スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(100)
  2. 治療法別 経験者 投稿リスト(14)
  3. 「論文・詳細スレッド」(67)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:501/9930 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

気弱な患者の診察日8

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2020年 1月27日(月)18時19分2秒
  通報 編集済
   地元のT大学病院で診察を受けて来ました。
はやいもので外照射終了後4年半も経過しました。
ここの診察室を訪れると、これまで重ねてきた生き死にの修羅場を思い出して、
感慨を新たにするのです。
以前に比べると相当減じたものの
未だにプレッシャーを感じずには居られません。
たかがPSAされどPSA、この病になった患者の悲しい性です。

 受付番号を知らせるチャイム音が鳴るたびにドキっとすることはなくなりましたが、
そそくさと診察室に向かう自分が居ました。
「ニュースで見たのだけど、O先生はその後どうされたのですか?」
「詳しくは分かりませんが、近く関東で治療を始められるそうです。」
「そうですか。ところでPSAは0.128です。さらに下がっていますよ」
「え~、それは嬉しい。」
内心本当に嬉しかったのだ。

 2年半前にピーク(0.332)を打ったPSAは
その後2年余り0.2代を上下して0.2を切れなかったのである。
その間にO先生の完治宣言はあったものの
それが目に見える形で現れれたのだ。
治療後5年を迎える手前でPSAが目に見えて低下したことは
再発の可能性が極めて遠のいたと言える。
先生はそこまで見通して居られたのだ。

 そもそもPSA90、T3bN0M1b、GS8(3+5)、陽性率100%の自分が
ここまで来れた事は奇跡に近いと思う。
O先生に感謝すると共に、
一人でも多くの重症患者に同じ喜びを味わって欲しいと思う。
S医科大は患者をモルモットにしようとした泌尿器科K教授を庇護して
それに逆らったO先生を切り捨てたけれど
先生を評価する患者はいくらでも居る。
ご足労でも新天地で頑張って欲しいと思う。

 先生の治療を一日千秋の想いで待ち侘びて居られる方が必ず居ると思う。
そんな方のために患者会が準備したサイトが以下です。
https://syousengen.net/brachytherapy-okamoto/


いかなる治療も良いことばかりではありません。
私は包み隠さず、すべてを述べるつもりです。
PSAの経過が順調な事は、もっとも大切なことですが、
他の項目も述べます。

<排尿症状>
 かっては血尿などもあったが、
最近は尿道の炎症感が少し残っている程度である。
寒いときなど排尿が近くなることがある。
症状としては軽微。

<排便>
 頻便とガス排出がある。
治療前からあった傾向が少し悪化したものである。
桂枝加芍薬湯を使用するようになり
原状近くまで改善した。

<臀部の皮膚症状>
 皮膚移植のための採取跡に照射した放射線で皮膚炎が発生。
ステロイド塗布で少しづつ改善するが、
そこが治っても新たに近傍がという繰り返しで
もぐら叩きのような治療が続いている。
時間をかけると治るので、もう少しの我慢か。

<性機能>
 ドライになったので迫力に欠けるが、
それ以外の機能はあまり変わらない。
年齢による低下はあるかもしれない。

<ホルモン治療(約1年)の副作用>
 止薬後4年になるが、昨年あたりでおおよそ、すべての影響から脱したように思う。
つまりそこまで3年かかった事になる。


病状説明を更新しました。
https://6307.teacup.com/cap87090/bbs/t1/75
 
》記事一覧表示

新着順:501/9930 《前のページ | 次のページ》
/9930