投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 病状説明と簡単な自己紹介をお書きください(72)
  2. 「論文・詳細スレッド」(57)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:たつき  投稿日:2017年 9月24日(日)15時30分40秒
  今日は天気もよかったので、埼玉の彼岸花見てきました、早目に到着したのですが、駐車待ちの車で混雑でした。彼岸花はひっそりと咲くのが似合う気がします。  

お彼岸

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年 9月24日(日)14時56分34秒
編集済
   bigiroさん。
お萩良いですね。
自分も草団子作ってみました。
私も以前のようにガツガツ食べられません。
しかし、この病気になってから、
何気ない一幕に幸せを感じることができるようになったと思います。

 ちなみに草団子は庭の片隅に生えている蓬を春に採集し、
湯がいてミキサーで潰し冷凍しておいたものを使います。
これと団子粉、上新粉、餅粉など好みで混ぜ合わせて
耳たぶの硬さに練り上げます。
これを蒸し上げて必要に応じて捏ねます。
売っている餡は甘すぎるので自分で煮てつくります。

  私も同時期に治療した方のご報告を伺って、
力づけられています。今後もよろしくお願いします。
 

SANZOKUさん

 投稿者:bighiro  投稿日:2017年 9月23日(土)22時34分39秒
編集済
  SANZOKUさん ありがとうございます。
先のことは分かりませんが、今のところは良いペースできていると思っています。
SANZOKUさんとは治療を受けた病院は違いますが、常に私の前を行き、いろいろな
アドバイスや情報を頂いて感謝しています。
今後ともよろしくお願いします。


お萩を美味しく頂きました。
母が存命中は、手作りの大きなお萩を3、4個ぺろりとたいらげましたが、
今は1個食べれば充分です。年齢ですかね。

 

OK

 投稿者:ランナー  投稿日:2017年 9月23日(土)22時14分26秒
  kimimiki様へ
 承知しました。
 

男性ホルモン

 投稿者:ランナー  投稿日:2017年 9月23日(土)17時07分20秒
  kimimiki様へ

そうでしたね。テストステロンが正確な名前でしたね。

昨年の新聞の切り抜きが手元に有りますが、「血液中のテストステロン(男性ホルモン)
は通常2.0ナノグラム/ミリリットル以上ですが、ホルモン注射をすると0.5以下
になります。」とのことです。
 

癌の障害年金

 投稿者:ランナー  投稿日:2017年 9月23日(土)10時39分23秒
  私は精神障害年金の2級受給者で、ハイリスクの告知を受けてホルモン療法を
受けている時に、障害年金の請求をしたことが有りますが、ダメでした。
ホルモン療法の副作用がとても強かったので、2級から1級に格上げになる
のではないかと思ったので申請したのです。しかし、スポーツジムにも通えるし、
既に精神障害年金の2級を受給しているのでダメだったのではと思っていま
す。

年金を受給していない癌患者は申請する価値が有りますね。
 

ご存知?

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 9月23日(土)10時12分51秒
  この記事を見つけました。  

投稿の削除と編集

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年 9月22日(金)22時59分14秒
編集済
   teacupにお願いしたところ、
投稿の削除と編集は投稿より3年近くまで可能になりました。
これまでは1年でした。

 もちろん同じパソコンからの投稿というところはこれまでと同じです。
もう少し正確に言えば同じクッキーを使用しているパソコンであれば可能です。
従って異なるパソコンでも同じクッキーにしていれば可能ですし、
同じパソコンでも異なるクッキーに変更すると不可能です。

 以上の条件を満たしている投稿なら、
既に削除や編集ができなかったものも可能となりました。
どうしても行いたいという方はお試しあれ。


追伸:

 クッキーについてもう少し書きます。
私もクッキーについて詳しい訳ではありませんが、
以下のようなものです。

 クッキーとはサイト管理者のサーバーが、
そのサイトを訪れたPCの
ブラウザ(インタネットエクスプローラーなど)情報を管理する目的で、
必要情報をそのブラウザに書き込むものです。
こうすることで次回からこのブラウザでアクセスされると、
その特定情報に基づいてサービスすることが可能になります。

 たとえばそのサイトで買い物をしたとすると、
次回そのサイトにアクセスすると買物履歴が表示されることになります。

 これらの事は自動的に行われるので、
私たちは通常クッキーを意識することはありません。

 しかしこの動作原理を考えると分かるように、
同じPCであっても異なるブラウザでアクセスすると、
たとえばグーグルクロームやFireFoxを使用すると、
クッキーはブラウザに割り与えられるものであるから、
先にアクセスしたクッキーの内容は有効になりません。

 同じPCであってもクッキーを変更すると先のクッキーは反映されず、
アクセスサイトから同情報にもとづくサービスは受けられません。
上述のブラウザを変えることは、これに相当します。

 もう一点注意したいことは、
どのPCにもインストールされているであろうセキュリティソフトです。
こちらの中には、セキュリティ向上の機能として
ブラウザに割り当てられたクッキーを陰に更新してしまうものがあることです。
これをやってしまうと過去にアクセスした時に割り当てられたクッキーは無効になり、
それにもとづくサービスは永久に受けられなくなります。

 実はブラウザにはこのクッキーを保存、復活する機能があるのです。
クッキーがなくなって困る方は、こちらの機能を使用すると良いでしょう。
この機能は自動的に行われるわけではないので、
必要なときに自ら行う必要があります。

 この保存したクッキーは異なるPCの同じブラウザにも復活できます。
つまり異なるPCであっても同じクッキーにすることで、
同じ情報にもとづくサービスを受けられるのです。
こうすれば異なるPCからこの掲示板にアクセスして、
どちらのPCからでも編集、削除ができるようになります。



 

前立腺癌の進行の関わる可能性の高い遺伝子

 投稿者:漂流  投稿日:2017年 9月22日(金)16時17分39秒
  標記についての論文が、Eur Urol. 2017 Sep 15. pii: S0302-2838(17)30720-0.に掲載されていました。タイトルは「Whole-genome and Transcriptome Sequencing of Prostate Cancer Identify New Genetic Alterations Driving Disease Progression」です。全ゲノム塩基配列解析、発現遺伝子の塩基配列解析により、癌の進行(転移)に関与している可能性の高い遺伝子の変異を明らかにしたと言う内容の論文です。その遺伝子はPCDH9(Protocadherin 9: カルシウム依存性細胞接着タンパク質)と PLXNA1(遺伝性先天性顔面神経不全麻痺に関わる遺伝子)。これらの遺伝子の変異が癌の進行にどのように関わっているかは、これからの研究を待つことになりますが、変異を癌の指標として使える可能性があると思われます。  

bighiroさん

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年 9月22日(金)10時53分13秒
   素晴らしい経過ですね。
すでに完治モードと言っても過言ではありません。
同時期に治療された方が良くなられるのは心強いです。
 

kimimikiさん

 投稿者:bighiro  投稿日:2017年 9月22日(金)10時43分1秒
  kimimikiさん、いつもコメントありがとうございます。

今のところ順調な経過です。先のことは分かりませんが、根治を信じて前に進んで行きます。

甘い物(特に餡子系)も大好きな私にとって、お萩は食欲をそそります。
明日は、実家の兄と群馬県の山間にあるお墓にお参りに行きます。
ご先祖様にお供えしてから頂きます。
 

秋のお彼岸

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 9月22日(金)10時26分52秒
  皆様に ご先祖様のご加護があります様に!  

映画など

 投稿者:ランナー  投稿日:2017年 9月21日(木)21時09分1秒
  本日はスポーツジムがお休みの日なので、一月半ぶりに難波で映画を観て来ました。
「エイリアン・コベナント」と「ボブという名の猫」です。こちらの掲示板に
お集まりの方にとっては後者の作品の方が観易いのではないかと思います。
昼食はこの前ラジオ番組で当選した神座(かむくら)の「おいしいラーメン」を
食べました。以前食べた時は普通でおいしいとも思いませんでしたが、
今日はスープがとても美味しかったです。当選券がもう一枚残っています。
道頓堀店の神座です。

眞様へ
ブログの作成案内等ご説明頂きありがとうございました。
私はどうも細かい作業や仕事が苦手みたいです。パソコンも苦手です。
いつか、私にも簡単なブログできればいいのですが、今はまだそんな気持ちには
なれません。地元のホームページ作成教室も参加した時は必至でノートに書き写して
いたのですが、全然頭に入って来ませんでした。仕事でも数度リストラに遭っていま
すし。社会に出てからは何度も馬鹿にされてきました。
眞様はとても理論派で頭が良い方の様ですね。羨ましいです。


kimimiki様へ
 ご心配頂きありがとうございました。過去の検査表を見ましたら、ヘモグロビンや
テストロンの記載が見当たりません。10月に受診ですので、その時に主治医に聞いて
みます。忘れないようにメモをしました。

私はホルモン療法を3年間もしたので、2018年にならないと副作用は消えない
と放射線科の先生に言われたことが有ります。あと一年の辛抱というところ
でしょうか?両胸の膨らみも全然小さくなりません。歩くのがしんどいです。

 

ランナーさん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 9月21日(木)20時27分39秒
編集済
  ホルモン療法を終了してから2年半が経っている現在も
体調が思わしくない様なので案じています。
検診時の血液検査表をご覧ください。
ヘモグロビン ー 下限値  14.0     上限値  18.0
テストステロン ー 下限値  284.0   上限値  799.0
定期検診毎に数値が上がってきている様でしたら
回復の兆しがある事になると思います。
但し 回復度は体質によって異なるそうです。
今後 ヘモグロビンとテストステロン数値に ご留意なさってください。
少しずつでも 数値が上がってくれば 先に希望が持てますね。
 

Internet接続して22年 ホームページとブログ

 投稿者:  投稿日:2017年 9月21日(木)16時18分10秒
  ランナー さんは017年 9月21日の投稿でこう書かれています。

ところで、眞様はブログを作成されていらっしゃるのですね。
私よりも10歳も年上なのに、ブログがお出来になるとは羨ましい限りです。

2015年末、goo blog よりseesaa blog に引っ越しして書いたネット接続 20年を懐古して そしてこれからに書いていますが、私が初めてInternet接続 してウェブサイトにアクセスしたのは1995年の夏でした。ブラウザはNetscape Navigator。当時45歳であり、まだ頭は今よりは柔軟であり、HTML文を勉強して翌1996年4月には自サイトを公開しました。プロバイダをいろいろ変更しましたが移行して今は以下のとおりです。
森の周辺

久々に今日、俳句のページを更新しました。
この掲示板でリンクしています前立腺がん関係のものはその一部であり、今やそれが肥大化しています。
それはがん -- 前立腺がんに立向い

ブログは以下のとおりです。
探索の日々

ブログとウェブサイト(ホームページとも呼ぶ)は作成方法が違います。
プロバイダによっては簡単に作成できる環境を提供している場合もありますが(最近はこの機能を使う場合は多いかな)ランナー さんが通われたようにある程度の勉強をして1ページごとWebページを作成し、ftp で転送し公開という手間のかかる手順をとる必要があります。

それに比してブログは特に基礎知識は必要なくこの掲示板に書き込むと同様に text を書き投稿するだけです。

もちろん、最初にブログサービスに申し込み、自分のブログを最初に作成しなければいけません。
私は以下の比較サイトをみて広告を表示させないようにできるSeesa ブログを選びました。
http://ebloger.net/blog-comparison/

と長々と書きましたが、ランナー さん 上記の無料ブログ一覧できにいったブログのページにいき、「新規作成」「新規登録」等をクリックして、ブログライフ開始、如何ですか。
簡単にできることがわかり、あっけないと思います。

 

bighiroさん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 9月21日(木)10時57分42秒
  凄いです!
治療後の経過は理想的に順調で良かったですね。
早々と 6ヶ月検診になられて気持ちが楽になった事でしょう。
ちょっと 遠距離通院ですものね。
どうぞ ご自愛くださいませ。
 

トリモダリティ治療後の定期検査・診察

 投稿者:bighiro  投稿日:2017年 9月21日(木)10時41分36秒
編集済
  小線源施術後2年2ヶ月、外部照射終了後1年11ヶ月の定期検査・診察にS玉病院へ行ってきました。
今回は、当日の検査結果も聞くために診察予約時間の2時間前に採血・採尿しました。
ゆっくりと昼食を摂ったあと、主治医の診察がありました。
「前回(6月)のPSAは0.09、今回は0.10です。男性ホルモンも回復して、ホルモン療法の影響も無くなってこの数値は
放射線が良く効いている。順調な経過です。次回の検査・診察は6ヶ月後にします。もし、血尿や痛みが出たならば電話してください。」


〈現在の状況〉
  ・排尿:尿勢は弱いが排尿痛なし。尿意切迫感はたまにあり。夜間は1~2回。
  ・排便:便秘しないように酸化マグネシウム錠を服用している。特に気になることはなし。
  ・身体:体重は減少して治療前とほぼ同じ。体脂肪も徐々に落ちてきている
  ・食事:普通。肉類なども制限なしで何でも食べる。もちろんアルコールも(週に1回の休肝日が努力目標)
  ・運動:週に4~5回のジム通いで、エアロビエクササイズ・筋トレなどに汗を流している。

〈PSAの推移〉
 2015.02   7.01 (治療前) グリソンスコア 7=(4+3)
       03    -   (ホルモン療法開始、3ヶ月毎にリュープリン注射)
       04   1.30
       05   0.48
       07    -   (小線源施術)
       10    -   (IMRT 25回終了)
       11   0.01以下
       12   0.01以下
  2016.03   0.01以下(リュープリン5回目注射でホルモン療法終了)
       06   0.01以下
       09   0.01以下
       12   0.05
  2017.03   0.10
       06   0.09
       09   0.10

PSAの値は「気にしないで」と良く言われますが、やはり気になりますが、まずは一安心しました。
私にとって、この治療法は最善の治療だったと改めて感じています。
ひげの父さんをはじめ、腺友ネットの先輩諸氏のアドバイス・励ましの言葉等に感謝します。
ありがとうございます。
 

投稿に際して

 投稿者:ランナー  投稿日:2017年 9月21日(木)09時59分34秒
編集済
  秋ナス様の投稿は主治医の名前は具体的ではないので、気を使った投稿だということは
感じていました。眞様のご意見ですと、「病院名、医師名などの固有名詞は絶対に
書き込まないで下さい」とした方が誤解が発生しないということですね?!

ところで、眞様はブログを作成されていらっしゃるのですね。
私よりも10歳も年上なのに、ブログがお出来になるとは羨ましい限りです。
私は4,5年前に地元の公民館で行われているホームページの作り方講座に何度か
参加しましたが、内容が難しくて集中できず途中退会しました。若い方ならともかく、
私よりもご高齢の方がブログを作成されているのを見ると、どうしたら自分にもできる
のだろうと自問自答しています。

眞様のご意見は参考になりました。ひげの父さんも参考にされるのではないでしょうか?

先日、ジムで85歳ぐらいのおじいさんが病院での血液検査の結果が良くなかったので、
抗がん剤治療を止めると医者に言われたという事を知人の男性におっしゃっていました。

秋ナス様のお父様も胃癌の状況が良くなると良いですね。
 

感謝に値する医師達

 投稿者:animoメール  投稿日:2017年 9月21日(木)04時05分6秒
  2017.8.1付、ふくろう親父さんの投稿ですが、お父さんはpsa150、生検10-10、転移なし、78歳の年齢で放射線治療を受けられるそうで、ここまで来るには大変なご苦労だったと思います。また、このような病症でありながら治療をされている医師が日本にもちゃんと存在することに感服しました。何事も諦めず生を大事にする息子さんとお医者様の存在はこの病症である罹患者の指針になると念じております。
末永い経緯ご投稿でこちらのサイトの大きな啓蒙になりますことを願っております。
 

一流患者を目指して part2

 投稿者:漂流  投稿日:2017年 9月20日(水)23時33分0秒
編集済
  我々患者には分かりにくいのですが、エビテンスを考慮しない研究論文が発表されています。こうした論文を根拠とした治療法で治療されれば、有害事象が多くして益のない治療結果をもたらすことになると思います。以下に、具体的な論文を挙げます。

論文のタイトルは「Late Toxicity and Outcomes in High-risk Prostate Cancer Patients Treated With Hypofractionated IMRT and Long-term Androgen Suppression Treatment」です。Am J Clin Oncol 2017;40:200–206 に掲載された論文で査読はされているのです。この論文はタイトルにあるように、高リスク前立腺癌に対して、IMRTで前立腺と近位精嚢に寡分割照射68Gy/25 fractions (2.7Gy/fraction) を行った。また、骨盤のリンパ節と遠位精嚢に45Gy/25fractions (1.8Gy/fraction)を照射したと書いて有りました。ADT(androgen deprivation therapy: ホルモン療法)を 図1(論文の図2に加筆)に示しましたように、~42ヶ月施したとありました。私が探した論文では、テストステロン回復にはADT治療期間の2倍かかると記載されていました。SANZOKUさんは、一倍、つまり、ADTの期間と同期間ではと言われています(http://6307.teacup.com/cap87090/bbs/8880)。図1に、テストステロン;男性ホルモン低値の推定期間を示しています。私の探した論文からの推定、更には、SANZOKUさん説でも、テストステロン回復は、患者の追跡期間終了よりずっと先になります。仮に、眞さん説でも、追跡終了時期とほぼ同じ時期からテストステロンの回復が始まることになります。
 この図1で60ヶ月での生化学的再発は8.33% (100-91.67)となっています。この時はまだ、虚勢状態にあると考えられますので、虚勢抵抗性癌細胞の増殖の結果だと思われます。そうすると、後の対応に苦慮することになるのではと思います。
 この論文では、長期ADTにも関わらず、他の論文で繰り返し述べられているADTの弊害(骨折のリスク; 心臓血管系の原因による死亡リスク; 糖尿病、心臓冠状血管病、そして、心臓による突然死のリスク; 臨床的進行が始まる前に去勢抵抗性前立腺癌細胞の生成; 認知症になるリスク )については、全く議論されていませんでした。

我々患者は、命がかかっている訳ですから、情報を密接に交換し、情報をキッチリと精査した上で、冷静に判断する必要があると思われます。
 

Re:投稿に際して

 投稿者:  投稿日:2017年 9月20日(水)19時53分59秒
  ランナー さん
私が事例説明における病院名、医師名で「禁止が陽に分かる文章に変更されたほうがいいかと思います。」と書いたのは「病院名、医師名などの固有名詞は控えてください。」というのは努力義務であり、特に罰則などないものとみなされる可能性があるからです。

「控える」という言葉は「酒を控えてください」といわれたら、少しは飲んではいいという間違った解釈をする場合がある言葉であること、あるいは今回のように病院名は固有名詞で表記したが医師名はH医師と書いたので、控えた投稿だという解釈がはいる余地がある言葉です。
固有名詞表記の投稿はそれを修正しないと削除(罰則ありのルール)という運用ルールというならば、読んで誤解の生じる余地のない文に直したほうがいいのではないかという趣旨です。

以下に変更案を書きます。
・表記の工夫
太字でフォントを大きく(不可能ならば「掲示板内の”検索”はこちらから」と同じように赤字に)し、注意を喚起する。

・文例
事例説明においては、病院名、医師名などの固有名詞での記載厳禁
 推測できる程度の表記はかまいません。


なお以前ひげの父さんは固有名詞表記を直して再投稿(代理投稿)した場合があります。そのときの文は以下のとおり。

固有名詞をアルファベットの頭文字に置き換えて、ひげの父さんが代理で再度
投稿させていただきます。
(もうしわけないのですが、元の投稿は削除させていただきました)

http://6307.teacup.com/cap87090/bbs/3800

この投稿時、注意事項の文はあったのか、あるいはあったとしても、今と同じなのかは分かりません。

http://inves.seesaa.net/

 

ビートルズ好きさん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 9月20日(水)15時37分3秒
  お久しぶりですね。ありがとうございます。
そう言って頂いて とても 嬉しいです。(*^o^*)
いつまで 参加して良いものか?どうか?迷いながら・・・
ついつい 投稿してしまいます。(゚o゚;;
 

ありがとうございます

 投稿者:totomod  投稿日:2017年 9月20日(水)13時50分2秒
  甚太郎さん
コメントありがとうございます。
情報が少しでもお役に立てれば幸いです。

kimimikiさん
いつも、励ましのお言葉ありがとうございます。
いよいよ、治療に突き進んでいきます。気を緩めず体調を整え、日々を大切にしていきたいと思います。

ビートルズ好きさん
投稿に反応していただきありがとうございます。
私の投稿内容が貴方の認識とほぼ同じで安心しました。

SANZOKUさん
いつもコメントありがとうございます。
確かに時間とともに、いろいろ解ってくることがあります。
今後も、情報共有していきたいと思います。
 

totomodさん

 投稿者:SANZOKU  投稿日:2017年 9月20日(水)10時38分16秒
   ご報告ありがとうございます。
患者としては初めての治療ですので、何やかや心配になるのは当たり前ですね。
このように報告していただくと安心につながります。
4は私にとって新たな知見になりました。

以前「大船に乗った気持ちで安心してくださいね。
それはこれから徐々に分かってきます。」と申し上げたことがありました。
そのことは簡単にお伝えすることが難しく、
治療を受ける中で分かってくるものなのです。
少し腑に落ちていただけたようですね。
これからもいろいろあると思いますが、
またご報告お待ちしています。
 

totomodさん,kimimikiさんへ

 投稿者:ビートルズ好き  投稿日:2017年 9月20日(水)10時32分2秒
編集済
   totomodのスレッドを拝見させて頂きました。私が8/3にO先生に2回目の受診時の時と全く同じような内容だったので、先生の前に座って聞いている自分を思い出しました。2の例え話は記憶がありません(分かり易い例え話しですね)4/26(水)の1回目の受診、一連の検査後後16時からの受診の時O先生にもあれやこれや聞いたのですが、その一つにパソコン時や食事時など椅子に座っている時、肛門の奥に違和感がある、以前はこんなのなかったといいました。先生は即『前立腺と関係ない』と言われました。その後日にち薬のように段々と気にしないようになりました。まさに鶴の一声でした(笑)以前にも記入しましたが、本来なら8月初旬には地元病院で3+3のままで小線源治療に入っており、今頃は~と考えますが、あまりにも治療される方の力量?知識?の差に今ながらこの現実に驚きます。まさに人の心を動かすのは説得じゃなく納得だと典型的な名医者さんのO先生だと思います。
 最後になりましたがkimimikiさん、いつもお優しいお言葉、拝見させて貰っています。乾いた砂漠に一滴の水のように、心が潤い、沢山の方が感動されていると思います。これからも、大変だとは存じますが、宜しくお願いします。
 

totomodさん

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 9月20日(水)10時09分51秒
  やっと いろいろの問題が理解出来て良かったですね。
治療前は 何やかやと 心配が募る気持ちは良く理解出来ます。
一つ ひとつ 分かってくると 気持ちが落ち着きますね。
多くの患者達は同じ気持ちだと思います。
totomodさんのご投稿は 多いに役立つ事でしょう。
ご自身の判断で最良の病院と医師を選ばれましたので
今後は心穏やかに治療日を待てますね?
どうぞ ご自愛くださいませ。
 

totomodさんへ

 投稿者:甚太郎  投稿日:2017年 9月20日(水)07時57分46秒
  おはようございます。
掲示版はいつも拝読しております。
来週2回目のS大のO先生の診察があります。
自分の悩んでた事全てtotomodさんの投稿にかいてありました。
ありがとうございます。
 

O先生のおっしゃったこと

 投稿者:totomod  投稿日:2017年 9月19日(火)22時58分10秒
編集済
  既に報告しましたが、私は1カ月後S医科大学にて小線源単独治療のプレプランを予定しています。
前回診察時(8月)、O先生がおっしゃったことを本スレッドで報告する予定でしたが、何しろ、先生がおっしゃることがよく呑み込めず、頭を抱えながらお聞きしたものですから、自分の理解があやふやな話をここで情報共有していいものか迷っていました。

しかし、私の得た情報を腺友の皆さまに共有していただくことも意味あるかなと思い、投稿いたします。
尚、理解が不十分なうえ、間違って解釈している部分も多々あるかと思い、いろんな意味でご迷惑をおかけするかもしれませんが、お許しを頂きたいと思います。

“ビートルズ好き”さんも同日診察を受けておられ、迅速に先生のおっしゃったことを投稿されています。 (2017年8月4日 9時58分 投稿)

『…』内は先生のおっしゃったこと、それ以外は私見などです。番号を付けて箇条書きといたしました。


1.『診察の間隔はPSA変動を見るために意図的に設定している。』

私の場合、2回目の診察まで3カ月ありました。もっと早くできないのだろうか、患者が多いから仕方がないかと浅はかに考えていました。そうではなく、最低3カ月ぐらい確保して、PSA変動を見てがんの状態を把握するのが目的でした。

尚、診断は、『あなたのPSA変動はがん起因ではなく、他の要因が作用している。』とのことでした。

2.『あなたのがんはそんなに慌てて治療しなければならない癌ではない。3年ほっておいても大丈夫だ。』

先生は例を挙げて説明してくださいました。
   『わかりやすくいうなら、あなたの前立腺癌を1年ほっておいた方が来週受診に来る。また、3年ほっておいた方が再来週受診にくる。すべてが小線源単独で治る。』

3.『待機に関しては診察してからになりますが、ちゃんと再発しないような適切な時期に行いますので心配無用です。』

これは診察を申し込んだ初期の段階で、治療までの待ち時間に関して私が質問した時にお答えいただいた内容ですが、私は浅はかにも懐疑的でした。患者が多く、順番であれば待つ間にがんの進行があるなどして、適切な時期に対応するのは難しいのではないか、と思っていました。
そうではなく、患者の状況を的確に判断し、臨機応変な対応をされているのだなと解りました。

先生は『今まで1300人の患者を診てきた。今の小線源専門になってからも1200人は診ている。』とおっしゃいました。これらのご経験による先生の知見や判断力がどのようなものかは言わずもがなでしょう。
ある患者のリスク判断を瞬時に的確になされるであろうことは想像に難くありません。
ですから、先の言葉(3.)を自信を持っておっしゃっているのだと思いました。

4.『グリソンスコアーは6が7や8に進行することはない。グリソンスコアーはその人がもともと保有しているものであり、固有のものである。』

がんはほっておくと進行するという常識から、グリソンスコアー6だったのが、7になり、8と悪化して、骨転移につながっていくと考えていました。先生はそうではないとおっしゃいました。

5.『PSAは再発予測因子ではない。』

先生は『PSA100や150の患者を数限りなく治してきた。中には低PSAの方で手ごわい方もいらっしゃった。』とおっしゃっていました。

グリソンスコアー(5+5や5+4)、陽性率(10/10)、直腸診によるがんの大きな広がり、精嚢浸潤、PSAはむしろ低値、を危険因子と捉えておられるようです。

6.『医者は再発があるような治療をしてはいけない。』


7.『監視療法は本来、正しい知識を持ちどんな状況でもその患者を救済する力量を持った医者しかできないはずである。』

8.『自分のことしか考えないから、真実が解らないし、理解ができないのである。自分のことから離れて、ものを見ることを訓練する必要がある。』

これは、私の浅はかな考えを捨てがんの本質を見るにはどうしたらよいですか、の質問にお答えいただいたものです。

以上、長くなりましたが、報告といたします。
 

敬老の日

 投稿者:kimimiki  投稿日:2017年 9月18日(月)08時26分58秒
  敬老の日だけではなくて 常に 敬老の心は持っていたいですね。
先人達のおかげで現在があります。
高齢者が若者にガミガミ言ったり 若者が高齢者にガミガミ言うのは
とても 悲しく聞き苦しいと思っています。
( 物は言いよう )  言葉使いで人格が分かると言われています。
年齢に関わらずに お互いを尊重しあって 穏やかに暮らしたいですね。
 

投稿に際して

 投稿者:ランナー  投稿日:2017年 9月17日(日)21時28分54秒
編集済
  私も最初はひげの父さんの投稿に?でしたが、秋ナス様は2件とも病院の名前は具体的に
記されていますので、ひげの父さんはそのようにお書きになったのではないでしょうか?!
ひげの父さんの投稿は今は理解が出来ます。

私は2012年に癌告知を受けた主治医から侮辱発言を受けたことが有ります。
その発言が有ったその日にそれまで通っていたT病院に電話し、今後は放射線治療を
受ける病院で受診したいとの旨を伝え転院?しました。

本日はスポーツジムでバイクを漕ぎながら気を使いながら小さい声でピンクレディーの歌を
歌っていたら、前方でランニングマシンを歩いている温厚そうな40代後半の男性が、物凄い
形相で私の方にやって来て「ここはカラオケじゃないんだから!」と私を怒鳴りつけて注意
しました。声の大きさについては気を付けていましたが、耳障りだったのでしょうね!
私は笑顔で頭を下げました。
ジムでよく話をする水泳の達人によると「物事は真剣に考えないように」とのことです。

怒ったりすると、血液がドロドロになったり、血圧が高くなったりするのだそうですね。
ここにお集まりの方は人生の達人ばかりのようなので、切れて怒鳴りつけたりすることは
なさそうですね。

少し前ですが、プールの上級者コースで泳いでいる30歳ぐらいの上級者が、70歳ぐらいの
おじさんに対して物凄い言い方をしていました。そのおじさんはしばらく自己主張をしていま
したが、女性スタッフ2名が仲介に入り、そのおじさんはその場を離れました。

残りの人生、穏やかに生きて行きたいですね。
 

/238