投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [20]
  • 治療法別PSA非再発率の比較表 (改訂)

  • 投稿者:
  • 投稿日:2015年 4月24日(金)14時03分11秒
 
奈良県立医科大学の田中先生の論文を追加したことに対する改訂です。
サイトの表の表示を分割して掲示します。論文著者の所属名も掲載となります。

* 10はcT1c-2cN0M0
** リスク分類は下記以外すべて、NCCNリスク分類です。
  9,14,15は不明 (本文には書かれていると思いますが有料なのでアクセスしていません)
  10,13,17,18,19 は D'Amico リスク分類。


各論文は以下のとおりです。

1. Tomita N, et al. J Cancer Res Clin Oncol. 2012 Nov;138(11):1931-6.

2. Takeda K, et al. Radiat Oncol. 2012 Jul 6;7:105.

3. 河野直明他 滋賀医大誌 26(1), 6-12, 2013

4. Shimizu S, et al. Radiat Oncol. 2014 May 21;9:118.

5.  Kobayashi M, et al. Int J Urol. 2015 Feb 11.

6. 矢木康人他 Japanese Journal of Endourology(2013)26:176-181

7. Ohashi T, et al. Radiat Oncol. 2014 Jan 9;9:13.

8. Sekiguchi A, et al J Radiat Res. 2014 Mar 1;55(2):328-33.

9. Kimura T, et al. int J Urol. 2014 May;21(5):473-8.

10.Tanaka N, et al. Radiat Oncol. 2014 May 6;9:107.

11. Hayashi N, et al. World J Urol. 2015 Jan 23.

12. Yamada Y, et al. Brachytherapy. 2015 Mar-Apr;14(2):118-23.

13. 坂本直孝他 日本泌尿器科学会雑誌 Vol. 102 (2011) No. 4 p. 621-627

14. Yoshioka Y, et al. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2011 Jun 1;80(2):469-75.

15. Yoshioka Y, et al. Radiother Oncol. 2014 Jan;110(1):114-9.

16. Ishiyama H, et al. J Radiat Res. 2014 May;55(3):509-17.

17. Makino T, et al. Anticancer Res. 2015 Mar;35(3):1723-8.

18. Kita Y, et al. Hinyokika Kiyo. 2012 Jul;58(7):319-24.

19. 鶴崎俊文他 日泌尿会誌 104(3):496~504,2013

20. Koie T, et al. Int J Urol. 2015 Jan;22(1):70-3.


http://flot.blue.coocan.jp/cure/