投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [86]
  • 自己紹介と病歴(ダヴィンチ全摘手術)

  • 投稿者:ゴールデンレトリバー大好き
  • 投稿日:2018年 5月10日(木)16時58分47秒
  • 編集済
 
ゴールデンレトリバー大好き、と申します。
こちらに投稿していなかったので、病歴を書きます。

自己紹介&病歴
年齢 60歳、1958年3月生 (手術当時は57歳10ヶ月)
家族 妻とゴールデンレトリバー
居住 瀬戸内海に面しています
仕事 療養のため、58歳半ばで退職。
    現在、非常勤で技術者向け教育の講師。
病歴
 2015/01 PSA 5.80
 2015/06 PSA 8.50
 2015/07 MRI
 2015/08 生検 グリソンスコア 3+4=7、治療前病期 cT2a
 2015/09 造影剤CT、骨シンチグラム → 特に所見なし
       紹介病院の中から、大学病院を選択
 2015/10 PSA 10.84
       各種術前検査
       セカンドレビュー グリソンスコア 4+3=7、治療前病期 cT2c
       治療選択:根治的前立腺全摘手術
       (理由:年齢、グリソンスコア、病期、前立腺肥大で尿閉経験等より)
 2015/12 造影MR、膀胱鏡検査 → 特に所見なし
 2016/01 ダヴィンチによる全摘手術(入院1/16 手術日1/18)
 2016/01 退院 (1/29)
 2016/02 PSA 0.041 1ヶ月診察
         標本病理検査結果 グリソンスコア 4+5=9、
         病理病期 PT3a、EPE(1)、RM(0)、ly(0)、v(1)、pn(1)、sv(0)
         隣接リンパ節転移 微少あり
       ホルモン療法 カソデックス開始
 2016/03 診察 カソデックス服用の状況
       ホルモン療法 ゾラデックス注射3カ月製剤+カソデックス
 2016/05 PSA <0.003 診察 ホルモン療法の状況
       ほてり等あり。この時点でホルモン療法中止。
       経過観察に(3カ月毎かかりつけ泌尿器クリニック、1年毎に大学病院)。
 2016/08 PSA <0.008
 2016/11 PSA <0.008
 2017/02 PSA <0.003 (大学病院)
 2017/05 PSA <0.008
 2017/08 PSA 0.014
 2017/11 PSA 0.035
 2018/02 PSA 0.076  (大学病院)

【その他】 尿漏れと夜中に目が覚めること。これは悩まされました。
       尿漏れが治まるまで、約8カ月かかりました。
       過去、前立腺肥大のため排尿で困りましたが、楽になりました。