投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [59]
  • トリモダリティ治療後の定期検査・診察

  • 投稿者:bighiro
  • 投稿日:2016年12月 8日(木)19時58分48秒
  • 編集済
 
小線源施術後1年5ヶ月、外部照射後1年2ヶ月、ホルモン療法最終から9ヶ月の
定期検査・診察にS玉病院へ行ってきました。
まずは、採血と採尿してから泌尿器科へ行き、40分ほど待たされて診察室へ。
主治医から前回(3ヶ月前)の血液検査の結果を知らされる。
「まだホルモン療法の影響があると思われるが、PSA値は0.01以下、男性ホルモン
(テストステロン)は最低値より上昇している。順調な経過です。」とのことで
ホッとしました。

現在、排尿・排便等も異常はありません。排尿は昼間8~10回、夜間1~2回、
尿勢は相変わらず弱いものの年齢相応かなと思っています。ホットフラッシュは
夜間トイレに起きた時などに頻繁にあります。尿意切迫感はたまにありますが、
それも一時我慢すれば治まります。

次回はまた3ヶ月後です。「なんくるないさー。」の気持ちで行きます。