スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(91)
  2. 「論文・詳細スレッド」(61)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:130/8291 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

がん免疫療法に関する毎日新聞の記事

 投稿者:  投稿日:2018年10月 7日(日)08時02分28秒
  通報 編集済
  日本医科大武蔵小杉病院の勝俣範之教授他に取材した記事、ノーベル賞で注目「がん免疫療法」は万能じゃない | 医療プレミア特集 | 毎日新聞を読みました。

勝俣氏をこう紹介しています。

がん専門医が集まる「日本臨床腫瘍学会」は、これらを総合的に評価した
「がん免疫療法ガイドライン」を作っている。医学論文のデータベースを
使って世界の研究成果をまとめて調べ、2016年12月に初版を出した。
その後、改訂版を作成して草案をインターネットで公開し、今月初めまで
専門家から意見を公募した。勝俣教授はこの改訂版の作成グルーブの副委
員長だ。

専門家からの意見公募のページは以下のとおり
「がん免疫療法ガイドライン改訂版(案)」パブリックコメント募集 2018/10/1 締切 | お知らせ | 日本臨床腫瘍学会

公開されているPDFファイルをさすがに熟読する気はありません。

(なんちゃって)免疫療法が効かず勝俣氏のところへ来た患者は7年間で20人、この数は多いといえるのだろうか。

さらにこう書かれています。

勝俣教授は「『オプジーボでがんが治る』と言える段階では、まだない。
副作用もさまざまある。強い副作用が出ても緊急対応できる病院で、決め
られた量を使うべきだ」と言う。大幅に量を減らして使う病院もあるが、
効果がなく、副作用が残るという。

勝俣氏の「「危うい治療」の見分けかた」が書かれていて最後は以下の文で終わっています。

今年6月の医療法改正で、「患者の主観的体験談」をネット広告に使うこと
は違法になった。しかし、厚生労働省の委託で「医療機関ネットパトロール」
事業を担当する日本消費者協会によると、法改正後も体験談を載せる医療機関
は残っているという。
 
》記事一覧表示

新着順:130/8291 《前のページ | 次のページ》
/8291