スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(93)
  2. 「論文・詳細スレッド」(62)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:672/9244 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

決心

 投稿者:羊毛メール  投稿日:2019年 4月10日(水)15時27分58秒
  通報 編集済
  告知後セカンドオピニオンに行こうと思ってる、というところまで書いたと思いますが、セカンドを受診して小線源等の話を聞き、今日元の病院(MS病院)に戻って受診してきました。

悩みに悩みましたが、最初の印象通り、小線源主体でいこうかと思ってます。

MS病院の先生は前回「予約入れとくけどキャンセルして転院しちゃっても構いませんよ」と言ってましたが、いい先生だと思うし、お世話になったので、挨拶はキチンとしておきたいと思っての予定通りの受診です。

放射線の晩期障害の話、
手術はロボットでも尿漏れが残る可能性が10%くらいある、
手術の片側神経温存時の有効率は半々くらい(尿漏れが残る可能性は減る)、
性機能や尿漏れを重視する人は小線源を選ぶ人も多い、
放射線も晩期障害が起こる人もいれば起こらない人もいる、
絶対副作用が無いということは手術(ロボット)でも放射線でも言えない、

など、調べればある程度わかることですが直接聞きたかったことも、これが最後の機会だと思って聞いてきました。

「ホルモン併用ならウチでホルモンやることもできますよ、同じ病院の方がいいでしょうけど」「何かあったら予約入れてもらって受診しても構いませんから」とのお言葉もいただきました。本当、いい先生だと思います。

ちなみに、「先生だったらやはり手術を選びますか?」との問いには「うーん、場合によって違うからなあ、、、」と悩んだ様子で答えてはもらえませんでした。(笑)

思えば、PSA=4程度で経過観察でもなく生検を勧めてくれて、しかも1回で1/12という小さい癌に的中させる、何というか、「これは実は運がいいのか?」と思えるような流れ。いい先生と離れるのはちょっと寂しいですね。

願わくば転院先の先生もいい先生でありますように。(セカンド時の印象は良かった)

セカンドの病院での話の内容は、ちょっとどこまで書いていいか分からないし、具体的な私個人の治療内容も決まってはいないので、後日改めて書こうかと思ってます。

一応継続的に書いていくつもりですので、今後とも皆様、よろしくお願いいたします。


(追記)
小線源を選んだ理由を書き忘れたので追記します。

・ハッキリとはしないが成績は小線源の方が良さそう。
・性機能は重視しないが、それでも無くなってしまうと寂しいだろうと思う。可能性の大きい方を選びたい。
・手術の尿漏れで、日常生活時のパッド1枚/日程度はいいと思うが、スポーツ時にそれがどこまで気になるか気にならないかが想像できない。尿漏れは無いに越したことはない。
・手術だと再発がすぐわかるが、放射線はバウンズもあるのですぐわからない。長いこと安心。(変な考え?)
・一般と違うことをやってみたい。
・身体の中に放射線源を入れるので強くなった気分になれる。(笑)

そんなところですかね~。


(再追記:すみません)
今後ここを読む人の参考になるかもしれませんので、小線源以外についての私の考慮点についてまとめます。

手術(ロボット)
・尿漏れが許容範囲内になるのであれば(その確率の方が高い)、晩期障害など気にする必要はない。
・放射線の頻尿では夜間の睡眠不足などあるが、そういうことはない。尿閉もない。(吻合部狭窄というのがあるらしいが頻度は高くない?)
・放射線ではもし生き残った癌細胞がある場合はかなり経ってから再燃となるが、その心配はない。
・放射線のような二次癌の可能性はない。
・高リスクはあまり成績が良くないが、低リスクは良いし、中リスクでもまずまず良い。
・デスクワークなら仕事復帰もそんなに苦ではない(?)
・スポーツに関しては入院期間+尿漏れの期間は休む必要があるかもしれない(種目による)。

外照射主体
・放射線量としては小線源主体より少なく、小線源と比べて効果としてはどうなのか?
・ただし好成績を出している病院もある。(理由は明確ではない)
・副作用は小線源に比べて広く当たってしまう分、多めかもしれない。(長引くことは少ない)

粒子線
・幸いそれほど遠方でなくてもできるが、実施施設が少なく、情報が限られている。
・通常の外照射と比べて効果と副作用はそれほど変わらない(?)。

私の病状や考え方としての考慮なので、人によって違うかもしれないことはお断りしておきます(ご意見いただくのは構いません)。
なお、病状的にホルモン治療、監視療法は除外しました。また保険外診療の超音波なども除外しました。


(再々追記)

HDR
・いいらしいが、実施施設が少なく、情報が限られている。
・あえて高線量率でなくても、低線量の通常の小線源でいいと思っている。
 
》記事一覧表示

新着順:672/9244 《前のページ | 次のページ》
/9244