投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(78)
  2. 「論文・詳細スレッド」(59)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


RE:外照射の晩期障害と大腸ガン

 投稿者:takibi  投稿日:2017年12月17日(日)21時50分39秒
  kimimkiさん、コメントありがとうございます。

さまざまな検査方法があるのですね。
私はまだサラリーマンですので、今年6月に会社の健康診断で便潜血検査を受けて陰性でした。
でも今回は目視で出血があったので市が行っている同様の検査に申し込み、本日提出したところです。
潜血検査はたまたまの要素があると思いますが、今回は五分五分かなと推測しています。いずれにしても、今回の便潜血検査結果を待ちたいと思います。



SANZOKUさん、コメントありがとうございます。

やはり経験者のお話はとても参考になります。
ちょうど1年前の血便であれば、私とほとんど同じタイミングですね。
私は今までで4回位の目視での血便を確認していますが、「便の最後に少量…」がぴったり当てはまります。これをお聞きしてかなり安心しました。

私は外照射後の血尿はまったくなく、排尿痛も2回だけですので尿関係は私の方が軽いようです。
ただ私と同時期に内照射、外照射を受けられたT氏は外照射1年後にユリーフを中断したところ、今までまったくなかった血便と血尿が発生し、慌ててO・K先生の診察を受けられましたが、問診とエコー検査で異常なしで晩期障害だろうとのことでした。
SANZOKUさんは、外照射終了後1年で内視鏡検査を受けられて、少し痛みを伴ったとのことですが、S医大に事前に相談されたのでしょうか。
私が入院時に入手した書面には下記の記述があります。

**************
(要約)
takibiさんは2016年6月21日に小線源治療及び外部照射を行っており、その影響で直腸の壁が脆く、弱くなっていることがあります。
したがって、内視鏡の際に生検などによって直腸壁を傷つけることは、腸に穴を開ける危険性があり、そうなると永久的な人工肛門となる可能性があります。
この危険性は治療後数年間続くので、内視鏡検査はS医大で実施することをおすすめします。またその際には書面を見せてから受けて下さい。
最後にO医師、K医師の連絡先が記されています。
**************

内視鏡検査による直腸穿孔の心配は、前立腺ガンで放射線治療を受けられた方にとって共通の注意事項ではないかと推測しますが、過去のスレッドを検索してもひじき爺様の書き込みしか見あたりませんでした。
原因をはっきりさせたくても内視鏡検査のリスクを考えるとちょっと怖いというのが本音です。
 

RE:外照射の晩期障害と大腸ガン

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年12月16日(土)21時46分34秒
編集済
   しばらくです。
血便ありますか・・・。
takibiさんは私の1年遅れで、ほぼ同じ治療をされています。
私も昨年の11月に初めて血便を確認し、
今年の5月まで目視で確認できた血便は6回でした。
便の最後に少量確認できる程度です。
この時期が晩期障害の好発時期です。
ちなみに血尿は今年の7月下旬から10月初めまでほぼ毎回でした。
その間排尿痛も相当ありました。
その後は血尿はなく、一月遅れで排尿痛も改善しました。

 私は2013年の始めに大腸内視鏡検査を受けており、
その際は何もありませんでした。
放射線治療は2015年の7月に終了しました。
そして今年8月に地元の医院で内視鏡検査を受けました。
今回は下行結腸から5mmのポリープ1個摘出です。
気になる直腸付近は微妙に血管拡張があるものの
健常者でも時にこの程度になることがあるそうです。
これを伺って安心しました。
過去2度の検査では内視鏡の挿入は容易でしたが、
今回は少し痛みを伴いました。
放射線治療によって腸壁やその周囲の筋肉が固くなったり、
過敏になったのかもしれません。

 お腹の調子は少しずつ改善していますが、未だ2~3回/日の頻便です。
ようやく治療後の急性期を乗り越え良くなってきた時点程度になってきました。

 血便が酷く、長く続く場合は検査を実施した方が良いと思いますが、
現時点で急いで検査する必要はないのではないかと思います。
ただ長期に渡って検査してないのなら検査するのは悪くないと思います。
ご存じだと思いますがこの治療をした人は、
直腸のバイオプシーは禁忌です。
内視鏡検査する場合は必ずそのことを告げなければなりません。

 ちなみに私の本年の便潜血検査は
最後の血便が確認された後1ヶ月以内に行ったのですが、
陰性でした。

 以上あくまで素人の言うことですので先生に確認されることをお勧めします。
現時点でも注意を払えば検査できると思うし、
長く検査していない場合は、やった方が良いかも知れません。
私のお勧めはこの治療を行う人は、事前に肛門や大腸の検査をしておくことです。
その場合でも必ず主治医の指示を仰いでください。
下手な検査や治療をすると、この治療ができなくなるからです。
 

takibiさん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年12月16日(土)20時48分39秒
編集済
  はじめまして
ご心配ですね。ちょっと 調べてみました。
大腸内視鏡検査が受けられない場合には
血液検査 他 以下の検査等があります。
参考にしてくださいませ。
 

外照射の晩期障害と大腸ガン

 投稿者:takibi  投稿日:2017年12月16日(土)19時02分4秒
  2016年6月に小線源療法、8月に同病院にて全骨盤外照射(220Gy)、その後2017年3月まで半年間ホルモン治療を受けたtakibiと申します。
病歴はPSA49、グリソンスコア4+3=7、T3bM0N0で、S医大にてトリモダリティで治療しました。

最近、たまに血便(鮮血)があり、外照射の副作用あるいは痔であれば問題ないのですが、少し前にこちらの掲示板でひじき爺様の大腸ガンが見つかった書込みを拝見して検査を受けた方が良いのか迷っています。
しかし私は全骨盤外照射で大腸にダメージを受けている為、放射線科のK医師より内視鏡検査が難しい腸になっていると聞いています。
大腸がん検査のタイミング、検査方法等どうするべきか悩んでおります。
 

明日は退院です。

 投稿者:たつき  投稿日:2017年12月16日(土)10時04分42秒
  ,昨日カテーテルも抜けてスッキリしました、尿道に血溜まりが多かったので膀胱洗浄が長くて辛かったです、普通に座れて食べるとこんなにご飯が美味いとは。ただ30,分おきに排尿痛は昨日よりもまして来ました、1週間位で治るでしょうとの事でした。sanzokuさん、ほっかいどうさん、みなさん、有難うございました、スマホからの投稿で見にくいかもしれませんがパンフの画像のせます。  

たつきさん

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年12月15日(金)23時44分31秒
  苦痛は一時のこととは言え、よくぞ3日間耐えられました・・・。
本当にお疲れ様でした。
明日カテーテルが取れれば治療終了の実感が湧くことと思います。

落ち着かれましたらHDRの何たるかを是非アップなさってください。
 

お疲れ様です

 投稿者:ほっかいどう  投稿日:2017年12月15日(金)10時50分6秒
  たつきさん お疲れさまでした。三毛猫ちゃんが家で首を長くして待ってますね。私は来週3回目の診察にS医科大病院に行く予定です。お互い完治目指して頑張りましょう。
 

治療はほぼ完了

 投稿者:たつき  投稿日:2017年12月14日(木)22時45分9秒
  今晩わ、先程針を抜き今夜からやっと寝返りが出来ます、針刺しは麻酔がきいてるので痛みはなく2時間位で終わりました、HDRは30分位で5回照射、CT室で寝てるだけで楽でした、一番辛いのはやはり3日間の拘束でした、腰痛持ちなので痛くて鎮痛剤何回もやりましたが余り効かず何回も看護師呼んで体位を変えてもらいました、痛みが上にまで来て呼吸するのも難儀になりました。腰痛がある場合は準備が必要ですね、明日は尿道カテーテル抜いて一通り終了です。退位後10回の外放射が始まります、年内には終わりませんが一段落です、皆さんの励ましが何より嬉しく、又健康の有り難さが身に沁みます。まとめるのが苦手なのでもっと詳しく書いたほうが良ければ改めて投稿させていただきます。  

たつきさん

 投稿者:甚太郎  投稿日:2017年12月12日(火)22時34分2秒
  今、進行形で頑張っておられるのですね!
これを乗り越えれば気持ちの良い新年が迎えられますね!頑張って下さいね!
 

有り難うございます

 投稿者:たつき  投稿日:2017年12月12日(火)07時21分35秒
  おはようございます、皆さん励ましの言葉有り難うございます、何よりも励みになります、本日7じ50,分頃からいよいよですので暫く投稿は出来ませんが頑張ります。案ずるより生むが安しを信じて、しかしドキドキしますね、(笑)  

たつきさん

 投稿者:Ted  投稿日:2017年12月11日(月)20時30分48秒
  できるだけ楽でありますように!
 

たつきさん

 投稿者:totomod  投稿日:2017年12月11日(月)20時11分27秒
  いよいよ、本番の治療になりましたね。
たつきさんもここに至るまで長い道のりで大変だったでしょう。
三日間の拘束は辛いでしょうが、頑張ってください。
 

たつきさん

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年12月11日(月)16時22分50秒
  HDRの報告は少ないので余裕ができましたら是非ご報告お願いします。
3日間、頑張ってください。
 

本日入院です。

 投稿者:たつき  投稿日:2017年12月11日(月)13時58分54秒
  こんにちわ、本日入院して、今のところはノンビリ寛いでいます、下剤飲んで夕方浣腸して明日7時頃からHDRの準備の針刺しを行います、3日間は動かないように身体を拘束するという事です。経過は、落ち着いたら報告致します、睡眠中動かない様に見張りの付き添いしてと言われましたが付き添いが寝ずに見てることも不可能なので拘束ということになりました。投稿出来る様になりましたら又投稿させて頂きます.  

医学論文の些細な誤りの訂正例

 投稿者:  投稿日:2017年12月 7日(木)09時37分32秒
編集済
  滋賀医科大の岡本圭生氏を筆頭著者とする Journal of Contemporary Brachytherapy 掲載論文full textに間違いが3か所あることを以下の2つの投稿で示しました。

1. 2017年 3月15日の投稿
2. 2017年 5月21日の投稿

1. の投稿に対して漂流さんは2017年 3月18日の投稿でコメントしてくれました。
二つ指摘した間違いの一つに関して次のように書いています。

研究者が読んでも、これによって、論文の読め方には差が出ないです。


確かにそういったことはいえるかもしれません。ただし、2.の投稿で示した誤りはデータの扱いにも関わる結構重大な間違いだと私はいまでも思っています。

医学誌は誤りをどのように修正するのかしらなかったのですが、Erratum という形で行うことを知って2.の投稿で岡本氏掲載の医学誌と同じJournal of Contemporary Brachytherapyでの国立がん研究センター中央病院 放射線治療科の村上直也氏の例を示しました。

a J Contemp Brachytherapy. 2016 Apr;8(2):164full text

訂正した論文
b J Contemp Brachytherapy. 2015 Oct;7(5):363-8

PubMedには"Erratum in"  ということで上記のa がリンクされています。
日付を確認しますと訂正までに6カ月ほどかかったようだ。

という長い前書きの後、本題です。

今回、岡本氏の間違いと同じレベルの間違いを修正したerratumをみいだしたので、報告します。それはInt J Clin Oncol. 2016 Jun;21(3):595-600に対する以下のものです。

Int J Clin Oncol. 2016 Jun;21(3):601.

元の論文にはEpub 2015 Nov 19. と書かれていますので電子版発行から6カ月以上経って修正された模様だ。
印刷している医学誌なので同じ号の論文の終わりの次のページにerratumを掲載という形になったと思われます。
修正内容はfull textをみると以下のとおり。

1.誤り Kunihiro Yoshioka
  正 Kunihiko Yoshioka
2.誤り prostate serum antigen (PSA)
  正 prostate specific antigen (PSA)

岡本圭生氏の論文の誤りを同様の形式で書くと以下のとおり。
1.誤り Naoaki Kohn 正 Naoaki Kohno
2.誤り Gleason score > 8 正 Gleason score ≧ 8

今回見つけた論文の筆頭著者は東京医科大の濱田理宇氏であり、現在は東京医科大には所属せず、赤羽中央総合病院の泌尿器科部長をされています。

岡本氏の論文が発表されてすでに9カ月以上経っています。
この前立腺がん患者の情報交換の場である掲示板をみているはずはないので当方の投稿などしるはずはないと思います。がん研の村上氏の訂正の期間からみても多分もう訂正されることはないと思われます。

今回些細な誤りを修正した例の紹介ということで投稿しました。


-----以下2017/12/11 に追記
発表後、13年経って修正している例を今日みつけました。

元の論文
Urology. 2004 Nov;64(5):982-6.
修正
Urology. 2017 Nov 20.

4番目の著者、Endre Z. Neulander 氏の記述漏れを修正したもの。

時間が経っても修正される場合もあるようだ。

http://flot.blue.coocan.jp/cure/

 

お知らせ

 投稿者:ひげの父さん  投稿日:2017年12月 7日(木)02時29分48秒
  前立腺がんとは無関係の、画像付き投稿があったので、数回消去しましたが、
そのたびしつこく繰り返し投稿されています。
不快に思われた方も居られるはずなので、拒否設定をしてみました。
おそらくこれで大丈夫だと思いますが。
 

IMRT治療、3年を過ぎての診察

 投稿者:  投稿日:2017年12月 6日(水)18時12分15秒
編集済
  昨日、IMRT治療終了後3年を過ぎての診察ということで病院へいってきました。前回から半年に1回でいいということで間隔が空いているのはそれはそれでいいのか悪いのか。

PSAの値はPSA は0.290 ということで、前回、0.328だったのでほっと一息。

IMRT後のPSA値で紹介したスタンフォード大学の Mark Buyyounouski氏の講演の推移図より外照射+ADTの場合、再発する場合は継続してPSA値が上昇する場合なので、私の場合は比較的安定しているのでそうは心配はしていなかった。

今回0.2台となって少し嬉しかったです。
それはIMRT後のPSA推移で紹介した人、私と似かよって症状でIMRT治療を行って比較的安定したPSAの推移を辿っている人が3年過ぎて0.2台の値をとっていて私の場合はどうなるかと思っていたのが、今回0.290となったからです。
あまりPSAの増減、気にしてはいけないのは承知していますが、どうしても仕方がないところあります。

今回アカラサマに喜んでいますと、PSAの値が増減することについて、泌尿器科の主治医は「前立腺があるので仕方ないです」(手術でとったわけではないので)と身もふたもないお言葉。
もちろん、3年しか経っていないので、完治などいうこというわけないです。

といったことはさておき、昨日は少しうれしい日でした。

サイトのPSA推移とブログの私の前立腺がん chronicleを更新しました。

さらにサイトの治療法比較3に東京女子医科大 放射線腫瘍学講座の橋本弥一郎氏の論文のデータを追記しました。
IMRTで寡分割照射で治療を行い、D'Amicoリスク分類ですが5年PSA非再発率、高リスクで 89.8%とそれなりの成績です。

http://inves.seesaa.net/

 

六年後に再発!?

 投稿者:たつき  投稿日:2017年12月 6日(水)17時41分44秒
  西郷輝彦さんの場合は全摘で取りきれなかったと言うことでしょうか?私も全摘か放射線か迷いましたが、とりきれない場合があると聞いたので放射線治療にしました。いよいよあと4日に迫ってきました。今週末は家でゆっくりしようと思いましたが、日曜に今年最後のツーリングに行ってきます。家に居て落ち込むよりは気分を変えてHDRの治療に望みます。  

六年後に再発!?

 投稿者:けん  投稿日:2017年12月 2日(土)21時21分20秒
  西郷輝彦さんの件、身につまされます。
六年後って、一体どこに潜んでしたのでしょうか…
 

Tedさんへ

 投稿者:甚太郎  投稿日:2017年12月 2日(土)17時38分42秒
  投稿ありがとうございます。
小線源は、単独です。
皆さんおっしゃる通り当日は麻酔もかかるので大したことないよって励ましてもらってます。
当日よりもプレプランの時にあった、尿がでにくくなる、頻尿、切迫尿がどの程度出るかが心配です。
でも、1年ぐらいで治るとおっしゃってたので、癌が治るなら我慢します。
担当医は、O先生です。
 

眞さん

 投稿者:totomod  投稿日:2017年12月 2日(土)17時00分46秒
編集済
  何時も興味深い文献、情報、感謝です。
西郷輝彦の「初恋によろしく」久々にさわやかな気分になりました。
有難うございます。
完治復活するといいですね。自分もですが。
 

西郷輝彦の前立腺がん再発について、初恋によろしく

 投稿者:  投稿日:2017年12月 2日(土)14時27分25秒
編集済
  西郷輝彦が前立腺がん、再発したということをしり、ネットで調べました。前立腺がんの治療を受けていたことは報道されていなかった思う。

西郷輝彦、前立腺がん再発  6年前極秘に全摘出も…「心して病と向き合う」/芸能/デイリースポーツ onlineの表題では極秘手術という言葉が使われています。
病気を隠すことは芸能人としてありがちのことだろう。

西郷輝彦、前立腺がん再発 6年前に摘出手術 来春舞台は降板― スポニチ Sponichi Annex 芸能には以下のように書かれています。

6年前は前立腺の患部を摘出する手術を受けていたという。
現在は短期入院と通院を繰り返し、放射線や抗がん剤による
治療を受けている。

この記事で抗がん剤と書かれているのが少し変だと思いました。手術後、再発した場合、救済放射線治療を行い、場合によってはホルモン治療を併用することはあるが、抗がん剤を併用ということはきいたことはない。

とはいえ、「短期入院」というのはホルモン治療併用だとするとおかしい。抗がん剤の場合、最初の1回は入院して行うのでひょっとすると本当に抗がん剤治療を行っているのかもしれない。
その場合、転移があるので併せて外照射を実施ということだろうか。
しかし転移があったとしてもまずはホルモン治療を行うのが普通かと思うのでよく分からない

「一日も早く皆さまの前に、完全復活した姿で、歌と芝居のパフォーマンスをご披露できるよう、心して病と向き合う所存でございます」ということなので救済放射線治療+ホルモン治療で完全復活をめざすということだと思いたい。

いずれにしろ、12月16日、23日のディナーショーは開催する意向ということなので、その時期は入院はしていないということだろう。

再発のニュースで久々に西郷輝彦の一等お気に入りの曲、「初恋によろしく」をyoutubeで聴きました。舟木一夫ともども青春歌謡を熱心にきいていた頃を思いだします。

音楽をきくことは好きであり、「椎名林檎から武満徹まで」ということで、オペラと演歌以外はなんでも聴くということを標榜していますが、「西郷輝彦からリュック・フェラーリ」といいかえていいかもしれない。

ブログでは音楽をきいての簡単な感想を書いており、そのindexページも作っています。良く言えばいろいろなジャンルの曲を広範囲にきいているともいえますが、無節操です。
index

西郷輝彦=初恋によろしく=High Resolution


-----以下2017/12/03に追記
化学放射線療法 | 京都大学医学部附属病院 放射線治療科によると放射線治療と抗がん剤の併用は化学放射線療法と呼ばれ、有効な主な疾患は「肺がん 頭頚部がん 食道がん 子宮頚がん など」とのことだ。
 

小線源単独

 投稿者:Ted  投稿日:2017年12月 2日(土)11時37分18秒
  甚太郎さん
小線源治療それ自体はずっと前にSANZOKUさんが言っておられる「生検に毛が生えた程度」
の通りですよ。
(SANZOKUさん自身の生検は痛かったようですが私のように麻酔が良く効いて痛く
なかった生検と変わりません。)

甚太郎さんも小線源単独に決まったのでしょうか。
掲示板の小線源単独の方をメモっています。(10人と少し)
「病状説明・自己紹介」スレッド欄には小線源単独から2年、3年の方の投稿が
ありますが皆さん完治のご様子ですね。(特にO先生)
 

Mo-FESTA2017東京(12/17)

 投稿者:ひげの父さん  投稿日:2017年12月 2日(土)10時55分52秒
  12月17日に開催する「モーフェスタ2017東京」は、
エントリーサイトからの申込みは締切ましたが、事務局では現在も受付けを行っています。
ボラさんもまだまだ足りません(^^;;;
参加ご希望の方は下記内容をメールにてご送付の上、参加費を事務局の振込口座にお振り込み下さい。
会場となる広大な国営昭和記念公園は気分がリフレッシュすることは間違いなし。
お孫さんなどご家族連れでお見えになっても、十分楽しめるところです。

申込み先のメールアドレス:contact@mo-festa.com(担当:須藤)
メールタイトル:モーフェスタ東京申込書
メール本文:下記の項目を記入ください
1)参加種目:4種目のいずれかを選択(ラン5km、10km、ウォーク5km、6.5km)
2)お名前(フリガナ)
3)年齢(○十代などおよそでもかまいません)
3)〒番号&住所
4)緊急連絡先(間柄:電話番号)

BIGLOBEのニュースでも紹介をしていただいてます。
https://news.biglobe.ne.jp/economy/1128/atp_171128_3861237226.html

もう少し詳しくはこちらのHPをご覧ください。
http://mo-festa.com/2017/
 

甚太郎さん

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年12月 2日(土)10時02分2秒
   花の御三家と言われた方たちも私と同年代ですから、
そのような事が起こるのですね・・・。
当時はそのような事は夢にも思わなかった年頃で、
甘く切ない歌声にしびれていました。

 この病気になって確実に人生のステージが変わりました。
しかしよく考えてみるといつか必ず訪れる時です。
そのことに気付くのが遅すぎたのかもしれません。

 治療を受けると徐々に心が落ち着いて来ます。
自分がこのようなステージに居ることを再確認して、
新たな人生をもう少し生きさせて頂けると良いと思って居ます。
 

SANZOKUさん

 投稿者:甚太郎  投稿日:2017年12月 2日(土)00時02分37秒
編集済
  ありがとうございます。
いつ何時も頭から癌という事が離れませんでした。
これからもそうなのでしょうが共存できるよう頑張っていきたいと思います。
話は変わりますが、西郷輝彦さんの前立腺癌再発のニュースは何だかショックですね。
 

甚太郎さん

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年12月 1日(金)23時27分25秒
  いよいよですね。
長く辛いこの2年間だったと思います。
勝負はこの一戦にあり、果報は寝て待てといったところです。
頑張ってください。
 

totomodさん.kimimkiさん

 投稿者:甚太郎  投稿日:2017年12月 1日(金)21時04分14秒
  ありがとうございます。
いろんな思いでプレプラン受けてきました。
PSA高値で引っかかったてから、もう2年が経とうとしています。
いよいよと思うと不安は少しもなく、待ちどうしいばかりです。
totomodさんカテーテルの違和感も数回のトイレでなくなりました。
kimimkiさん体調整えて頑張ってきますね。
 

甚太郎さん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年12月 1日(金)20時54分44秒
編集済
  ひとまずは 安心なさいましたね。
本番に向けて 心に余裕が持てた事でしょう。
もう ひと踏ん張りですから 頑張ってくださいね。
風邪を引かない様に 気をつけて!
 

甚太郎さん

 投稿者:totomod  投稿日:2017年12月 1日(金)20時31分13秒
編集済
  順調に行って良かった、良かった。
本番も年内というところですね。
同様に「あんずるより・・・」ですよ。

今日はぐっすりお休みください。(多少、カテーテル後の違和感があるかもしれませんがすぐ落ち着きますよ)
 

/249