<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [111]
  • 症状説明

  • 投稿者:dekadekaメール
  • 投稿日:2020年 8月27日(木)16時52分47秒
 
愛知県在住の会社員のdekadekaと申します。

《年齢》61歳

《病状》PSA値 :5.83
    GS   :R側3+4・3/6(25%・15%・40%)
          L側3+3・1/6(1~2%)
    TNM分類:T2CN0M0


《経緯》2019/1:・血尿が出たため地元の泌尿器科を受診
         →尿検査・CT・尿道の内視鏡検査の結果異常認められず
          PSA値5.7と高く前立腺肥大の疑いがあったため
          プホルブを処方される(以降3か月に1回受診)

    2020/1:・上記以降1台だったPSA値が3.2に上昇
         →プホルブの投与を中止し経過観察

    2020/6:・PSA値が5.83に上昇
         →前立腺癌の疑いとの診断、MRI実施

    2020/7:・針生検実施
         →前立腺癌との診断、CT・骨シンチ実施

    2020/7:・FJ大病院を受診
         →小線源単独を希望するも外照射との併用又はダビンチ
          を推奨される

    2020/7:・セカンドオピニオンにてNGO陽子線Cを受診
         →ホルモン投与6か月+2G×21回照射を推奨される

    2020/8:・サードオピニオンにてUJ病院O医師を受診
         →小線源単独での治療可能との診断
          ただし治療体制整備中のため治療開始は未定とのこと

        ※現在治療保留中