スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(91)
  2. 「論文・詳細スレッド」(61)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:18/8239 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Stanislav Lazarev 氏の論文

 投稿者:  投稿日:2018年11月 8日(木)10時16分57秒
  通報 編集済
  小線源治療は決して日本においても最新の治療ではないということは自明ですが、米国での長期の治療成績が報告されています。
掲示板でも名前があげられているMount Sinai の Nelson N. Stone氏が共著者であるStanislav Lazarev 氏を筆頭著者とする以下の論文です。

Low-dose-rate brachytherapy for prostate cancer: outcomes at >10 years of follow-up.
BJU Int. 2018 May;121(5):781-790.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29319928

1990年から2006年に小線源治療をうけた757人が対象
フォローアップの中央値は12.5年

17年PSA非再発率
低リスク 86%
中間リスク 80%
高リスク 65%

結論は以下のように書かれています。

結論:LDR-BTは優れた生存率をもたらし、17年PCSS(prostate cancer-specific survival :前立腺癌特異生存)率は97%である。結局、PSA再発をした患者の18%が小線源治療後 > 10年で再発した。これは継続的な追跡調査を正当化する。

日本においてはこのような長期のフォローは多分なされなく、今後もこのような論文は発表されることはないでしょう。

治療後、10年以降もマウントサイナイにおいてはフォローされ、その結果が発表されているのはそれはそれで、何らかの参考にはなるかと思われます。
 
》記事一覧表示

新着順:18/8239 《前のページ | 次のページ》
/8239