スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(84)
  2. 「論文・詳細スレッド」(60)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:28/8023 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

アルファ線核医学治療

 投稿者:山川メール  投稿日:2018年 7月10日(火)20時21分13秒
  通報
  癌当事者にとっては、興味のあるシンポジウムが開かれます。 情報を転送します。
参加費がどのくらいかはわかりません。 お金と、時間と体力が許せば参加しようかなと
思っています。
Ac-225を大量に作ることのできる加速器は日本にはなく、
それに代わるものとして、Lu-227プロジェクトが大阪大学で現在進行中です。
自分が生きているうちに、間に会いそうな気はしませんが、孫たちの時代になれば
現実になりそうな気がします。

●タイトル:大阪大学放射線科学基盤機構発足記念式典・記念シンポジウム

 大阪大学では、平成30年4月1日に「大阪大学放射線科学基盤機構」が発足いたしま
した。
本機構は、放射線科学関連の新しい研究教育や課題解決が部局横断で機動的に行える
よう、
全学の放射線関連施設を一元化する組織であり、放射線安全管理の全学体制の充実と
合理化、
当該分野の教育研究の機能強化、産学官共創の推進を目的としています。
現在、概算要求「放射線科学基盤機構設置による新規医療イノベーションの推進」に
よる
アルファ線核医学治療法開発に注力しつつ、次世代の革新的イノベーション創出にも
貢献して参る所存です。
8月1日(水)に、この放射線機構の発足を記念し、下記のような記念行事を執り行う
ことになりましたので、
ご案内申し上げます。

●日 時:2018 年8 月1 日(水) 10:30-19:00(10:00 より受付)

●会 場:千里ライフサイエンスセンター
    (大阪府豊中市新千里東町1-4-2)
     http://www.senrilc.co.jp/
●プログラム
第1 部 10:30-12:00 記念式典 (山村雄一記念ライフホール)
・開会挨拶(式辞) 担当理事 八木康史
・祝辞 大阪大学総長 西尾章治郎
・来賓挨拶 文科省、関係機関等の代表
・放射線科学基盤機構の概要説明 機構長 篠原厚
・記念写真撮影

第2 部 13:00-17:00 記念シンポジウム (同ホール)
1. 特別講演
 平野俊夫 先生(QST 理事長)「がん死ゼロ健康長寿社会を目指して」
2. 放射線関連科学の最前線
 吉田陽一(阪大産研)「産研における量子ビーム研究の展開」
 羽場宏光(理研)「理研におけるRI 製造応用
  ~ 新元素の化学から核医学の診断・治療まで ~」
 北田孝典(阪大院工)「原子力人材育成プログラム」
3. アルファ線核医学治療法開発の現状と展望
・招待講演
  F. Giesel 教授(ハイデルベルグ大)「PSMA-ligand theranostics: from
  imaging (68Ga/18F) to therapy (177Lu/225Ac) and its clinical impact」
・世界の動向
  畑澤 順(阪大院医)「国際原子力機関IAEA とアルファ線核医学治療」
・国内の現状と展望
  東 達也(QST 放医研)「アルファ線核医学治療 国内の現状と展望」
  深瀬浩一(阪大院理)「アルファ線核医学治療開発に向けた大阪大学の戦略と現
状」

第3 部 17:30-19:00 記念祝賀会 (千里ルーム) 会費:3,000 円

●参加申込み:下記のホームページよりお申込み下さい。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfqv6Z30jhCP-BUPKyGqJEnceeRPiIFLx8Q
3Wn7IGnWrYpBZQ/viewform

本件に関するお問い合わせ、連絡先は下記までお願いします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 放射線科学基盤機構 豊中事務局(担当:山本様)
 TEL:06-6850-8271
 E-mail:yamamotoai16@chem.sci.osaka-u.ac.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
》記事一覧表示

新着順:28/8023 《前のページ | 次のページ》
/8023