<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [68]
  • トリモダリティ治療後の定期検査・診察

  • 投稿者:bighiro
  • 投稿日:2017年 6月 8日(木)13時44分55秒
  • 編集済
 
小線源施術後1年11ヶ月、外部照射終了後1年8ヶ月の定期検査・診察にS玉病院へ行ってきました。
採血・採尿後、しばらく待たされて泌尿器科主治医の診察「PSA(前回3月の値)は0.10、男性ホルモンも
微増している。順調な経過です。」
私が晩期副作用について尋ねると「出る人はもう出ている。出る人の方が少ない。」とのことで一安心しました。

〈現在の状況〉
 ・排尿:尿勢は弱いが(年齢相応か?)排尿痛・切迫尿はなし。夜間は1回。
 ・排便:便秘しないように酸化マグネシウム錠を服用している。特に気になることはなし。
 ・身体:体重は治療前とほぼ同じ。体脂肪は少し高いが徐々に落ちてきている
 ・食事:普通。肉類なども制限なしで何でも食べる。もちろんアルコールも(週に1回の休肝日が努力目標)
 ・運動:週に4~5回のジム通いで、エアロビエクササイズ・筋トレなどに汗を流している。

〈PSAの推移〉
2015.02  7.01 (治療前) グリソンスコア 7=(4+3)
       03   -   (ホルモン療法開始、3ヶ月毎にリュープリン注射)
       04  1.30
       05  0.48
       07   -   (小線源施術)
       10   -   (IMRT 25回終了)
       11  0.01以下
       12  0.01以下
2016.03  0.01以下(リュープリン5回目注射でホルモン療法終了)
       06  0.01以下
       09  0.01以下
       12  0.05
2017.03  0.10


次回の診察は9月になりますが、その後は6ヶ月毎になりました。