投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [94]
  • 治療方法が決められない

  • 投稿者:charinco-papaメール
  • 投稿日:2018年 8月11日(土)11時45分7秒
 
初めて投稿します。静岡県内に住む62歳の会社員です。
昨年暮れの健康診断でPSA値が高いことから前立腺がんが発覚しました。
地元の総合病院からがんセンターに移り治療方法を検討しているところです。
私の状態は、「UICC8版:cT1c NOMO、PSA値:4.26、GS:3+3=6、低リスク」というところです。
担当医から告げられた治療方法としては、手術、放射線外照射(IMRT、陽子線)、小線源、
監視療法があり、どれを選択すべきかは自分で考えてしてほしいとのことでした。
このことを最初に言われたのが5月でしたが、それから3か月たっても決められずにいます。理由は、低リスクの限局がんであわてる必要がないためと、どの方法を選択してもその後のQOLが見通せないためだからです。
それでも治療方法として、外照射(IMRT)、小線源と監視療法の中から選択しようと検討していますが、それぞれの治療方法で気になることがあります。
 ・IMRT等の外照射はマシンが新しいほうがいいということを聞きましたが
  本当にそうでしょうか?。ちなみにここのIMRT用マシンは3年前に導入し
  たものです。陽子線用マシンは16年前のものということから陽子線を除き
  ました。
 ・小線源は高線量で照射でき治療期間も短いため会社員の私には都合がいい
  方法ですが、がんのある位置が尿道より表側のためシュミレーションをし
  てみないと治療効果がわからないということでした。小線源ではがんの
  位置が治療効果に影響を及ぼすものでしょうか?。しかもシュミレーション
  の際に尿道にカテーテルのようなものを入れるらしいのですがそれが痛い
  らしいことも不安です。
 ・監視療法も候補にしていますが、低リスクの限局がんといっても私の場合、
  両方の前立腺にがんがあります。こういう状態では早く本格的に治療した
  方がよいのでしょうか?。
このような疑問を持っている時に腺友ネットの存在を知りました。そこで諸先輩の皆様より私の疑問に対してアドバイスをいただければ幸いです。またQOLについても併せてご意見をいただければ大変うれしく思います。
宜しくお願いします。