/bbs/index/detail/comm_id/4214
それは両下腹部、肛門、仙骨周辺、臀部、鼠径部、バットなどに感ずる鈍痛、痺れ、掻痒感、拍動、違和感などです。
山や谷がありますが、それらは治療中も治療後も続いていました。しかし治療後1年半後くらいから影を潜めるようになり、現在では若干の名残はあるもののほぼ消失しました。このことからこれらがこの病気の症状であったと確信を抱くようになりました。

 その代わりに治療後に出現したものもあります。それは血便や頻便といった直腸症状、血尿などの排尿症状、皮膚炎などです。これらは治療に伴って現れた症状だと思います。ただ現在のところ日常生活に支障をきたす程ではありません。

 PSAの推移ですが、今回(今年の1月の値)は0.267で、その3ヶ月前が0.1999、3ヶ月後が0.256でしたから、現状はプラトーに達していることになります。
http://6307.teacup.com/cap87090/bbs/t1/75
できれば下降に転じていてくれば良かったのですが・・・。
いよいよこれからが正念場ですね。
同時期にトリモ治療を受けた3人は数値こそ多少異なりますが、
同様の経過を辿っています。


放射線治療によると思われる症状

治療直後にはいろいろ症状がありました。
http://6307.teacup.com/cap87090/bbs/t2/32
現在ではそのような急性期の症状は収まって、晩期障害と思われる症状が出ています。

①排尿
 半年前には治療前まであと少しのところまで改善していました。ところがその頃から徐々に尿が微妙に沁みるようになってきました。最近では唸るところまでいきませんが、そこそこ沁みるようになっていました。先週気が付いたのですが、排尿の当初に少し赤い尿が出るようになりました。よく観察すると、排尿の終わりにも赤い尿が少し出ます。時に小さなゴミのような血栓も混じることがあります。これでほぼ1週間、毎日1~2回は観察されます。
 このような按配なので以前より切迫感を感じることがあります。尿回数も少し増えています。しかし早めに排尿していれば、支障はほとんどありません。対策としてユリーフを飲みはじめています。排尿時の沁みが少し改善されるだけで、今のところ効果は未知数です。
 同時期に入院されたヤマさんも半年前に経験され、その後3ヶ月あまりで良くなったそうなので、私もそのような経過を辿ることを期待してあまり心配していません。


②排便
 半年あまり前に便の最後に少し確認できる程度の血便がありました。その後も5ヶ月間で6回確認しています。その頃はガスの排出も多く、お腹が重苦しく感じて若干元気をスポイルしている時もありました。しかし直近の3ヶ月は血便は確認されておらず、完全には復調していませんが、お腹の重苦しさは軽快しています。このまま収まってくれればと期待しています。もっと重度の症状なら、ステロイド注腸やアルゴンレーザーでの焼灼、高気圧酸素療法などの治療法もありますが、この程度なら自然に治ることが多いようです。

③臀部にある植皮採取部分の皮膚炎
 これは外部照射が終わってから出現したもので、皮膚が水膨れのようになり、その後瘡蓋が付いてそのまま何時までも治らないというものです。外照射後1年半経過してもほとんど改善しないので皮膚科でステロイドなどの薬剤治療を受けていますが、期待するほどの効果は現れていません。

④リンパ球の減少
 以前は何時も白血球数5000/ul、リンパ球比率36%程度でした。治療後3ヶ月では4000/ul、16%になってしまいました。9ヶ月後には4000/ul、26.7%に改善したが、その後は検査がないので元に戻ったか確認できていません。


ホルモン治療によると思われる症状(終了から1年9ヶ月)

 私もホルモン治療の副作用はいろいろありました。
http://6307.teacup.com/cap87090/bbs/index/detail/comm_id/4368
しかし現在ではその表面的な症状はほとんど元に戻っています。しかし奥深く進行している症状は未だに歴然と残っています。

 表面的な症状ではホットフラシュが全くなくなり、関節周辺の痛みや違和感もありません。体毛は若干復活不足のところもあるが、あるべきところに復活しています。肌の感じも元の鮫肌に戻っています。筋力も大分戻ってきました。性機能は戻ったと言えるレベルですが、溜まるものがないので込み上げるものがありません。従って心の動きは微妙です。

 深く進行しているものは、なかなか改善しません。特にコレステロール値や中性脂肪値の悪化はまったく改善していない。中性脂肪69→157→180→165mg/dl、HDLコレステロール88→66→65→60mg/dl、LDLコレステロール112→123→135→142mg/dl(2014~2017年)。ちなみに、体重は8kg増から6kg増に低下。体重増加は筋肉減少、脂肪増加にともなうものですから、純粋な脂肪増加量は最盛期で推定10kgを超すと考えられます。今現在も筋肉復活を実感しつつあるので、未だその回復途上というところです。これらはそれなりの食事節制と運動の結果ですから、ホルモン剤恐るべしです。 膨らんでいた乳房は、幾分目立たなくなりました。