スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(93)
  2. 「論文・詳細スレッド」(62)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2912/9320 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

気弱な患者の診察日4

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年 4月18日(火)11時46分16秒
  通報 編集済
   「露と落ち 露と消えにし 我が身かな 難波のことも 夢のまた夢」
秀吉の辞世の句です。
診察前夜からこの句が頭を離れません。

 私の人生を稀代の天下人と較べるわけではありませんが、
如何に塵芥であっても私にとってかけがえのないものであり、
それがそこはかとなく消える覚悟をしなければならないと思ったからです。

 闘病生活に入って丸3年、
全ての治療は1年以上前に終え運命はすでに決まっているのですが、
この日の診察結果がその帰趨を決める最大の山場であることは重々承知しています。

 朝8時半、病院の検査室に向かい血液を採取してもらいました。
結果が出るのに2時間程度かかるので、
誤って洗濯してしまった健康保険証の再発行のため役所に向かい、
その足で近くのスーパーで買い物を済ませ病院に戻ると、
いきなり事務の方から診察室に入るよう指示されました。
毎度、電光掲示板を眺めながら長い順番待ちをするので、
いささか戸惑いながら入ると、
いきなり「今回の結果は0.265でした。」と宣告がありました。

 一瞬間をおいて、「は~・・・」と溜息が漏れました。
悲壮な覚悟が雲散したのです。
前回(半年前)のPSAは0.1999でした。
転移していればホルモン治療の影響が抜けるこの時期のPSAは持続的に上昇を続けます。
逆に転移がなければ漸減しなければなりません。
今回0.6を越えていたら、露と消える覚悟を決めねばなりません。
0.2近辺なら首は繋がったと判断できます。

 私の当初のPSAは90でした。
PSAが100を越えるとほぼ半数に転移が見られるというデータがあります。
しかも別の病院で私は転移の診断をいただいています。
従って私が治る見込みはほぼ50%と考えていました。
未だ減少に転じた訳ではないですが、
私が治る見込みは70~80%になったと判断されます。
これで最大の山場は越えて、
また半年位は枕を高くして眠ることができます。

 私が今回背水の陣で臨んだのには、もう一つ訳があります。
上述の分析の他にも身体で感じるリアルな症状が何かとあるからです。
それは転移を疑われた所に感じる痛みであったり、腰の痛み、
果てはALP(骨代謝マーカー)の不気味な変動であったりするのです。
それらが輪をかけて疑心暗鬼に追い込まれて行くのです。
まだまだ先は長いですが、ここまで来れたことに感謝の気持ちで一杯です。

 病状説明更新しました。
http://6307.teacup.com/cap87090/bbs/t1/75

<外部照射後1年9ヶ月の症状>

 目立った変化はありません。昨年末にあった軽度の血便(2回)は、
3月にも一度怪しいことがありました。頻便は相変わらず2~3回/日で続いています。
新年に入った頃から、尿道に少し刺激を感じるようになりました。
尿回数にあまり影響は出ていません。
前立腺や会陰周辺の諸症状は影を潜めています。
最近少し腰が重いです。治療開始後良くなったり悪くなったりを繰り返しています。
体毛は完全復活していませんが、相当元に戻っています。
増加した体重はそのままですが、筋量が増え体型が変わりつつあると思います。
胸はまだ凹んでいません。
性機能は復活していますが、あれが出ない以上、生理的ではなくイメージ的な感じです。
まあどれもこれも日常生活に影響するものではありません。
 
》記事一覧表示

新着順:2912/9320 《前のページ | 次のページ》
/9320