teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


高知地殻流体セミナー (仮称)

 投稿者:西尾メール  投稿日:2010年 7月 3日(土)19時50分11秒
  本セミナーは高知大理学部の久保篤規さんがホストです。
会場も高知市内の朝倉キャンパスです。
(西尾は代理投稿)

----------------------------------------------
日時:2010年7月6日 15:00-16:30頃
場所:高知大学理学部1号館 101号室
演者:山下 太さん(独)防災科学技術研究所 主任研究員
発表タイトル:広帯域MT法探査が示す深部低周波微動発生域周辺の特徴的比抵抗構造
 
 

高知地殻流体セミナー

 投稿者:西尾  投稿日:2010年 6月29日(火)13時44分13秒
  JAMSTEC横須賀の笠谷さんが高知コアセンターにこられますので
以下のようなセミナーをお願いしました。
ご興味あるかたはお気軽にどうぞ。
[高知コアセンター以外から来られる際は
時間場所変更の際に連絡できますように
予め西尾まで連絡いただければ幸いです]
-------------------------------------------------
日時:7月1日(木) 16時から (講演時間は30分~1時間)
場所:高知コアセンター2階 大セミナー室
タイトル:電磁気学的手法で見る流体の分布
演者:笠谷貴史(JAMSTEC-IFREE)

要旨:電磁気学的手法によってイメージングされる流体分布について
御嶽山、南海トラフおよび山陰沖などの事例を紹介する。
また、現在検討を開始している、流体の動きを明らかにするための
取り組みについて紹介する。
 

シンポジウム「地殻流体活動としてみた松代群発地震」補足

 投稿者:西尾  投稿日:2010年 3月19日(金)17時40分15秒
  タイトルのシンポジウムは産総研の入構申請が必要だそうです。
参加希望の方がいましたら3/23(火)までに「地殻流体」事務局まで連絡お願いしますとのことです。
 

シンポジウム「地殻流体活動としてみた松代群発地震」

 投稿者:西尾  投稿日:2010年 2月24日(水)19時54分45秒
  シンポジウム「地殻流体活動としてみた松代群発地震」
2010年3月25日(木曜日)
産業技術総合研究所・第 7 事業所・別棟大会議室(7-3C211)
アクセス(http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/tsukuba_map_main.html
主催: 新学術領域「地殻流体」
共催: 産業技術総合研究所地質調査総合センター
世話人:栗田敬(東京大学地震研究所)

趣旨:1965 年 8 月から 5 年半続いた松代群発地震は大量の深層地下水湧出というクライマックスをむかえ、火山性群発地震という当初の想定が、水噴火群発地震であったとの考えに変化しました。「地殻流 体」の動きを様々な地球物理学的、地球化学的観測によって追跡できたという点で松代群発地震は世界 的に見て唯一の事例であると言えます。新学術領域「地殻流体」の研究開始に当たり、我々は松代群発 地震活動を現在の「地殻流体」研究から見直し、新しい視点を導入すべく本シンポジウムを企画しました。議論したい課題は地震学および電磁気観測により注目されている地殻深部の「地殻流体」溜まり(S 波散乱体)の実態、火山・地震活動と「地殻流体」の関わり、「深部地殻流体」の起源など多岐にわた ります。特に今回のシンポジウムでは松代群発地震の原因を深層地下水の起源という視点から永年に渡 り研究されてきた、塚原弘昭・信州大学教授(本年 3 月定年を迎えられる)を中心に、松代群発地震と 水噴火の意味を幅広い立場から討議したいと考えております。 関心のある方の参加を広く呼びかけます。

プログラム **************************************************************************************
13:00 松浦律子(地震予知総合研究振興会) 松代群発地震について
13:30 塚原弘昭(信州大) 松代群発地震と水噴火、地下水の組成と起源
14:30 風早康平(産総研) 日本列島の深層地下水にみられる地殻流体の痕跡とその起源:松代 の特異性・普遍性
15:00 岡田知己(東北大) 地震波の速度異常・減衰・反射・散乱-地殻流体を示唆する構造と地 震発生の関係
15:30 討論(栗田敬・川勝均) 松代群発地震の今日的意味
16:00 休息
16 :15 山下輝男(東大・地震研)地震発生に果たす流体の役割
16:45 山下 太(防災科研) 西南日本の沈み込み帯をターゲットとした電気伝導度構造探査
17:15 西尾嘉朗(JAMSTEC高知)群発地震に関与する水の地球化学:木曽御嶽山南東麓と松代
17:45 休憩
18:00 討議主体型懇親会 会場 産業技術総合研究所 厚生センター2階 レストラン

世話人:栗田敬(東京大学地震研究所) 問い合わせ先:新学術領域「地殻流体」事務局(URL参照)

http://www.geofluids.titech.ac.jp/sub9.html

 

公募情報-2

 投稿者:西尾  投稿日:2010年 1月25日(月)00時38分30秒
  他のメーリングリストで流れた公募案内をここに貼っておきます。
詳細はリンクしてあるURLで確認してください。

-------------------------
研究員(非常勤職員)の募集

 1. 職名:研究員(非常勤職員)
 2.募集人員:1名
 3.所属:高知大学海洋コア総合研究センター
 4.専門分野:高知大学が新たに策定した学内研究拠点プロジェクト「掘削コア科学による地球環境システム変動研究拠点」(平成22年度~27年度)で行われるプロジェクト研究に積極的に参画し,次の3つの研究グループを構成する教員と密接に協力して研究を行う方を募集します.

http://www.kochi-u.ac.jp/marine-core/recruit/10_postdoc_kyoten.pdf

 

公募情報-1

 投稿者:西尾  投稿日:2010年 1月25日(月)00時33分47秒
編集済
  他のメーリングリストで回ってきたものをここに貼っておきます。

-------------
各位

鳥取県教育委員会では、博物館等に勤務する地学の学芸員を募集して
いますので、ご案内いたします。※転送歓迎です。

詳しくは、鳥取県教育委員会のホームページをご覧ください↓
http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=123953


====【参考】受験案内からの抜粋です(詳細はHPを)====
職  種:学芸員(地学担当)

受験資格:昭和49年4月2日以降に生まれた人で、大学又は大学院
     において、地学又は古生物に関する分野を専攻し、卒業(
     修了)または見込みの人

受付期間:平成22年1月22日~平成22年2月22日

試験の日:平成22年2月28日
===============================

http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=123953

 

公募情報

 投稿者:西尾  投稿日:2010年 1月20日(水)17時33分23秒
  マリンワークス
●船上・陸上において科学技術支援を行う観測技術員
http://www.mwj.co.jp/recruitment21.html

産業総合研究所 地質情報研究部門
http://unit.aist.go.jp/igg/ci/recruit/index_h22.html
 

「流体包有物」セッションでの発表のお誘い

 投稿者:西尾  投稿日:2010年 1月15日(金)16時10分2秒
  ● 「流体包有物」セッションでの発表のお誘い
2010年度の地球惑星連合大会にて

「流体包有物」
セッションID:S-CG090
セッション小記号:固体地球科学複合領域・一般(CG)

というセッションを行う予定です。
もし,よろしければ,本セッションでの
発表をご検討いただければ幸いです。

コンビーナー:
西尾嘉朗(JAMSTEC)
山口飛鳥(高知大)
山本順司(京都大)
林謙一郎(筑波大)
岡本敦(東北大)

●「流体包有物」セッション
流体包有物試料は,地殻流体やマントル流体の試料として,資源鉱床鉱液・地殻内流
体・マントル流体・地震断層流体など様々な研究分野で試料として用いられていま
す。研究分野の枠を超え流体包有物研究に関する情報を交換できる場となる事を目的
して本セッションを企画しました。本セッションでは完成された研究発表に加えて,
「現在このような事が分からない。このようなことに試みたがうまくいかなった。こ
のような分析ができるようになるといい。」といった内容の発表も歓迎します。ま
た,流体包有物の新しい分析技術手法の開発等の発表も歓迎します。

[参考] 発表を前向きに検討していただいてる方
水上知行(金沢大)標準流体包有物か、CO2流体包有物を用いた温度圧力推定の話
黒澤正紀(筑波大)PIXEによる流体包有物の分析法
村上浩康(産総研)浅熱水性金鉱床の流体組成進化
広高智恵(広島大)内容未定
増川恭子(筑波大)内容未定
平島崇男(京都大)地殻流体関連
大久保進(石油資源開発)油ガス田地域から産する炭化水素包有物
山口飛鳥(高知大)地震断層脈の流体包有物の地球化学
山本順司(京都大)内容未定
西尾嘉朗(JASTEC)地震断層脈の流体包有物のLi-Sr同位体比
 

新聞掲載

 投稿者:西尾  投稿日:2009年 7月31日(金)00時22分49秒
  名古屋大の宮田さんの研究が毎日新聞でとりあげられています。
↓のURLでもみれます。

http://mainichi.jp/enta/art/archive/news/2009/07/20090728dde018040026000c.html

 

地震・断層・流体ミニワークショップ

 投稿者:西尾  投稿日:2009年 4月15日(水)21時46分10秒
  日時: 4/21(火)13時30分より
場所: 高知コアセンター会議室
発表時間:質問時間込みで1人40分以内

[話題提供予定者]

  山口飛鳥(高知大海洋コア)
   沈み込み帯地震発生帯における2種の岩石流体相互作用:
   四万十帯延岡衝上断層とKodiak付加体Pasagshak Point Thrustの比較から

  橋本善孝(高知大理)
   牟岐メランジュ南阿波断層における流体フラックスと透水率の推定

  谷川亘(JAMSTEC高知)
   剪断破壊に伴う透水係数の変化とすべり速度依存性

  久保篤規(高知大地震観測所)
   2004年中越地震の余震域のVp/Vsの時空間分布

  林 為人(JAMSTEC高知)
   南海掘削の応力計測

  廣瀬丈洋 (JAMSTEC高知)
   高速摩擦試験器を用いた地震断層から水素放出の模式実験

  西尾嘉朗(JAMSTEC高知)
   湧水や流体包有物試料を用いた地震断層に関与する流体の同 位体化学研究
 

レンタル掲示板
/5