スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(93)
  2. 「論文・詳細スレッド」(62)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:5613/9244 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

勝俣範之『「抗がん剤は効かない」の罪』

 投稿者:  投稿日:2015年 2月13日(金)08時04分50秒
  通報 編集済
  勝俣範之『「抗がん剤は効かない」の罪 ミリオンセラー近藤本への科学的反論』毎日新聞社について文を引用しましたが、その他、興味深かったことを以下に書きます。

がん患者の生存曲線は「カプランマイヤー法」という方法で描かれるが、"真の生存曲線"ではなく、"推定生存曲線"であるということ。

累積生存率の95%信頼区間の上限値を繋いだものと、95%信頼区間の下限値を繋いだものを図表すると、かなり幅があることがわかり、「カプランマイヤー法」で表される曲線を"真の生存曲線"と誤解しないことが必要。

追跡不能となったのは「打ち切り」例として表示するが、打ち切り例は、生存曲線に縦棒としてあらわす。

最後の部分がすとんと落ちるグラフは、たくさんの患者が亡くなったことを意味するのではなく、最も長く追跡された患者さんひとりが亡くなったことを示す。

生存期間の最後のほうは、追跡患者が少なくなるために生存曲線の形が変わりやすく、医学的には"累積生存率の信頼区間の幅が広くなる"

エビデンスレベルは下記の投稿で示されています。
http://6307.teacup.com/cap87090/bbs/index/detail/comm_id/3886

勝俣先生は次のように情報のランク付けを示しています。 P.170 表4-3

1 優れた医学論文(ランダム化比較試験の結果)
2 診療ガイドライン
3 一般医学論文
4 学会発表記事
5 新聞記事、雑誌の記事、権威者の意見、体験談、インターネットの情報

勝俣先生は批判対象の人の書いた本がミリオンセラーであり、それに比べ、がん医療セミナーで6000部しか売れていないと嘆いていましたが、いくつか理由があると私は思いました。

あくまでも科学的であろうとして、批判の部分を重点として記述していないようにみえます。生存曲線の科学的な基礎知識を明示し、批判する、それは正当ですが、まず間違いを指摘し、批判し、近藤医師は医療統計をまったく理解していないときってすて、その後に詳しく科学的な基礎知識を解説すれば、分かりやすいと思います。

また、注 参照文献 などが各章ごとにあるのは煩わしく、巻末にまとめて書くほうがいいと思います。

勝俣先生、一般書書かれるはじめてと後書きに書かれていましたが、まず批判、なぜならば、こういった点がおかしい、そして、がん情報の信頼性を一般的に述べ、再度、批判、
こういったように批判に重点をおいて書いたほうが、一般受けするかと思います。

科学的に正確であろうとするということと分かりやすいということはまったく別のことであり、K理論にまどわされる人が少なくなるためにはまず売れなくてはならないので、少々センセーショナルはありかと思いました。

以上、内容紹介と感想でした。

http://flot.blue.coocan.jp/cure/

 
》記事一覧表示

新着順:5613/9244 《前のページ | 次のページ》
/9244