<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [96]
  • 救済放射線治療

  • 投稿者:ゴールデンレトリバー大好き
  • 投稿日:2018年 8月22日(水)18時13分56秒
  • 編集済
 
自己紹介スレッド病歴[86]の更新です。
PCをリカバリーし、編集できなくなったので、
申し訳ないですが追加させていただきます。

病歴[86]追記
 2017/08   PSA 0.014
 2017/11   PSA 0.035
 2018/02   PSA 0.076
 2018/05   PSA 0.290
 2018/05   造影剤CT、骨シンチ → 転移確認されず → PSA再発
          PSA倍加時間、2016/1全摘後 標本病理検査 GS:4+5=9 悩ましい
          救済放射線治療…5年PSA非再発率50~70%
          PSA<0.5で開始したほうががよいということで選択
 2018/6初  放射線医師の診察と治療の説明
          排尿/排便コントロールの説明
          排便コントロールの薬処方(以後内服継続)
 2018/6上旬 お腹に位置合わせのマーキング、固定具作成
 2018/6上旬 治療計画CT撮像with固定具 (1時間前排尿)
 2018/6中旬 治療計画CT撮像with固定具 (1時間前排尿)
 2018/6下旬 治療計画説明、線量分布、日程 2Gy×33回=66Gy
          6月下旬より放射線治療開始
          装置 TrueBeam(米、バリアンメディカルシステムズ社)
          毎回、治療開始1時間前に排尿&水200ml飲む、排便完了
           治療台に横になる。固定具取付、CT撮像(蓄尿状況、排便状況確認)
           位置合わせ、照射、指定日に放射線医診察
 2018/8末 PSA 0.311(救済放射線治療終了1週間後)
       治療開始前のPSA倍化時間が3カ月で3.8倍だったので、
       もし治療しなかったらPSAが1.0超えだったかもしれない。
       排便痛と下痢は治療終了2週間後くらいで回復
 2018/11 PSA 0.168
 2019/ 2 PSA 0.113 少しホッとしてます。

(参考)救済放射線治療:照射回毎の状況