投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(62)
  2. 「論文・詳細スレッド」(54)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


血圧が下がる

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 5月24日(水)11時46分59秒
  ちなみに 私の血圧は正常ですが
毎日 りんご・ バナナ・トマト・ブロッコリー・玉ねぎ を
いただいています。
 

たつきさん

 投稿者:Ted  投稿日:2017年 5月24日(水)11時43分40秒
  確かに、がんが見つかりました、高リスクですと言われたら動揺して
上手い質問も出来ませんよね。

以前「今回のK大学病院の医師は紹介状のMRI画像を見て前部に影があるので
会陰式なら先ず発見できるでしょうと言ってました」と書かれていますね。
前部、即ち移行域ですね。
MRIでの疑いの箇所によって生検方法を考えてくれる医師で良かったですね。

これから移転の有無、治療方法選択等なにかと大変でしょうが、
落ち着きましたら、生検で見つからないと悩んでおられる方のためにも
がんの箇所と生検方法に関連した情報などあればUpされるのも宜しいのでは。
 

Ted さん

 投稿者:たつき  投稿日:2017年 5月23日(火)17時39分55秒
  移行域だったのかは特に医師の説明も無く私もがんが見つかったとの報告で少し狼狽して聞くのも忘れてました、以前の病院での生検では見付からなかったので針が届かない前側にあったものと思いました。その病院では会陰式はリスクがあるので当院では勧められないと言って、一度前立腺を削ってPSAが下がるかやってみますか?といわれさすがに素人の私にもそれは無茶だと思いました。  

たつきさん

 投稿者:Ted  投稿日:2017年 5月23日(火)14時13分16秒
  生検(会陰式)の話に戻って恐縮ですがやはり移行域だったのでしょうか。
以前お尋ねしようと思って忘れていました。

 

眞さんの「論文・詳細スレッド」

 投稿者:トシロウ  投稿日:2017年 5月22日(月)19時52分39秒
  「高リスク治療法の選択 外照射(IMRT、VMAT)と小線源の比較」(2017年5月21日)を拝読しました。
比較表に記載されている9つの施設の5年PSA非再発率は、高リスク因子数、病期(≧T3)等を勘案すると、
IMRT(VMATを含む)は決して小線源(+外照射+ホルモン)より劣っているとは言えないようですね。

たしか、愛知県がんセンターでのIMRTの5年PSA非再発率(2006年~2013年)も、
 高リスク  97.7%
 超高リスク 87.9%
でしたね。

また、眞さんが2016年3月12日に投稿された「近況 がん研有明病院小口先生のビデオ」でも、
がん研有明病院でのIMRTの治療成績が掲載されています。
このビデオは、2013年4月21日に日本癌学会主催で行われた市民公開講座で、
がん研有明病院小口放射線治療部長が「ここまで治せる最新放射線治療」と題して講演されたものです。
その中で、小口先生は、がん研有明病院での前立腺がんのIMRTについて、
「IMRT/IGRTを開始して7年になりますが、PSA再発した人は409人中8人で、その内訳は
 高リスク  170人中4人
 超高リスク  90人中4人
です。極めていい成績です。」とのお話をされています。
4年前の講演であり、今はもう少しPSA再発された方が多いのではないかと思います。

いずれにしても、小線源でもIMRT(VMATを含む)でも、施設、医師等による技量の差は大きいとは思いますが・・・

ちなみに、私は
 病状:PSA値6 生検12本中3本陽性 GS8(4+4)GS7(3+4)GS6(3+3) 病期T2
で、S濃町のK応大学病院で、本年2月~3月にかけてVMATを受けました。2GY×40回=80GY
治療中~治療後2週間ぐらい、排尿時痛等がありましたが、今はありません。
 

有難うございます。

 投稿者:たつき  投稿日:2017年 5月22日(月)11時37分7秒
  多くの方に情報頂き大変心強く有り難いです、まっさんのそれほど苦痛ではなかったとの事で少し安心しました。K大学病院の話では5月に開業したS先生の医院では高度の医療機器を完備してないので治療そのものは、限られるとの事でした。今回の会陰式生検では予後が悪く系直腸式では退院後5日位でバイクに乗れたのに今回は2週間経っても痛みがありましたがようやくなおり、昨日は370キロほどバイクでツーリングに行ってきました。まだ治療も始まってませんが希望がわいてきました。後は31日に骨シンチCT等で6月にいよいよ治療方針の相談になりますがその前に話が聞けて有り難いことです。  

有難い!

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 5月22日(月)09時46分25秒
  沢山の情報が入って有難いですね!(*^o^*)

 

「前立腺がん」

 投稿者:totomod  投稿日:2017年 5月22日(月)09時03分14秒
  本日(5月22日)NHK EテレでPM8:30より 健康「前立腺がん」発見法 があるようです。
以前の再放送かはわかりませんが、視聴したいと思います。
 

たつきさん アルプスさん まっさん

 投稿者:Ted  投稿日:2017年 5月21日(日)22時24分53秒
編集済
  HDRトリモを考えておられるたつきさん。

掲示板内ではお二人しかヒットしないHDR経験者のアルプスさんと
まっさんさんのお二人からの情報をいただき良かったですね。
アルプスさん、まっさんさん、ありがとうございます。

HDRされた方は他にはおられませんかね。
 
 

岡本圭生氏の論文の間違い その2

 投稿者:  投稿日:2017年 5月21日(日)21時01分5秒
編集済
  2017年3月15日の投稿で滋賀医科大の岡本圭生氏を筆頭著者とするJournal of Contemporary Brachytherapy 掲載論文full textに間違いが2カ所あることを示しました。

今回、更に間違いがあることがわかりましたので、報告します。

この論文ではNCCNの高リスクにT3b、T4も対象にしています。
full textの以下の二つの表よりリスク因子の計を計算します。

Table 1 246
59 + 68 + 25 + 3 + 70 + 20 + 1 = 246

Table 2 248
60 + 2*61 + 3*22 = 248

すなわち、Table 1 の各々の高リスクの因子の患者の数が間違っているか、Table 2 で示す高リスク因子1、2、3の患者の数が間違っているかのどちらかです。

Table 2 が間違っているとすると、abstract にそのことをいっている箇所があります。

2017年3月18日の投稿でこのように書きました。

オープンアクセスジャーナルにおいてどのような手順で間違いを修正できるのか
私はしりません。

その後、医学誌における訂正について調べ、例えば、Journal of Contemporary Brachytherapy 誌には以下の記事があります。

Erratum to:
A total EQD2 greater than 85 Gy for trachea and main bronchus D2cc being associated with severe late complications after definitive endobronchial brachytherapy


この投稿の著者は国立がん研究センター中央病院 放射線治療科の村上直也氏です。
内容は論文発表時、倫理審査委員会の承認を受けていないにも関わらず、過去形で書いた間違いを訂正するものです。

記事の誤りはErratum の投稿で訂正可のようです。

今回の誤りはErratum で訂正するレベルの間違いなのか私には分かりません。
ただ、いずれにしろ、こと、データの管理に係るエラーだと思いますので、理由含めて訂正したほうが私はいいかなと思います。(あくまでも素人の意見)

もっとも、この前立腺がん患者の情報交換の掲示板を筆者がみているとは思いませんが。

http://flot.blue.coocan.jp/cure/

 

たつきさん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 5月21日(日)20時18分8秒
  病状説明 [ 64 ] SANZOKUさん 投稿
トリモダリティ治療の本丸、小線源治療 に
詳細記録があります。参考になると思います。
 

高リスク 治療法の選択 外照射(IMRT,VMAT)と小線源の比較

 投稿者:  投稿日:2017年 5月21日(日)19時37分2秒
編集済
  「論文・詳細スレッド」に高リスク 治療法の選択 外照射(IMRT,VMAT)と小線源の比較と題して投稿しました。
2017年5月14日で示した表にPSA非再発率他の項目を追加し、私見を書いたものです。

比較するとリスク因子の数、病期の点より外照射のほうが小線源治療より一病院を除き、リスクの高いがんを治療していることを示しました。それを考慮するとPSA非再発率において中々優劣はつけ難いのではないかという見解です。

更に小線源の場合、治療可能な病院がどこにでもあるわけではないですし、外照射(IMRT,VMAT)と小線源を比較した場合、外照射を選ぶほうが無難ではないかという意見です。

確固としたエビデンスを元にした意見ではないですが、興味ある方は読んでください。

http://flot.blue.coocan.jp/cure/

 

たつきさん

 投稿者:大門メール  投稿日:2017年 5月21日(日)19時32分33秒
  たつきさんが希望されたS先生はK里の佐◯先生のことだと思いますが、
この5月に独立して町田市原町に開院されたようです。
信頼のおける病院を選ぶか、信頼できる医師を選ぶか、難しいところです。
◯藤威文前立腺クリニック
 

HDR

 投稿者:まっさん  投稿日:2017年 5月21日(日)19時00分15秒
  たつきさんはじめまして。2015年9月に夫の前立腺癌が見つかり、腺友ネットの皆様から励ましのお言葉やアドバイスを頂き、最終的にHDRトリモダリティーを選択しました。久しぶりに掲示板を見させて頂き、HDRの事が話題になって、Tedさんに過去の私どもの投稿をピックアップして頂き、恐縮しております。同じ治療を選択されたたつきさんに是非自分の体験を伝えて欲しいとの夫の要望で書き込みをしております。ホルモン剤と放射線外照射を経て、HDRになった訳ですが。治療を受けた医療機関の違いでしょうか?夫の場合、痛みは殆どなく、また、治療は、1日に2回行われ、それで終了となりました。1回目の後、6時間の間を開けて、2回目の治療となりましたが、6時間の間、起き上がる事は出来ませんでしたが、足の下にスポンジを置いた位で、普通に横になっていました。手術当日は尿の状態を見る為、管を入れたままでしたが、翌日はトイレに行けました。痛みは、殆ど無かった事を一番伝えて欲しいとのことです。長くなり申し訳ありません。
追伸、我が家にも茶トラ15歳の後期高齢猫が居ます。夫のお腹の上で寝るのが大好きです。
 

(無題)

 投稿者:たつき  投稿日:2017年 5月20日(土)19時30分49秒
  先日の投稿でMRIが3万円と書きましたが本日実施して9000円ちょっとでした3万円は保険適用前の金額でした,前の病院と違ってたのは造影剤を静脈注射したことです。時間も30分くらいで長かったです。ひげの父さんも言ってられたのですがHDRの名医のS先生に治療をお願いしたいと言ったのですが退職して非常勤なので無理とのことで残念ですが他の先生になりました、31日に骨シンチを行います、その結果次第ですね,HDRは3日位同じ体制で動けないので辛いらしいと聞きましたが経験された方はいられますか?  

レス

 投稿者:ビートルズ好き  投稿日:2017年 5月20日(土)18時17分19秒
   kimimiki さん、ありがとうございます。私のような超小心者はがんを抱えているだけで気がしんどいです。『まさかは一度だけ』で訂正というか補足の部分があるので追記させて頂きます。転院の許可?の、いの一番は大学病院を紹介して下さった泌尿科の先生です。次にがん相談センター(対応された方が優しく、自分の思っている事を全て言えた感じです)そして泌尿器科の受付(受付の方にDrに伝えて欲しいと言いました)結果直に言って下さいとの事でした。そしてDrです。  

まさか!?!

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 5月20日(土)16時15分6秒
  ビートルズ好きさん
「 人生は まさか まさかの積み重ね 」 ですね。
O先生の診察に辿り着かれたのは 良い意味での
「  まさか! 」とも言えると思います。(^-^)
どうぞ お大事になさってくださいませ。
 

まさかは一度だけに。

 投稿者:ビートルズ好き  投稿日:2017年 5月20日(土)12時33分3秒
   頑張って?投稿させて頂きます。67歳ですが、59歳の頃から毎年PSA検査を受けていましたが、今年の1月に4.9×となり再検査をしました。キット違いでも有りますが、6.9xとなり、エコー MRI 生検となり8本中1本より極微量のがんが見つかり告知を受け骨シンチとなりました(異常なし)GSは4+3で紹介された大学病院に行き、その病院で2回目の受診時に、組織の再検査でGSが3+3になった事や今後の治療のスケジュール等も言われましたが、転院したい旨を伝えました。(まず同病院内のがん相談センターで言って、泌尿器科受付でも言って、最後に担当医という順番で話を進め?ました)
 転院の理由等々はクラス別の再発率や施術はどのDrがするのかが不明虜な事などもあり不安でした。というのも15年以上も前に初期のがんを患い95パーセント治ると言われ放射線治療後、悪い方、悪い方に行き、レーザー、摘出となった経験があるからです。

 この頁から(掲示板含め)S医科大学のO先生を知り半信半疑でメールを送りました。返信があり受診の日も設定して頂き本当飛び上がるほど嬉しかったです。受診日当日は9時半頃、病院に着き一連の事を済ました後(診察券発行など)泌尿器科に行くと、いつもの問診票に書き込みをすると、受付の人から思わずサプライズもありました。順番がやっと来て昼過ぎにO先生に診て貰い受診後、この日のスケジュール?を看護士さんから渡され、食事休憩後、DVD観賞、診察と書いてありました。食事休憩の後、小線源のビデオを見て、血液検査(PSA含む)や診察、経直腸エコー検査などがあり、私が最初に受けた大学病院とは全く違う診察に本当驚きました。泌尿器科の受付窓口は1人(曜日に関係するのかな?)受診室(エコー以外)ではO先生一人、私が受けた大学病院では受付に数人、受診室にも数人おられ検査(問診票以外)は全くありませんでした(良いか悪いかは別として)S医科大学のスタッフの患者に対する応対、先生の診察内容など、とても満足しました。

 私の場合、見つかったのが極微量で『GSが分かりにくい。暫く様子を見ても大丈夫だろう』そのような事でした。PSAも6,9xから5.8xと下がっていました。先生は『1や2下がっても評価するべきでない』そのような意味を言われたと思います。また今現在なら施術までの待ち人数も言われました。1ヶ月どれぐらいの患者さんを治療されるのかな?と今でも思っております。どなたか御教示のほどお願いします。
 私は診察が最後だったので、この日は5時頃までかかり1日仕事でした。次回は3ヶ月ほど先に診察の予定を組んで頂きました。

 翌日ポール マッカートニー日本公演で新幹線で東京へ行きましたが、車窓から見える景色を見て、ここに住まれている人たちの中にでも同じ病気の人がいるだろうな?とか、どうされているのだろう?とか思いながら、私は医療保険が充実?している日本で生まれて良かったとか、そしてO先生に診て貰える環境で良かったと心から思いました。
 ティダさんや皆さんが言われる通りで自分の命がかかっているわけですから。初めての大病を経験する方はまさか自分ががんに?私は6人兄弟の末で兄4人姉1人も健在で父も母もそれなりの歳で他界して誰もならなかったがんにまさか自分がと思いました。それも2回も、『まさか』が『魔坂』になる事は充分ありうるので僭越ではありますが、どなた様も悔いのない病院選びが大切かと思います。各病院がクラス別の治療結果を公開して下されば判断材料となるわけですが、、、、。
 

kimimiki さん

 投稿者:たつき  投稿日:2017年 5月19日(金)15時39分57秒
  いつも暖かいコメント有難うございます、K大学病院は公共機関だと1時間位ですがバイクだと30分弱で通えます。HDR治療が得意分野らしいです。どの方法がよいか医師と相談してみます。今日は会社のパソコンで投稿ですので次回また愛猫画像送ります。あと犬と亀も飼ってます、以前はチャボ(鶏の小さい種類)や金魚も沢山飼ってました。まるで動物園です。  

相性

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 5月19日(金)14時55分42秒
  たつきさん
K大学病院とは相性が良さそうですね。
4度目の生検で癌細胞が検出されましたし
ご自宅から車で30分でしたら通院は苦になりませんね。
ひげの父さんのお墨付きでしたら
地元の病院で 安心して治療が出来る事は
とても ラッキーだと思います。(^-^)
 

遠距離通院を恐れるな!

 投稿者:たつき  投稿日:2017年 5月19日(金)13時30分56秒
  テイダさんの言われるとおり、遠距離だの費用などの事は言ってらませんね、命あっての事です。それでひげの父さんに直メしてみました。現在のK大学病院もかなりの名医がおられるとの事で私の場合グリソンスコアは9で高リスクではあるが、生検23本中3本のがんと言うことで範囲が小さいので大丈夫そうです。後は転移の有無を調べてゆっくり治療法を決めます。この掲示板のおかげで本当に助かります。  

シロウト・チアリさん

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年 5月19日(金)13時18分11秒
  お久しぶりです。

 「もう病気だと思わない」実に羨ましいな~。
でもそれで良いのだと思いますよ。
自分は未だ未だそこまでいきませんが、
少しづつ良い方向に向かっているような気がします。

 私は小線源治療の伝道師であって、宣教師ではありません。
ちょっと宗教がかって聞こえますね。まあどっちでも良いですが・・・。
確かに巷ではまだまだ小線源治療を誤解している医療関係者が多いです。
私は実体験を通してそれが間違っていることを確信したので、
その真の姿を伝えなければという気持ちで居るだけですよ。

 KZ医療センターは初耳ですね。Y市大病院は聞いたことありますが・・・。
いづれにしても未だ技術研鑽中だと思いますので、
どこまで対応できるかO先生に伺わなければ分かりません。
当然期待は高まりますがね。
私の住むI県でも、いくいくはこの治療が受けられるようになればと願っています。

 この掲示板を覗くような患者さんは先進的な患者だと思うのですよ。
地元の病院の待合室で雑談するほとんどの患者さんは、
先生の提示される治療に何の疑問も抱いていないのが現状ではないでしょうか?
本当はこうすれば良いのにな~と思う患者さんも一杯居られます。
この人達に小線源治療を普通に受けてもらうには、
結局地元の病院で治療できるか、
できなくとも紹介して貰えるようにならないといけないと思うのです。

 7/26のオフミ楽しみにしています。
私の母はいよいよ留守ができなくなったので、ショートステイを利用する予定です。
母を預ける必要があるので、今回は往復ともLCCを予約しました。
前回のように帰宅の新幹線でキッドコンディさんとご一緒できないのが残念ですね。
ヤマさん、キットコンディさん、シロウト・チアリさん。
よろしくお願いします。
他にも参加される方がございましたら大歓迎だと思います。





 

Tedさんへ

 投稿者:シロウト・チアリ  投稿日:2017年 5月19日(金)10時36分59秒
編集済
  「僕はもう病気だと思わなくなってきていますがブラ単の皆さん如何ですか。
(スワ狂、ミツオ、fuji、シロウト・チアリ、山桜、Nan、店主さん。。。)」
私も同様その様感じています。それでもう完治したので腺友ネットから離れてもとの考えも。
駄目駄目です! 泌尿器科医の中には「トリモダリティはどうも?」とか「小線源治療の適応は低リスクのみで高リスク、中リスクには適応出来ない」という先生方が多い現状に対してどう向き合うべきか。幸いにもS医科大O先生の治療を受け生き永らえさせてもらっている我々ブラ専患者はO先生へのせめてもの感謝の意味もありSANZOKUさん曰く「小線源の宣教師」としての情報を流布せねばなりません。S医科大O先生流治療法の拡充につき進展が無いものと危惧していましたがSANZOKUさんからのSP医科大でも開始されているとのこと。推測するにKZ医療センターでも? 少し安心しました。
 

ティダさん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 5月19日(金)08時33分25秒
  はじめまして
ご投稿は感慨深く拝読しました。
治療を受けた病院に依って明暗を分ける実例は心に深く残ります。
最後の「 再発したら医療費のほうが通院費をはるかにオーバーします」
治療法選択によっては
将来の人生に精神的と経済的負担を残す事の警鐘ですね。
これから治療をされる方々が心に留めていただきたい言葉です。
 

遠距離通院を恐れるな!

 投稿者:ティダメール  投稿日:2017年 5月18日(木)16時15分28秒
  皆さん今日は、2回目の投稿になります。
ほっかいどうさんS医大に決定されたのですね。
安心しました、最善の選択だと思います。

ほとんどの方が前立腺がん告知を受けて治療法の選択を迫られるのですが、癌の経験もないし近くの大きな病院での治療を選択されることでしょう。
私も前立腺癌ではありませんが最初の癌の時は近くの拠点病院で治療を受けました。
退院の後も再発が心配で毎日他の方のブログを読ませていただき、色々な治療法や病院の対応など学ばさせていただいています。
その中で印象的な出来事をお話しさせてください。

おひとり方は治療後、経過観察から2年後に腹膜播種(腹膜転移)が見つかりました。
病院は東京の、日本でも有数が癌専門A病院です。
A病院の判断は腹膜播種は積極的な治療ができず抗癌剤による延命治療でしたので、抗癌剤治療を受けられ3年間の闘病の末亡くなられました。

もうひとりの方は同じ時期に腹膜播種が見つかりセカンドオピニオンで日本全国の中から腹膜播種を積極的に治療を行う病院を探され、転院され腹膜播種切除手術を受けれました。その後、今度は胸膜播種が見つかりましたがまた全国から治療ができる病院を探され胸膜播種切除手術を終えられました。
勿論現在も生存されています。

この癌治療の違いを考えると自分が癌に絶対に負けない、必ず克服できる方法があるという強い気持ちが治療への道を開くこととセカンドオピニオンの大切さ、単に大きい病院で治療を受ければ最善の結果を得られるわけではないことが分かります。
選択した病院によっておのずと結果は変わってきます。
自分のほんとの主治医は自分ですので、最善の結果を求めて病院の選択が非常に大切です。

私も昨年2回目の癌宣告を受け生検の結果GSが8でしたので高リスクと判断され、小線源治療は対象外と言われました。
それから私の病院探しが始まりS医大にたどり着き治療を受けることができました。
高リスクであればトリモダリティの治療と思いきや、小線源単独で普通に治りますと言われビックリしたのを思い出します。
O先生は患者第一の精神で体に一番負担のかからない治療をおこなっていただけますが、O先生にはその分負担が大きくなります。
私の前立腺は16.3CCと小さいのですが、なんとここに93本のシードを挿入されました。
これが高線量小線源治療ですね。こんな治療は他の病院ではできないと思います。
もちろん副作用も大したこともなく治療後4カ月ではユリーフを飲むのをやめています。

遠距離通院は費用と時間がかかるので無理だと思っている方、再発したら医療費のほうが通院費をはるかにオーバーします。何より癌治療には自分の命がかかっています。
遠距離通院を恐れることなかれ、明日の幸せのために!



 

ほっかいどうさん

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年 5月18日(木)14時10分49秒
編集済
   Oh!  ほっかいどうさん。決断されましたね。
本当に良かった。

 そもそも他院では受け入れてくれるところがないかもしれません。
もう待ったなしのタイミングですから、迷っている暇はありません。
ベストチョイスだと思います。
絶対大丈夫とは言えませんが、遠隔転移さえなければ必ず治ります。
直ぐにメールしてくださいね。
もちろんO先生の受け入れが必要ですから。

 先の投稿の時、yukoの夫さんのことを書こうと思ったのですが、
長くなるので止めました。
そのご本人から投稿があり心強いです。
yukoの夫さんが横綱格とすれば、ほっかいどうさんは大関格かと・・・。
そのyukoの夫さんも頑張って居られるので、頑張ってくださいね。

 私も貧乏に超が付く人間ですが、いろいろ工夫して凌いでいます。
ご案内のス○イルホテルは時期によっては
4~5千円のバーゲンプライスもあるようです。
ツインなら2名で6000円くらいの時もあるようです。
病院までバスで15分くらいの立地で、S駅前にあるので利便が良いです。

 私はK駅近くのJ-H○pper(バックパッカー宿)の相部屋を
2500円/泊で利用しています。
キッチンがあるので、100円ローソンで購入したカップ麺と野菜などで
結構美味しい食事に格安でありつけますよ。
もちろん冷蔵庫、鍋、釜、食器、調味料、珈琲など無料で利用できます。
外国人が多いですが、国際交流の楽しさもあるし、
何と言っても観光の中心地ですから、
歩いて行ける所も数々あって楽しいですよ。
K空からアクセスするなら、K市に泊まるのも悪くないです。
K空-K市間は以下の切符を利用すると良いですよ。
http://www.kansai-airport.or.jp/otoku-access/#kobe
http://www.love-wife-life.com/hirutoku-ticket-detail/
K市から病院まで1時間あまりです。
S駅から病院まではバスで15分くらいですが、
距離にすると4~5kmです。時間のある時は歩いています。
バス代260円が浮きますよ~。

 漂流さんご提案のSP医科大は、
最近S医科大の前立腺癌小線源治療学講座で研修を積まれている病院です。
O先生に伺ってみられるのも良いかも知れません。


 

yukoの夫さん

 投稿者:ほっかいどうメール  投稿日:2017年 5月18日(木)13時04分45秒
  ありがとうございます。投稿も拝見させていただいてました諸先輩の頑張りに負けず私も頑張ります。宿の情報ありがとうございます。参考にさせていただきます。  

ほっかいどうさん

 投稿者:yukoの夫メール  投稿日:2017年 5月18日(木)10時26分32秒
  ほっかいどうさん
S医科大学O/K先生に決められて良かったです。
私はパナマで勤務していた時に前立腺がんが見つかり、調べに調べてO先生に行き当たり、緊急帰国しました。

私もリンパ転移しており、陽性率100%でしたが、O/K先生のお陰で完治目指しています。
ご心配もありましょうが、ここはO/K先生に全てを委ねて、ご自分では心の平静を保つことが大事と思います。
(偉そうですいません)

宿のことですが、瀬田駅前に、アーバンホテルとスマイルホテルがあります。
http://www.jalan.net/yad329190/?contHideFlg=1&adFlg=click_UWW3001&rootCd=63
http://www.jalan.net/yad315381/

どちらも6,000-7,000円くらいです。
因みに、家内はスマイルホテルに何度か泊まってました。
 

感謝

 投稿者:ほっかいどうメール  投稿日:2017年 5月18日(木)07時15分14秒
  漂流さんkimimiki  さん暖かいご意見ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。  

SANZOKUさん

 投稿者:ほっかいどうメール  投稿日:2017年 5月18日(木)07時09分41秒
  SANZOKUさんおはようございます。いつも無駄のない的確なご意見に感銘いたしております。この一か月間苦しい時を過ごしながら。夢中で情報を収集いたしました。皆様の投稿見させていただきSANZOKUさんの投稿も何度も見させていただきました。頭の悪い私でもやはり結論は決まりですね。私も貧乏人ですが、何とか工夫してLCCで千歳~関空片道5,000円ですので1回当たりの交通費は15,000円ほどかと思います。安宿などご教示いただければありがたいです。ご意見ありがとうございました。  

/220