スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(91)
  2. 「論文・詳細スレッド」(61)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:17/8279 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

IMRT治療後4年を過ぎての診察

 投稿者:  投稿日:2018年12月 4日(火)20時34分53秒
  通報 編集済
  本日、IMRT治療を受けて4年が過ぎ、診察を受けてきました。
PSAが予想以上に下がっていて、ひとり喜んでいます。
本日 0.20 前回、6月 0.301

この値はIMRT終了後半年経っての値、0.191に匹敵しホルモン治療が終わって半年後でそろそろホルモン治療の影響が少なくなるころと同じ値と同じになったことに少し驚きました。
推移のグラフはサイトの以下のページ
http://flot.blue.coocan.jp/cure/psa.html

IMRT後のPSA値で紹介しました名古屋市立大学のHayashi氏他の論文、MRT治療を行った患者116人をPSA非再発の場合及びPSA再発にグループ分けし、考察したものの非再発のグループに関する以下の記述を改めて確認し些か安堵しました。

PSA levels never increased by > 1 ng/mL from the nadir during a median of 37 months (range, 10-55 months).

PSAレベルは決して中央値37カ月(範囲 10-55カ月)の間で最下点から1ng / mL を越えて増加しなかった。

4年経って、PSAが 1.0 より遥かに低い値ということは少しの安心材料かなという思いです。

小線源治療を受けた方は時間が経つと0.1以下になるようですが、外照射、IMRTの場合は必ずしもそういう推移を辿りませんが、4年過ぎての0.20 という値は上出来だと思いました。

但し、主治医は「安定しています」の一言で5年過ぎると年1回でいいのですね。半年毎は後2回、そうして10年まで来なければいけないのですねと確認しますと、「そういうことになっています」というお言葉、先生は完治の宣言はとてもしてくれない模様。
後7回、通う必要あります。

http://inves.seesaa.net/

 
》記事一覧表示

新着順:17/8279 《前のページ | 次のページ》
/8279