スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(100)
  2. 治療法別 経験者 投稿リスト(14)
  3. 「論文・詳細スレッド」(67)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2561/9930 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

完治宣言(外照射後2年半)

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2018年 2月 2日(金)12時08分57秒
  通報
   一昨日、外照射後2年半の診察を受けて参りました。
そこで思わぬ展開となりました。

 今回も往復とも苦手の飛行機(LCC)です。
母を介護施設に預けているので、速やかに帰宅せねばならないのです。
何せ1泊5000円くらいかかります。自分の宿は2000円ですけど・・・。
LCCは往復で1万円足らずと激安です。
その代わり空港は辺鄙な所にあるので、アクセスに時間と費用がかかります。

 K市の安宿を出て、S駅から病院までの4kmの道程を歩いていると
初めてこの病院を訪れた時の悲壮な面持ちや、その後の展開、
治療入院などのことが走馬燈のように思い出されます。

 病院に着くと、すでに入院仲間の皆さんが揃って居て、
久しぶりの再会を喜びあいました。
皆それなりに高齢であり、絶好調とはいきませんが元気です。
入れ替わり立ち替わり診察を受けながら会話が弾みました。

 私は先ず放射線科のK先生の診察に臨みました。
晩期障害と思われる症状は、ほぼ収まった旨の報告をしました。
先生は私のPSA推移を見ながら、
このパターンに続いてPSAが低下すれば完治するパターンですと言われました。
胸がときめきました。

 次にO先生の診察です。
こちらでも同様の見立てでしたが、
この日の血液検査の結果を見て判断すると言うことになりました。
通常血液検査は次回(半年後)に知らされるのですが、
佳境に入っているので後刻通知いただけるとのことでした。

 これまでPSAは上げ止まりになっていますが、
下降に転じたことはなく、まして完治などと言うことは毛頭ありませんでした。
今度は胸がどぎまぎしました。

 診察が終わり、仲間と展望レストランで食事を済ませ、
空港に立ち寄って帰宅すると夜半に近い時間でした。
パソコンには既に先生からの完治宣言のお言葉が入っていました。

「予定どおりに完治宣言ですね
これで前立腺癌の煩悩はとれたわけです
私が治したのではありません
私という如来の化身が ご加護をくださったのです」

 私の心にその言葉はじんわり染み渡ってきました。
一時はあの世逝きを覚悟し、
その後そのモードを頑なに保っていた心が緩んだ一瞬です。
氷解にはまだ時間がかかりますが、確実にその一歩を歩んだと思います。

 私がここまで至る道筋には様々な事がありました。
大いに運に恵まれた面もあります。
しかし確実に言える事は、私が病を治す人達に廻り会えた事だと思います。
本当に感謝しています。
そして、一人でも多くの人が同じ道を辿られますことをお祈りしています。

http://6307.teacup.com/cap87090/bbs/t1/75








 
》記事一覧表示

新着順:2561/9930 《前のページ | 次のページ》
/9930