投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(72)
  2. 「論文・詳細スレッド」(57)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ビートルズ好きさん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 9月20日(水)15時37分3秒
  お久しぶりですね。ありがとうございます。
そう言って頂いて とても 嬉しいです。(*^o^*)
いつまで 参加して良いものか?どうか?迷いながら・・・
ついつい 投稿してしまいます。(゚o゚;;
 

ありがとうございます

 投稿者:totomod  投稿日:2017年 9月20日(水)13時50分2秒
  甚太郎さん
コメントありがとうございます。
情報が少しでもお役に立てれば幸いです。

kimimikiさん
いつも、励ましのお言葉ありがとうございます。
いよいよ、治療に突き進んでいきます。気を緩めず体調を整え、日々を大切にしていきたいと思います。

ビートルズ好きさん
投稿に反応していただきありがとうございます。
私の投稿内容が貴方の認識とほぼ同じで安心しました。

SANZOKUさん
いつもコメントありがとうございます。
確かに時間とともに、いろいろ解ってくることがあります。
今後も、情報共有していきたいと思います。
 

totomodさん

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年 9月20日(水)10時38分16秒
   ご報告ありがとうございます。
患者としては初めての治療ですので、何やかや心配になるのは当たり前ですね。
このように報告していただくと安心につながります。
4は私にとって新たな知見になりました。

以前「大船に乗った気持ちで安心してくださいね。
それはこれから徐々に分かってきます。」と申し上げたことがありました。
そのことは簡単にお伝えすることが難しく、
治療を受ける中で分かってくるものなのです。
少し腑に落ちていただけたようですね。
これからもいろいろあると思いますが、
またご報告お待ちしています。
 

totomodさん,kimimikiさんへ

 投稿者:ビートルズ好き  投稿日:2017年 9月20日(水)10時32分2秒
編集済
   totomodのスレッドを拝見させて頂きました。私が8/3にO先生に2回目の受診時の時と全く同じような内容だったので、先生の前に座って聞いている自分を思い出しました。2の例え話は記憶がありません(分かり易い例え話しですね)4/26(水)の1回目の受診、一連の検査後後16時からの受診の時O先生にもあれやこれや聞いたのですが、その一つにパソコン時や食事時など椅子に座っている時、肛門の奥に違和感がある、以前はこんなのなかったといいました。先生は即『前立腺と関係ない』と言われました。その後日にち薬のように段々と気にしないようになりました。まさに鶴の一声でした(笑)以前にも記入しましたが、本来なら8月初旬には地元病院で3+3のままで小線源治療に入っており、今頃は~と考えますが、あまりにも治療される方の力量?知識?の差に今ながらこの現実に驚きます。まさに人の心を動かすのは説得じゃなく納得だと典型的な名医者さんのO先生だと思います。
 最後になりましたがkimimikiさん、いつもお優しいお言葉、拝見させて貰っています。乾いた砂漠に一滴の水のように、心が潤い、沢山の方が感動されていると思います。これからも、大変だとは存じますが、宜しくお願いします。
 

totomodさん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 9月20日(水)10時09分51秒
  やっと いろいろの問題が理解出来て良かったですね。
治療前は 何やかやと 心配が募る気持ちは良く理解出来ます。
一つ ひとつ 分かってくると 気持ちが落ち着きますね。
多くの患者達は同じ気持ちだと思います。
totomodさんのご投稿は 多いに役立つ事でしょう。
ご自身の判断で最良の病院と医師を選ばれましたので
今後は心穏やかに治療日を待てますね?
どうぞ ご自愛くださいませ。
 

totomodさんへ

 投稿者:甚太郎  投稿日:2017年 9月20日(水)07時57分46秒
  おはようございます。
掲示版はいつも拝読しております。
来週2回目のS大のO先生の診察があります。
自分の悩んでた事全てtotomodさんの投稿にかいてありました。
ありがとうございます。
 

O先生のおっしゃったこと

 投稿者:totomod  投稿日:2017年 9月19日(火)22時58分10秒
編集済
  既に報告しましたが、私は1カ月後S医科大学にて小線源単独治療のプレプランを予定しています。
前回診察時(8月)、O先生がおっしゃったことを本スレッドで報告する予定でしたが、何しろ、先生がおっしゃることがよく呑み込めず、頭を抱えながらお聞きしたものですから、自分の理解があやふやな話をここで情報共有していいものか迷っていました。

しかし、私の得た情報を腺友の皆さまに共有していただくことも意味あるかなと思い、投稿いたします。
尚、理解が不十分なうえ、間違って解釈している部分も多々あるかと思い、いろんな意味でご迷惑をおかけするかもしれませんが、お許しを頂きたいと思います。

“ビートルズ好き”さんも同日診察を受けておられ、迅速に先生のおっしゃったことを投稿されています。 (2017年8月4日 9時58分 投稿)

『…』内は先生のおっしゃったこと、それ以外は私見などです。番号を付けて箇条書きといたしました。


1.『診察の間隔はPSA変動を見るために意図的に設定している。』

私の場合、2回目の診察まで3カ月ありました。もっと早くできないのだろうか、患者が多いから仕方がないかと浅はかに考えていました。そうではなく、最低3カ月ぐらい確保して、PSA変動を見てがんの状態を把握するのが目的でした。

尚、診断は、『あなたのPSA変動はがん起因ではなく、他の要因が作用している。』とのことでした。

2.『あなたのがんはそんなに慌てて治療しなければならない癌ではない。3年ほっておいても大丈夫だ。』

先生は例を挙げて説明してくださいました。
   『わかりやすくいうなら、あなたの前立腺癌を1年ほっておいた方が来週受診に来る。また、3年ほっておいた方が再来週受診にくる。すべてが小線源単独で治る。』

3.『待機に関しては診察してからになりますが、ちゃんと再発しないような適切な時期に行いますので心配無用です。』

これは診察を申し込んだ初期の段階で、治療までの待ち時間に関して私が質問した時にお答えいただいた内容ですが、私は浅はかにも懐疑的でした。患者が多く、順番であれば待つ間にがんの進行があるなどして、適切な時期に対応するのは難しいのではないか、と思っていました。
そうではなく、患者の状況を的確に判断し、臨機応変な対応をされているのだなと解りました。

先生は『今まで1300人の患者を診てきた。今の小線源専門になってからも1200人は診ている。』とおっしゃいました。これらのご経験による先生の知見や判断力がどのようなものかは言わずもがなでしょう。
ある患者のリスク判断を瞬時に的確になされるであろうことは想像に難くありません。
ですから、先の言葉(3.)を自信を持っておっしゃっているのだと思いました。

4.『グリソンスコアーは6が7や8に進行することはない。グリソンスコアーはその人がもともと保有しているものであり、固有のものである。』

がんはほっておくと進行するという常識から、グリソンスコアー6だったのが、7になり、8と悪化して、骨転移につながっていくと考えていました。先生はそうではないとおっしゃいました。

5.『PSAは再発予測因子ではない。』

先生は『PSA100や150の患者を数限りなく治してきた。中には低PSAの方で手ごわい方もいらっしゃった。』とおっしゃっていました。

グリソンスコアー(5+5や5+4)、陽性率(10/10)、直腸診によるがんの大きな広がり、精嚢浸潤、PSAはむしろ低値、を危険因子と捉えておられるようです。

6.『医者は再発があるような治療をしてはいけない。』


7.『監視療法は本来、正しい知識を持ちどんな状況でもその患者を救済する力量を持った医者しかできないはずである。』

8.『自分のことしか考えないから、真実が解らないし、理解ができないのである。自分のことから離れて、ものを見ることを訓練する必要がある。』

これは、私の浅はかな考えを捨てがんの本質を見るにはどうしたらよいですか、の質問にお答えいただいたものです。

以上、長くなりましたが、報告といたします。
 

敬老の日

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 9月18日(月)08時26分58秒
  敬老の日だけではなくて 常に 敬老の心は持っていたいですね。
先人達のおかげで現在があります。
高齢者が若者にガミガミ言ったり 若者が高齢者にガミガミ言うのは
とても 悲しく聞き苦しいと思っています。
( 物は言いよう )  言葉使いで人格が分かると言われています。
年齢に関わらずに お互いを尊重しあって 穏やかに暮らしたいですね。
 

投稿に際して

 投稿者:ランナー  投稿日:2017年 9月17日(日)21時28分54秒
編集済
  私も最初はひげの父さんの投稿に?でしたが、秋ナス様は2件とも病院の名前は具体的に
記されていますので、ひげの父さんはそのようにお書きになったのではないでしょうか?!
ひげの父さんの投稿は今は理解が出来ます。

私は2012年に癌告知を受けた主治医から侮辱発言を受けたことが有ります。
その発言が有ったその日にそれまで通っていたT病院に電話し、今後は放射線治療を
受ける病院で受診したいとの旨を伝え転院?しました。

本日はスポーツジムでバイクを漕ぎながら気を使いながら小さい声でピンクレディーの歌を
歌っていたら、前方でランニングマシンを歩いている温厚そうな40代後半の男性が、物凄い
形相で私の方にやって来て「ここはカラオケじゃないんだから!」と私を怒鳴りつけて注意
しました。声の大きさについては気を付けていましたが、耳障りだったのでしょうね!
私は笑顔で頭を下げました。
ジムでよく話をする水泳の達人によると「物事は真剣に考えないように」とのことです。

怒ったりすると、血液がドロドロになったり、血圧が高くなったりするのだそうですね。
ここにお集まりの方は人生の達人ばかりのようなので、切れて怒鳴りつけたりすることは
なさそうですね。

少し前ですが、プールの上級者コースで泳いでいる30歳ぐらいの上級者が、70歳ぐらいの
おじさんに対して物凄い言い方をしていました。そのおじさんはしばらく自己主張をしていま
したが、女性スタッフ2名が仲介に入り、そのおじさんはその場を離れました。

残りの人生、穏やかに生きて行きたいですね。
 

事例説明における病院名、医師名

 投稿者:  投稿日:2017年 9月17日(日)10時19分27秒
  掲示板の冒頭では以下のように書かれています。

事例説明においては、病院名、医師名などの固有名詞は控えてください。
 推測できる程度の表記はかまいません。

従って、ひげの父さんが2017年 9月17日の投稿で書かれています「この掲示板のルールとして、病院名、医師名を固有名詞で表現することは禁じています」という意図は秋ナスさんには伝わらなかったと思います。

禁止が陽に分かる文章に変更されたほうがいいかと思います。


 

胃がんの術後補助化学療法

 投稿者:  投稿日:2017年 9月17日(日)10時04分55秒
編集済
  秋ナス さんは抗がん剤は必要?という表題でお父様(79歳)が胃がんで抗がん剤治療中で「副作用がひどく抗がん剤治療をやめたいと主治医に言っても「やめると癌が広がる」と言われて中々やめられません。」、「高齢者に抗がん剤治療は本当に必要なのでしょうか。」という投稿をされています。

病期は明記されていませんので、手術の不可能な病期で抗がん剤治療を行っているのかなと思いました。

2017年 9月16日の投稿で「胃を全摘出」と書かれていましたので、病期がIV期でなかったことが分かりました。胃がん 治療の選択:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へをみますと、手術後の補助化学療法という治療があることがわかりました。

胃がん 治療の「2)術後補助化学療法 」には以下のように書かれています。

手術で切除できたと思われる場合でも、目に見えないような微小ながんに対して、
再発予防を目的として行われる治療です。適応となる対象はII期/III期(T1および、
リンパ節転移のないT3を除く)であり、S-1という抗がん剤を手術後1年間内服する
治療が標準治療となっています。これにより、治癒率(5年生存割合)が約10%向上
することが知られています。

術後補助化学療法は標準治療であり、特異な治療を行っているわけではないと思います。

さらに日本胃癌学会編 胃癌治療ガイドライン  医師用 2014年5月改訂 【第4版】 2.S-1補助化学療法の実際にはこう書かれています。

非手術例に比べ術後投与では血液毒性・非血液毒性とも出現しやすいので,
臨床・血液所見に応じて薬剤投与レベルを下げるか,投与スケジュールを
2週間投与1週間休薬に変更するなどの対応を適宜行う。

抗がん剤の副作用が「薬剤投与レベルを下げるか,投与スケジュールを2週間投与1週間休薬に変更する」といったレベルでないので同じレベルでの投与を継続しているかもしれません。

秋ナスさんは「情報を集めて」と書かれていましたので、信頼できる「がん情報サービス」及び「治療ガイドライン」より少し調べた結果を書きました。
何らかの参考になればいいかなと思います。

http://inves.seesaa.net/

 

注意:秋ナスさんへ

 投稿者:ひげの父さん  投稿日:2017年 9月17日(日)02時06分18秒
   秋ナスさん
この掲示板のルールとして、病院名、医師名を固有名詞で表現することは禁じています。
ご自分の投稿は本ページ下部にある「自分の投稿の編集削除」のボタンを押せば可能ですので、
早急に修正をお願いします。
速やかにご対応いただけない場合は、9/16の書き込み2ヶ所を削除しますので、悪しからずご了承ください。
(管理者権限では、削除はできても修正はできません)
 

投与期間を・・・

 投稿者:ランナー  投稿日:2017年 9月16日(土)19時20分9秒
  投与期間を聞いて見るのはどうでしょうか?期間限定でしたら、その期間は
頑張ってみようと気持ちが楽になるかも知れません。

私はホルモン療法の副作用が辛くて主治医に「副作用が辛いので何となくホルモン療法を
止めたいと思っています」と伝えると「止めますか?あなたのPSA値は物凄く高いので
止めない方が良いです。放射線治療後の二年間のホルモン療法を頑張りましょう」みたいな
事を言われやり抜きました。2年間のホルモン療法を終えて2年半になり、今となっては
やり終えて良かったと思いますが、副作用がまだまだ抜けきらず、少し辛い日々を送って
います。

週六日スポーツジムで運動することが完全に習慣となりました。
水中ウォークが一番楽ちんで、自分が癌患者であることを忘れさせてくれます。
最近はバタフライも25メートル6ストロークで泳ぐことが出来るようになり
うれしいです。

日々の運動は、水中ウォーク、水泳、バイク漕ぎがメインで、時々、時速4キロ
で15分間のランニングをしています。最近は筋トレも。

来月は半年ぶりの受診です。

 

ありがとうございます。

 投稿者:秋ナス  投稿日:2017年 9月16日(土)17時42分28秒
  情報ありがとうございます。今転院を検討中です。今行ってる千葉県ガンセンターの内科の医師はこちらの要望を聞いてくれないだけでなく、無駄な検査が多い気がします。もう胃を全摘出しているのに胃カメラを何度ものまされて、その度にとても辛そうです。
情報を集めてもう少しこちらの要望を聞いてもらえる病院に転院したいと思います。
 

抗ガン剤

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 9月16日(土)13時59分59秒
  秋ナスさん
はじめまして。心中をお察しします。
ごろうさんの前立がん談話室 9303.teacup.com
抗ガン剤を拒否してホルモン治療をされている方がいらっしゃいます。
ご訪問したら ご助言を頂けるかと思います。
どうぞ お大事になさってくださいませ。
 

抗がん剤は必要?

 投稿者:秋ナス  投稿日:2017年 9月16日(土)11時34分32秒
  父(79歳)が胃がんで抗がん剤治療中です。でも、副作用がひどく抗がん剤治療をやめたいと主治医に言っても「やめると癌が広がる」と言われて中々やめられません。主治医は千葉県ガンセンターの内科H医師です。日に日に弱っていく父をみていられない状態です。高齢者に抗がん剤治療は本当に必要なのでしょうか。  

彼岸花

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 9月14日(木)20時57分35秒
  たつきさん
もう 秋ですね。駆け足で秋が やって来てる様な気がしています。
彼岸花の花びらは とても 繊細で優美ですね。
季節の変わり目です。 どうぞ ご自愛くださいませ。
 

(無題)

 投稿者:たつき  投稿日:2017年 9月14日(木)11時34分52秒
  もう、秋ですね、彼岸花を、今朝見てきました。  

尿漏れ太郎さん

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年 9月13日(水)21時52分44秒
編集済
   主治医は医師としての自覚に欠ける方ですね・・・。
手術の失敗で尿漏れが起こっても後は知らないと言う。
せめて人工括約筋手術という方法があることや、
その手術をしてくれる病院を紹介するくらいの事はしていただきたいですね。

 括約筋手術後は放射線治療ができるか否かさえご存じない・・・。
このような医師に期待はできませんが、
今後の展開によっては、必要な事は強く要求すべきでしょうね。
応援しています。


 

いろいろ

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 9月13日(水)19時03分10秒
  医師も いろいろ。 患者も いろいろ。
 

SANZOKUさん

 投稿者:尿漏れ太郎  投稿日:2017年 9月13日(水)11時16分55秒
  ありがとうございます。
私は全適手術をした後尿漏れがひどく2年前に人工括約筋を入れました。
その時の主治医は特に人工括約筋の手術のできるところは紹介してくれるわけでもなく自分で探して東京で手術をしてもらいました。括約筋を付けてからの生活は一変して散歩が楽しかったです。また全摘手術をしたときも再発時は放射線治療ができると諭された世代です。
今回についても主治医に次の対策はと尋ねると「ホルモン療法でしょう」という答えです。
確かに今では放射線でも治るのは半分くらいとは聞いています。
まして「括約筋を入れていると放射線は当てることはできない」という始末です。
人工括約筋を入れた大学では「そんなことないです」と言われる。
しかし放射線については手術したところであててもらっているといわれる。
自分治療は自分で探すしかないと考えています
治療して治る人が一人でもいるのなら可能な限り受けたいと思います。
ただ医療の地域の偏りや情報の少なさには困っています。
いつかはこの掲示板に投稿してだめであればダメだったと報告し皆さんに役立ててほしいと考えています。
ただ皆さんの話を聞いて少し冷静になった感じがします。

 

尿漏れ太郎さん

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年 9月13日(水)09時51分26秒
   余計なことを書いてしまい申し訳けありません・・・。
免疫治療にもいろいろあって、中には有効な治療もあると思います。
その見極めは素人には難しいです。
従って専門家の目で見て何らかの規制が必要だと思うのですが、
何故か事実上、野放しになっているわけです。

 こんな玉石混交を放置していたら、
悪貨は良貨を駆逐するの諺の如く、
免疫治療の土台を揺るがすことになるでしょう。
引いては医療全般を歪めてしまうことになると思います。

 ご懸念の再発ですが、
kimimikiさんが言われるように、
それを決めるのは時期尚早と思います。
万一そのような事態に至っても、
手術後10年近く経過してからですから、
局部再発の可能性が高く、
その場合は救済放射線治療で治る可能性が高いと思います。

 患者としてそうなる前に少しでも何とかしたいお気持ちはよく分かります。
私だってその立場になって、
それができる条件があればそうするかもしれません。
 

免疫療法

 投稿者:尿漏れ太郎  投稿日:2017年 9月12日(火)16時55分17秒
  私は8年前に全適したものです。今年3月ころPSAの数値が0.012となり(その前は検出できず)免疫療法を受けました。税法上のいりょひの控除となる先進医療ということで1クール6回を受け約260万円払いました。次は0.016となり免疫療法が始まると0.011まで下がりました。
アルファーペーターの治療法でした、7月末で終了。その後またすこしづつ上昇0.018まで今月はまた0.011まで下がりました、免疫療法は1クール終わった後その後2月ごとに2年間行うとされており、今後お金がかかるなーと心配しておりました
主治医はまだ数値的には経過観察であるのでということで免疫療法は自由にしてもよいとのことでした。樹状細胞についても検討していて効果ありと判断されており今後検討していくことも必要かと思っています。
私の場合は数値が小さいですが少しでも低いうちに何とかしたいという予防的考えもありました。
なんかだまされているのかなーと思いますが数値が少しでも下がれば信じたくなります。
妻はあまり歓迎はしていませんが金銭にまだ余裕があるのでさせてもらいました。
保険屋にこんな場合先進医療費は払えるのかききましたら無理だといわれました。
保険屋はもうだめだというときにしか払ってくれないのでしょね。
やはり藁にもすがりたい気持ちで少し情けなくなります。
なかなか賢い患者にはなれません。
 

免疫療法

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 9月11日(月)21時17分26秒
  前立腺癌の治療法を調べていた時に この治療法を知って とても 惹かれました。
幸いに 夫は中期でしたので 標準治療を受けられましたが
怪しい治療法である事を知ったのは 随分 後に なってからでした。

先だって 同じ様な記事を読みました。
夫は膵臓癌の末期宣告で絶望している時に 免疫療法を知ったそうです。
( 藁をも掴む思い ) の患者への落とし穴です。弱みに付け込むのです。
( 医師と看護師達は とても 親切 ) で 夫は喜び勇んで通院していましたが
多額の治療費を掛けたのに 命は失なわれました。
妻は同じ苦悩をさせたくない一心で ( 免疫療法について )  警告しています。
最後に 免疫療法に惑わされない為には
「 元病院主治医との信頼関係が大切 」と述べていましたが・・・
難しい問題だと思いました。
 

一流患者を目指して

 投稿者:漂流  投稿日:2017年 9月11日(月)20時14分9秒
編集済
  我々は癌患者の目的は、癌の根治、それが叶わない状況では、QOLの高い状態で人生を送ることだと思います。このことに沿った或いは、利用する社会的アクションがあります。それは、治療であり、場合によっては、治療/健康増進に皮を被った商売です。それを見分けて、正しい選択をするのは、我々自身であると思います。そのためには、眞さんが言われる、エビデンス(科学的/論理的証拠)に基づいて、治療法等を選択する必要があります。つまり、我々、自分自身が一流患者になることが必要と思われます。

 例えば、治療する側(病院/医師)は日夜、治療法を開発し、実践している訳ですから、患者或いは一般に対しては、「進化した・・・治療」「患者に優しい・・・」とアピールします。そのアピールの中に、「治療後5年後、10年後の再発率」 統計的に有意な形で記載しているか、有害事象をしっかり記載されているかを我々患者は確認する必要があると思います。

仮に、生存率が記載されている場合でも、患者の生死確認が不十分で、その情報に偏りがあっても、生存率を計算することができます。例えば、死亡した患者全員について、死亡の直前に観察打ち切りしたとみなす或いは、消息不明者は生存と見なすと、生存率は100%になります。極端な例と思われるかもしれませんが、臨床の現場から報告される生存率には、これと同様のことがよくあります。http://www.jacr.info/about/survival.html

SANZOKUさんが述べられていることもそうですが、一見まともに見える場所でも、注意が必要かと思います。

  さらに、医療術は、医師個人の資質による差があります。このことについても、可能な限り、調べる必要があると思います。 (過去のことになりますが、例えば、群馬大学医学部の手術で、患者の致死率10%は医師の技量によるものです。) 我々の命が関わっていますから。
 

免疫療法

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年 9月11日(月)14時13分37秒
   こんな記事を見つけました。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52582
皆さんはどう思われますか?

 免疫療法はこれから期待される治療法ですが、
どうやら巷に氾濫する治療は怪しいですね・・・。
この記事が本当だとしたら、霊感商法レベルです。
エビデンスのない治療が堂々と行われているのが不思議ですね。
患者にとって不孝なだけでなく、
真面目にやっている医療者にとっても由々しき事態だと思います。

 いったい医師会や行政庁はどうなっているのでしょうね?
以前、治療実績も知らず治療を受ける実態のお粗末さに触れましたが、
この問題はそれ以前の問題です。
詐欺に加担していると言っても過言ではありません。




 
 

いろいろ・・・

 投稿者:ランナー  投稿日:2017年 9月 9日(土)22時32分12秒
編集済
  学生時代は陸上部だった私にとって、今日は忘れられない日となりました。
東洋大学の桐生選手が遂に日本人として初めての100メートル9秒台を打ち立てたからです。
会場は興奮の坩堝と化していましたね。

SANZOKU様へ
母親はMRIでも全く脳に問題がなく、来週早々にも退院できそうです。
ご心配頂きありがとうございました。

昨日、久しぶりに一日に3回便を出しました。通常は一日に1-2回です。
たまに、一度も便が出ない日も有ります。

本日は「てとてとクラブ」という外国人にボランティアで日本語を教えている
クラブに初めて行きました。ジムから自転車で7,8分ぐらいの公民館の中で
教えています。

私は中国に一年5か月、カナダに半年滞在していたことも有りましたので、日本語
を勉強している外国人に興味が有ります。

まだ、ホルモン療法の副作用が抜けきれておらず、スポーツジム6日通いと月一回の
映画鑑賞が精一杯で、外国人に日本語を教える気力や体力は有りませんが、ちょっと
クラブに挨拶に行って来た次第です。

今年のリレーフォーライフジャパン神戸2017の公式ビデオは作成されていませんね。
 

放射線治療装置、治療チーム

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 9日(土)10時32分24秒
編集済
  今年の5月に「論文・詳細スレッド」に高リスク 治療法の選択 外照射(IMRT,VMAT)と小線源の比較と題して記事を投稿しました。
論文の紹介などを淡々としていたのですが、治療法に関して論文データをもとに少し私見を書いたものです。

比較表で10の病院をあげたのですが、その内の3番、千葉県がんセンターに関連して少し書きます。

ブログで 幡野和男氏について___日本で初めてIMRTを導入という表題で千葉県がんセンター 放射線治療部部長の幡野和男氏について書きました。
2013年12月より東京ベイ先端医療・幕張クリニック院長に就任ということですが、お一人だけでなく、院長ご挨拶・スタッフ紹介 | 東京ベイ先端医療・幕張クリニックによると医学物理士2名も一緒のようだ。

強度変調放射線治療(IMRT)(東京ベイ先端医療・幕張クリニック幡野和男先生)によると
「IMRTの治療にはチームワークが大切です。千葉県がんセンターの場合、放射線治療部では医師4名、医学物理士3名、診療放射線技師8名」という体制で治療を行っており、「治療計画の立案に医学物理士が活躍」と書かれています。

なお、上記は本、「名医が語る最新・最良の治療 前立腺がん」2011年7月24日初版発行 より転載の記事からで2013年に具体的にどのような体制で治療を行っていたのかは分かりません。

最近放射線治療装置についていろいろ調べていましたので、医療機器のご紹介 | 東京ベイ先端医療・幕張クリニックで確認しました。「高精度放射線治療装置:TrueBEAM STx(Varian社製),ExacTrac(BrainLab社製)」と書かれさらに次のように書かれています。

Eclipse(Varian社製)とiPlan(BrainLab社)の治療計画装置を導入しています。

放射線治療外来|診療科案内|JR東京総合病院をみますと射線治療装置も治療計画装置も東京ベイ先端医療・幕張クリニックと同じ機器で「2016年6月に最新の放射線治療装置を導入」と書かれています。

放射線療法について|独立行政法人 労働者健康安全機構 千葉ろうさい病院には次のように書かれています。

リニアック照射装置「TrueBeam」、放射線治療計画装置「Eclipse」、
データ管理システム「ARIA」、呼吸同期システム「RPM」、Varian社製
による一つのベンダーから高度に統合されたシステムを用いております。

IMRTは医師、医学物理士、診療放射線技師のチーム医療で行われます。
チームメンバが移った千葉県がんセンターの場合、その治療実績は現在にそのまま参考になるかどうかは分かりません。
といっても放射線治療装置が新しいといってそのままいい治療が受けられるかどうかもわからないところです。

前立腺センターの概要/千葉県がんセンターの当センターにおける最近の治療実績(件数)をみてみますと、ロボット支援手術が健康保険適応となった平成24年(2012年)にはほぼ治療者数、IMRTと同じとなり、翌年からはロボット支援手術のほうがIMRTより多くなっています。

http://inves.seesaa.net/

 

ふくろう親父さん

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年 9月 8日(金)14時51分59秒
編集済
   ひげの父さんは非常にお忙しい方ですから、連絡は憚れるのですが、
このページ最下段にある「管理者へメール」ボタンを押すと連絡できます。

また有料になりますが、対面でお話しを伺うこともできるように聞いています。
ちなみにお住まいは関西ですので、関東では難しいかもしれません。

 治療件数は習熟度に関係するので目安にはなるでしょうが、
ハイクォーリティの治療が受けられるかは分かりません。
 

このようなセミナーも

 投稿者:ひげの父さん  投稿日:2017年 9月 8日(金)02時54分48秒
  腺友倶楽部の主催ではありませんが、首都圏(慶応大学)では10月7日に、
このようなセミナーが開催されます。

第31回HAB研究機構市民公開シンポジウム
お父さんの健康を考えよう
「前立腺がんのお話し」

この日はアタシも東京滞在中ですが、別件で身動きがとれないので、
残念ながらこちらには顔を出すことは叶いません。
参加費は無料ですが事前申込みが必要です。
https://hab.or.jp/sympo/contact.html
どうぞご参加ください。
 

/237